TOP > > 若いうちから始めよう!がんを予防する食べ物について

若いうちから始めよう!がんを予防する食べ物について

長年日本人の死因トップを走り続ける「ガン」。本当に恐ろしい病気ですから、若いうちから、しっかり予防しておきたいですよね。そこで今回は、ガンの予防効果がある食べ物をご紹介します。若いうちからガン予防効果のある食べ物をしっかり摂取して、将来ガンにかかるリスクを減らしましょう!

大豆製品でガン予防!

日本人の食卓には、大豆製品が上る機会が多いです。しょうゆ、みそ、納豆、煮豆、豆腐、厚揚げなど、私たち日本人が好む大豆製品がたくさんあります。そんな大豆製品に、ガン予防効果がある事が分かってきました。

とくに大豆製品は、乳ガンの予防に効果的だと言われています。なぜ大豆製品が乳ガン予防に効果的なのかは、今のところはっきりとは、分かっていません。

ただ、大豆に含まれているイソフラボンが、乳ガンの予防に良いとされています。イソフラボンとは、ポリフェノールの一種で、女性ホルモンに良く似た働きをする事で知られています。

そのため、何らかの影響を及ぼし乳がんを予防するのです。ある調査によると、味噌汁を毎日飲んでいる人は、乳ガンの発症頻度が低いという結果が出ています。女性は乳ガンにより命を落とす人が毎年大勢いらっしゃいます。そうならない為、若いうちからしっかり大豆製品を摂取して乳ガンを予防しましょう。

ラッキョウでガン予防

ラッキョウは、カレーを食べる時の付け合わせに出てくる事が多く、さっぱりとして美味しいですよね。この美味しいラッキョウにも、ガン予防効果があると言われています。でもなぜラッキョウを食べると、ガン予防につながるのでしょうか?

それは、ラッキョウに含まれている酸化アリルの力に秘密があります。酸化アリルとは硫黄化合物の一種で、優れた抗酸化作用がある事で有名です。抗酸化作用とは、体内の活性酸素の働きを抑える作用のことです。活性酸素は、ガン細胞を作る原因にもなる恐ろしいものです。

その活性酸素を、ラッキョウに含まれる参加アリルが抑制する事で、ガン予防効果が得られるという訳です。ただしラッキョウは殺菌作用が強い為、胃にかかる負担も大きいと言われています。ですから、1日に食べるラッキョウの数は、1個~3個程度に留めておいた方がよいですよ!

このように、大豆製品やラッキョウなどをしっかり摂取する事で、ガンの予防効果が期待できます。もちろんこれらを摂取したからと言って、絶対にガンにかからない訳ではありません。

しかし、何もしないよりは、ガン予防効果を得られる事は間違いありません。ですから、若いうちからガン予防効果のある食べ物を、しっかり摂取しておきましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る