TOP > > あの野菜にがん予防効果があった!その理由と効果をアップさせる方法

あの野菜にがん予防効果があった!その理由と効果をアップさせる方法

実はがん予防に効果的な野菜があるって、ご存知ですか?日本人の死因トップは、ここ数年ずっとがんとなっています。そんな誰にでもかかり得る病気を、予防する事が出来るかもしれません。そこで今回は、がん予防に効果的な野菜と、その効果を高める調理法についてご紹介していきます。

がん予防に効果的な野菜って何!?

がんは、多くの方々が命を落としている恐ろしい病気です。末期になると強い痛みを伴いますので、治療も過酷を極めます。ですから、絶対にがんだけにはなりたくないと言う人も多いです。

そんな恐ろしいがんの発症リスクを減らす野菜があります。その野菜とは、「緑黄色野菜」です。いわゆるニンジン、カボチャ、ホウレンソウなど、子供が苦手とする野菜たちですよね。でも体にはとっても良い事で知られています。

緑黄色野菜にはたくさんの健康効果があるのですが、がん予防にも効果がある事が分かってきています。でも緑黄色野菜にはたくさんの栄養が含まれていますよね。どの栄養が、がん予防に効果的なのでしょうか?

それはβ‐カロテンです。ニンジンに多く含まれている事で有名な、β‐カロテン。ある実験によると、β‐カロテン濃度が高い男性は、胃がんの発病率が低いという結果が得られています。ですから、β‐カロテンを多く含むニンジンなどの緑黄色野菜をたくさん食べるようにしましょう。

もちろんこれだけ食べていれば、「絶対にがんにかからない」と言う訳ではありません。しかし、緑黄色野菜を食べる事で、がんにかかるリスクは減らすことが出来ます。ですから、積極的に食事に取り入れてくださいね!

がん予防効果を高める調理法!

このβ‐カロテンは、調理法によって効果をアップさせることが出来ます。でも、いったいどのような調理法が良いのでしょうか?

それは、油を使った調理法です。実はβ‐カロテンは、脂溶性ですから、油と一緒に摂取する事で吸収率がアップします。やはりどんなに優れた栄養を摂取しても、体内に吸収されなければ、全く意味がありませんよね。

ですから、油と一緒に摂取して、β‐カロテンの吸収率を上げることが大切なのです。でも、「油は体に悪そう」と思う人も、いらっしゃるかもしれません。そういった方は、オリーブオイルやゴマ油など体に良いと言われる油を使ってください。

緑黄色野菜を油で炒めるだけで、吸収率がアップしますし、美味しく食べる事が出来ます。また、栄養の中には、熱を加えるとその働きを失う物も多いのですが、β‐カロテンにはその心配がありません。

とても熱に強いという特徴がありますので、安心して熱を加えてください。ニンジンの炒め物や、かぼちゃの天ぷら、ホウレンソウバターなど、美味しく食べてがん予防効果をアップさせましょう!

このように、β‐カロテンはすぐれた効果をもつ成分なのです。炒め物などで油と一緒に摂取して、将来がんにかからないよう、予防していく事が大切です!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る