TOP > > がん細胞と闘う食材でガンのリスクを下げるという考え方

がん細胞と闘う食材でガンのリスクを下げるという考え方

人がかかる病気にもいろいろな種類があります。原因も様々ですが、中には命に関わる病気もあります。今は医療も技術も進歩していますので治療なども可能ですが、発見が遅れるほど生存率は低くなると言われる病気もあります。

ガンもそのひとつです。しかし今は治療方法なども増えていますし、ガンに関しての研究も盛んです。その結果ガン細胞と闘う効果が確認されている食べ物なども多く発見されています。

今はガンも治療が可能になりつつありますが、食べ物を積極的に取り入れることでガン細胞と闘うことができるのなら、是非取り入れていきたいものですね。またその食材を取り入れることでガンのリスクを下げ予防にもつながると言われています。

ガン細胞と闘う食べ物とは?

その食べ物とは、アロエ/からすみ/サボテンの果実/クルミです。ちょっと日常的ではない物もありますが、実際にガン細胞の増殖を抑える作用が確認されているそうです。

アロエは火傷や炎症を抑える作用も有名ですが、白血病細胞を抑える作用が確認されているそうです。からすみは大腸ガン細胞に、サボテンの果実は女性特有のガン(卵巣ガンや子宮頸ガンなど)に、クルミは抗酸化作用が高いので、ガン細胞の増加を抑える作用が確認されていると言われています。

からすみは日本では珍味としても有名ですが、あまり毎日のように食べられるものではありませんね。取り入れる場合はワケありなどを探すとお手頃価格で入手できます。ただし塩分が高いので食べすぎには注意しましょう。

アロエは食用としても売っているものがあるので、そういうものを使うといいですね。サボテンの果実も食用として日本でも栽培されていますし、食材としても売られているのでそれを使うことができます。ただしどこのスーパーでも売っているわけではないので、近くにない場合はネットで取り寄せるといいでしょう。

クルミならどこでも入手可能ですので、この中では一番手軽かもしれません。クルミは栄養価も高く、コレステロール値を下げる作用も確認されているので、毎日でも取り入れたいですね。

ガン予防としての考え方

今回紹介した食材は実際に、ガン細胞と戦う作用が確認されているものです。ガンの治療をしながらこれらの食材を取り入れている人もいますし、ガンになる前に積極的に取り入れることで、ガンになるリスクを下げガン予防にもつながりますね。

食材として入手するのが難しいとか、毎日続けるのが難しい場合はサプリメントで補うのも効果的です。サプリメントなら調理する手間も省けますし、効率よく吸収されるのでかえって便利かもしれません。

日本で一番入手しやすいクルミはそのまま食べてもいいし、クルミを絞ったクルミオイルとして使うこともできます。オイルでも加熱には向かないので、ドレッシングとしてサラダなどにかけて使うのがオススメです。どれも自然由来のものなので、適度な量を摂取していれば薬のような副作用もなく安心です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る