TOP > > 抗がん剤オプジーボとは?治療できるがんの種類とデメリットや費用

抗がん剤オプジーボとは?治療できるがんの種類とデメリットや費用

shutterstock_172349828

不治の病とされてきた”がん”を今までとは全く異なる仕組みで治療する新型の抗がん剤「オプジーボ」に高い関心が寄せられています。

治療効果が高く従来の抗がん剤より副作用が少ない一方で、薬価が非常に高く医療費の増大も懸念されています。新型抗がん剤、オプジーボはがん患者を救う救世主となるのか? 最新のがん治療について詳しく解説します。

がんを理解する基礎知識!そもそも、なぜがんができるのか?

国立がん研究センターの統計によると、がんを罹患する人の数は年間およそ100万人。その内、がんで亡くなる人は37万人にのぼります。一生のうち2人に1人はがんを患い、3人に1人はがんで亡くなっています。

私たちの命を脅かす最も恐ろしい病気、がんは一体なぜできてしまうのか? どのように治療していけば良いのか? まずは基本的な知識を確認するところから始めていきましょう。 

がんを正しく理解する1.がんができる仕組みとは?

私たちの体はおよそ60兆もの細胞からできています。細胞は日々細胞分裂を繰り返し、新しく生まれ変わっています。

全ての細胞が正常に分裂していけば良いのですが、何らかの原因によって細胞分裂が正常に行われず、異質な細胞ができることがあります。この異常な細胞のことを「変異細胞」といいます。

通常は、変異細胞ができてしまっても、細胞自体にある修復力によってすぐに正常な細胞に修正されるか、体の免疫細胞の働きによって排除されるため、がん細胞は増殖する以前に消えてなくなります。

ところが、細胞の修復力が弱っていたり、免疫機能が正常に働かなくなっていたりすれば、変異細胞はどんどん増殖し変異細胞の塊ができます。変異細胞でできた塊が腫瘍と呼ばれ、異常な細胞でできた腫瘍の塊こそ”がん”の正体なのです。

がんを正しく理解する2.がんができる原因とは?

がんは細胞が分裂する時の変異によって生じます。からだには60兆もの細胞があるのですから、なかには分裂に失敗する細胞があってもおかしくはありません。

健康な人でも1日に約3000個のがん細胞(変異細胞)ができているといわれています。この程度の数であれば、それほど問題にはなりませんが、がん細胞の出現があまりにも多くなれば、からだの免疫力が追いつかず、がんは増殖していきます。

正常な細胞が、異常な細胞に変異する原因の多くはすでに特定されています。それは次のような原因によります。

  • ウイルスや細菌
  • 発がん性物質
  • 喫煙
  • 放射線
  • 化学物質
  • 高脂肪、高塩分の食事
  • ストレス
  • 細胞の老化

この他にも、電磁波や食品添加物の影響などを指摘する医師や専門家もいます。いずれにしても、正常な細胞分裂の邪魔をしてがん細胞が発生しやすい状態を作っているのはこうした原因が大きく影響しています。

がんを正しく理解する3.がん細胞の特殊な性質

ひとたび、細胞ががん化するとがん細胞は無限に増殖を続けます。正常な細胞は、DNAに組み込まれているテロメア(テロメアーゼ)というタンパク質によって、おおよそ細胞分裂の回数が決まっています。

しかし、がん細胞は特殊な性質を持ち、テロメアによる分裂回数の制限を受けません。つまり、がん細胞は栄養さえあれば、何十年でも何百年でもいくらでも増殖を続けます。

こうしたがん細胞の特殊な性質が、がんの増殖や転移、再発に関わっているため、がん細胞を根本から排除することはとても難しいことなのです。

がん細胞だって、宿主の人間が死んでしまえば、がん自身も生きられないのですから、どうにか折り合いをつけてもらえないものですかね……。

がん治療はどのように行われているのか?がんの3大療法

従来のがん治療の基本は、手術・放射線・抗がん剤(化学療法)の3つの方法によるもので、これを「がんの3大療法」といいます。

がんができてしまったら、がん細胞ができるだけ小さいうちに取り除いてしまうか、放射線や抗がん剤などで、がんを叩き潰すしかありません。

どのような治療法を選択するかは、がんの種類や患者の年齢などを考慮して医師が総合的に判断することになります。一般的に考えられる、3大療法によるがん治療のメリットとデメリットは次の通りです。

がんの三大療法 メリット デメリット
手術 がんを確実に取り除ける 完治する可能性が高い 転移しやすい進行がんには不向き 体へ負担が大きい
放射線治療 局所的ながんには有効 手術より体への負担が少ない がん以外へのダメージが少ない 広範囲のがんには不向き (※)晩期障害の恐れ
抗がん剤治療(化学療法) 手術が難しいがんにも有効 転移したがんにも有効 強い副作用が起こる 生活の質が低下しやすい

          
いずれの治療法においても、がんを治すメリットの裏側には精神的・肉体的苦痛や副作用などが生じるデメリットがあります。がん治療において、メリットだけを享受することは、なかなか難しいことなのです。

(※放射線治療における晩期障害とは、治療した後、数年後に放射線の影響による体の異常などが起こることです)

夢の治療薬が登場!?最新の抗がん剤”オプジーボ”とは?

最近になり、今までとは全く異なる仕組みでがん細胞を消滅させる画期的な治療薬「オプジーボ」(一般名:ニボルマル)が登場し、夢の治療薬ではないかと注目されています。

オブジーボは小野薬品工業が開発したがん治療薬で、2014年に皮膚がんの一種、悪性黒色腫(メラノーマ)の治療薬として世界に先駆け日本で初めて承認されました。現在では、皮膚がんのほか、肺がんの一種などに適用範囲が拡大されています。

従来のがん治療は、がんそのものを手術で摘出したり、放射線や抗がん剤で破壊したりして、がん細胞そのものに働きかけ排除するものでした。

一方、オプジーボはがん細胞を直接攻撃するのではなく、がん細胞を攻撃する自己免疫に作用します。本来がん細胞に対して働くべき自己免疫の力を使って、がん細胞を消滅させるところが、今までのがん治療にはなかった画期的な方法です。

従来の外科的・化学療法的な治療法では患者への負担が非常に大きかったのに対し、がん細胞だけを自己免疫の力によって排除することができれば、患者が受ける肉体的・精神的な負担はとても軽くなります。

近い将来、今まで治療が不可能とされてきたがんが、もしかすると風邪とは言わないまでもインフルエンザ程度の病気を治すことのように、簡単に治療ができる日がくるかもしれません。オプジーボに秘められた可能性は計り知れないのです。

オプジーボが作用する仕組み

薬がどのような仕組みで働くのかを”作用機序”といいます。専門的になりますが、オプジーボの作用機序は、次の公式サイトから確認することができます。

小野薬品工業ホームページスクリーンショット

ニボルマルの作用機序:小野薬品工業ホームページ

オプジーボの作用を一言でいえば、がん細胞が出す特殊な物質によって活動ができなくなった免疫細胞の働きを、オプジーボが再開させるということです。

オプジーボの効果が期待できるがんの種類

2016年10月現在、オプジーボを使用できるがんは、次の2つです。

  1. 根治切除不能な悪性黒色腫
  2. 切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌、根治切除不能又は転移性の腎細胞癌

(小野薬品ホームページより抜粋)

現時点でオプジーボの使用が認められているのは、皮膚がんの一種である悪性黒色腫(メラノーマ)、肺がんや腎臓がんの一種で「根治切除不能な場合」とかなり限定されています。

しかし、ここには大きな意味があり、今まで根治できなかったがんでもオプジーボを使用することによって治る可能性が出てきたということです。

また、これらは現時点で承認されているもので、今後、世界各国で研究や臨床試験が重ねられることで、使用できるがんの種類や形態も増えていくことが大いに期待できます。

将来的のがん治療が飛躍的に高まる可能性があるのです!

夢のがん治療薬”オプジーボ”の最大の弱点

オプジーボは、今までのがん治療薬とは全く異なる作用により、患者への負担が少ない上、治療が困難とされたがんに対しても治療の可能性を生み出している点では革命的とも言えます。まさに”夢の薬”としての可能性を秘めています。

しかし、残念ながらオプジーボには1つだけ大きなウィークポイントがあります。それは高額な薬価(薬の値段)です。

平均的に見積もったとしても、オプジーボは1回投薬するだけで、少なくとも100~130万円ほどの費用がかかるのです。1回だけ投与して完治することはあり得ないので、数回でも投与すれば、薬価だけでも数百万円の費用がかかることになります。

新聞などで報じられたことによれば、体重60kgの人が肺がん治療のためにオプジーボを使用した場合、年間3500万円の費用がかかるとしています。

治療が長期に渡り投薬の回数が増えれば、薬剤費だけでもさらに数千万円単位という金額が加算されていきます。これに治療費や入院費などの費用を含めれば、もっと大きな金額になるでしょう。オプジーボの最大の弱点は医療費がかかり過ぎることです。

保険制度に影響もある?患者だけでなく医療費の増大が懸念される

現在の医療保険制度では、「高額療養費制度」によって、どれだけ費用がかかっても、原則として決められた費用を支払えば、残りは国民健康保険や社会保険で支払うことができます。

高額療養費制度(こうがくりょうようひせいど)とは、公的医療保険における制度の一つで、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。

高額療養費では、年齢や所得に応じて、ご本人が支払う医療費の上限が定められており、またいくつかの条件を満たすことにより、さらに負担を軽減する仕組みも設けられています。

例えば、月に100万円の医療費がかかった場合で、3割の自己負担分30万円支払ったとしても、制度を活用すれば実際に支払うのは9万円程度にとどまります。さらに70歳以上なら、支出の上限は2~5万円程度で済むことになります。

高齢化が急速に進むとともに現役世代の負担はさらに増加することが予想されるほか、保険者となる自治体や健康保険組合の負担も大きくなるでしょう。

万一、健康保険組合が破綻したり自治体の財政が悪化したりすれば、最終的には税金が投入されそのツケは国民全体に及ぶ可能性もあります。

入院などで医療費が高額になる場合は”限度額適用認定証”を活用しよう

高額療養費制度は、自己負担分が一定額で減免されますが、一時的には治療費の自己負担分3割の支払いが必要になります。

治療費が100万円かかったとすると、30万円を病院に支払い、その後申請して24万円の還付を受けるわけです。

しかし、急な入院などでお金がすぐに用意できない場合には、”限度額適用認定証”を申請しましょう。一時的にでも自己負担分の30万円を支払うことなく、実質的な自己負担分およそ9万円だけを支払えば、それで支払いは完了です。

あまり知られていない制度なので活用していただきたいと思います!

持てるものと持たざるものとで受けられる医療が異なる!?

オプジーボの適用拡大は、患者の立場としては大いに歓迎されるべきものです。しかし、保険者(自治体や健康保険組合)の立場からすれば、財政に影響が及ぶ心配も払拭できない現実問題です。

そこで、オプジーボの使用を自由診療にする方法も検討されています。自由診療であれば保険は適用されませんし、お金さえ払えば治療を受けられることになります。

しかし、これでは国民が同一の治療を平等に受けることができる国民皆保険制度の理念からは逸脱してしまいます。一部のお金持ちだけが治療を受けられ、貧乏人は切り捨てられるということは現行制度の下ではあってはならないのです。

混合診療が認められない現実

保険が適用できる治療と保険が適用できない自由診療による治療を同時に行うことを混合診療といいます。現時点(2016年)では国の方針として混合診療は認められていません。

薬剤の使用に関しても考え方は同じです。安全性や有効性の観点から保険適用外の治療や投薬にはリスクがあり安易に認めるべきではないという考え方があるからです。

その一方で、がんのような命に関わる病気の場合、どうにかして助かりたい、リスクを覚悟で使用するしかない、という患者側の切実な気持ちも理解できます。

海外での治療実績などを元に、安全性や有効性を今まで以上に迅速に判断するシステムを構築することや、患者一人ひとりの状態に応じてカスタマイズした治療や投薬を認めるなど臨機応変な対応ができるようになれば、オプジーボの有用性もたかまるでしょう。

▼混合診療について詳しくはこちらをご覧ください。
日本医師会ホームページスクリーンショット

日本医師会ホームページ「混合診療ってなに?」

民間の医療保険は使えるか?

現時点では、オプジーボが使用されるのは限定的といえるため、民間の保険会社などの医療保険を適用することはできないと考えられます。詳しくは間違いのないように各保険会社にご確認下さい。

将来、広範囲に使用が可能になれば、オプジーボに関する特約というような形の保険も設けられるかもしれません。

医療の矛盾!?丸山ワクチンの教訓

過去にもオプジーボのようにがんを治す夢の薬と期待されたのが「丸山ワクチン」です。丸山ワクチンは故丸山千里博士が結核の治療薬として開発したワクチンをがんの治療に応用したものです。当時は、がんを治す特効薬ではないかと世間を賑わせました。

しかし結局、丸山ワクチンの抗がん作用を国が認めることはなく、一部の患者が自由診療としてワクチンを使用していたような段階で、医学会からはがんに対する治療の効果は認められないと結論づけられ、研究が終了しています。

どんな方法であっても、結果的にがんが治れば良いのだという丸山博士の精神を高く評価する研究者は今でも数多くいます。抗がん薬のフロンティアとして丸山ワクチンの開発は決して無意味なことではなかったでしょう。

そして一つ気がかりなのは、当時、「丸山ワクチンは本当は効果があるのだが、国が承認するとその莫大な薬剤費を国が負担しなければいけなくなるので、あえて承認しないのだ」などと一部の報道などでささやかれていたことです。

有効な治療薬が開発されれば莫大な保険費用が生じることも現実問題です。保険者である自治体や国の負担は増える一方で、健康保険組合の財政も逼迫します。なんとも悩ましい問題なのですが、決して避けては通れない課題かもしれません。

中医協でも審議中……オプジーボの薬価は高すぎる!?

オプジーボの高額な薬価は、薬価を決める中医協(中央社会保険医療協議会)などでも改めて議論されています。薬価は製薬会社が薬の需要と供給、一定の利益などを算出して決められていますが、薬価が適切なのか協議が続けられています。

どのような薬の開発にも言えることですが、使用する側の便益、財政負担の問題、メーカー側の利益、といった3つの利害関係が交錯するのが現実的な課題です。いかにして、WIN-WIN-WINの関係が構築できるかが問われています。

オプジーボ以外にもある!がんの最先端治療”免疫細胞療法”とは?

オプジーボ以外にも、体の免疫力によってがん細胞を排除することができると期待されているのが、「がん免疫細胞療法」です。

がん免疫細胞療法とは
自分の免疫細胞を取り出し、がんの特徴を覚え込ませて人工的に増やし、体内に戻してがん細胞を破壊する方法です。

自分の免疫細胞に特定のがん細胞の特徴だけを覚えこませるため、そのがん細胞だけに攻撃する自己免疫を作ることができます。がん細胞だけを攻撃するので、他の細胞にダメージを与えることがないため、副作用の心配がほとんどありません。

がん細胞免疫療法は、オプジーボとともに次世代の夢のがん治療法ともいえます。

がん免疫細胞療法が働く仕組み

免疫細胞には自然免疫と獲得免疫の2種類があります。

自己免疫とは外部から入ってきたあらゆるウイルスや細菌などの外敵に幅広く働きかけ排除しようとする一時的な免疫で、獲得免疫とは自然免疫で排除できなかった特定の抗原に対してさらに強い攻撃力を持つ二次的な免疫です。

わかりやすく例えてみれば、自然免疫は町を巡回する警察官のような役割で、怪しい人物がいたら職質をかけまくって事件や事故を未然に防ぐ役割をします。

一方、獲得免疫は町の警察官だけでは対応できない殺人事件などの大きな事件を処理するプロフェッショナルな組織といえます。

自然免疫を所轄の警察官とすれば、獲得免疫は本庁から派遣された捜査一課・事件本部、あるいは特殊な訓練を受けたSATのような組織といったところでしょう。

がん細胞のような悪質な細胞は、専門的に鍛えられた特別な免疫でなければ、根本的には壊滅できないのです。

自然免疫 NK細胞 マクロファージ 外部から侵入したウイルスや細菌を真っ先に見つけて攻撃する
獲得免疫 B細胞 キラーT細胞 自然免疫でたちうちできないウイルスや細菌に照準を合わせて攻撃する

特定のがん細胞に対しての攻撃力を高めるために、がん細胞の特徴や情報を詳しく調べ免疫細胞に伝える働きをするのが「樹上細胞」です。樹上細胞からの情報を得て、がん細胞だけを攻撃する特殊な免疫細胞が作られがん細胞を攻撃します。

がん免疫療法は、患者本人の血液から採取した免疫細胞に、樹上細胞からのデーターを人工的に入れ込み特殊な免疫細胞を増やした上、再び患者の体内に入れてがん細胞を攻撃する方法です。

特定のがん細胞だけに攻撃する免疫が作られるため、他の細胞にダメージを与えることなくがん細胞を排除することができるのです。

免疫細胞の種類と役割

なお、免疫細胞は主に次のような細胞があり、それぞれの役割を果たしています。

NK細胞: リンパ球の一種でウイルスに感染した細胞やがん細胞などを一時的に攻撃する。警察官やガードマンの役割。NK=Natural Killer(生まれつきの殺し屋)の略。
B細胞:  樹上細胞などから敵の情報を得て専用の武器を製造、攻撃する実践部隊。骨髄(Bone Marrow)で作られるのでB細胞と呼ばれる。
T細胞: ヘルパーT細胞、キラーT細胞、サプレッサーT細胞の3種類に別れる。胸腺(Thymus)で作られるのでT細胞と呼ばれる。
ヘルパーT細胞: 獲得免疫の総司令官の役割。獲得免疫に指示を出す
キラーT細胞: 強力な殺傷力を持ち敵を攻撃する特殊部隊
サプレッサーT細胞: 攻撃を終わらせるサプレッサーT細胞

これらの免疫細胞が連携して働くことにより、ウイルスやがん細胞を排除するように働いています。

”免疫力が低下する”というのはこうした様々な免疫機能が弱くなったり働かなくなることなのですね。

がん免疫療法のメリット・デメリット

がん免疫療法にもメリットとデメリットがあります。

メリット 患者の免疫細胞を使ってがん細胞だけを攻撃するため、副作用の心配がない
デメリット 工的に免疫細胞を作るため、手間と時間、お金がかかる 保険適用ではない(国に認可されていない)

がん免疫療法は、副作用の心配がほとんどないというメリットがある一方で、免疫細胞を作る手間や時間、費用がかかることや、現時点では正式な治療法としての認可を受けていません。

オプジーボと同じく、がん免疫療法も自由診療となり混合医療の対象になってしまいます。これもまた最先端の治療法の宿命といえるかもしれません。

先進医療として特定の疾患の治療を実施している施設は、厚生労働省のHPで確認することができます。

厚生労働省ホームページスクリーンショット
先進医療を実施している医療機関の一覧

キラーT細胞の働きを高めるペプチドワクチン療法

がんを攻撃する能力を高める方法には「ペプチドワクチン療法」という治療法もあります。ペプチドワクチン療法は、がん細胞を攻撃するキラーT細胞の働きを高める方法です。

先述したように、キラーT細胞は樹上細胞などから受ける情報によって、がん細胞を特定し攻撃します。この時、がん細胞の目印となりT細胞の働きを活性化にするのが、”抗原ペプチド”というタンパク質です。

がん細胞につけられる抗原ペプチドは人によって種類が異なりますが、日本人に比較的多いHLA-A24というタイプの抗原ペプチドを体内に投与し、キラーT細胞の働きを活発にし、がん細胞への攻撃力を高めるのがペプチドワクチン療法です。

ぺプチドワクチン療法も、がん細胞へに対する免疫力を高めるという点において、オプジーボの投与やがん免疫細胞療法に順ずるがん治療といえます。

ペプチドワクチン療法の実施医療機関も、厚生労働省のHPで紹介されています。

その他にもある!注目の免疫療法

こうした治療法以外にも、次のようながんを攻撃する能力を高める方法もあります。

インターフェロン療法
NK細胞やマクロファージという免疫機能の働きにスイッチを入れるインターフェロンという物質を体内に注入し、免疫力を高める手術法
LAK療法
患者の血液からリンパ球を取り出し、免疫細胞など取り出し増殖させて再び体内に戻す治療法です。患者自身から取った免疫細胞なので副作用が少なく免疫力を高める方法

こうした方法も確立されつつあります。がんを治すにもいろいろな選択肢があることは、万一のためにも覚えておきたいところです。

主治医の診断を再確認する!セカンドオピニオンの受け方

がんのような命に関わる病気が見つかった時、何かの間違いではないか? 主治医の診断は本当に正しいのか? オプジーボのような最新の薬で治療ができないものか? などと主治医の診断や治療方針を疑いたくなる気持ちは十分理解できます。

こうした場合、セカンドオピニオンを受けることも可能です。セカンドオピニオンとは、主治医以外の医師や専門家に、主治医から提供されるカルテやレントゲン、CT、MRA画像などの診療情報を持って、診断についての意見を求めることです。

セカンドオピニオンは、患者が納得して治療を受けるために認められる患者の権利で、主治医の説明に納得できなければ、セカンドオピニオンを行いたいと主張して、他の医師や専門家に相談することも自由です。

ただ、実情はというと主治医の立場からすれば自分の診断や治療方針に患者が異を唱えることは、決して気分のいいものではありません。あからさまに嫌な顔をして診療情報の提供を拒もうとする医者もなかにはいます。

また、たとえ診療情報を持って別の医師や専門家に相談したとしても、原則としてセカンドオピニオンは主治医の診断と治療方針に沿って行うことが、医師の慣習になっているため、よほど診断に間違っていることがなければ診断結果は同じです。

ただ、セカンドオピニオンを受けることで新しい治療法を受けられる場合もあります。それは、その病院でしかできない最先端医療やその病院にしかない設備で特殊な治療法を取り入れているような場合です。

この場合は、新しい治療法を紹介してもらえ、納得がいけば最新の治療法を試みることができるかもしれません。治療の可能性が拡がるといってもいいでしょう。

しかがって、セカンドオピニオンの制度を活用するには、最先端医療に取り組んでいる病院や医療機関を探して、目的を持って相談に行くことです。

ちなみに、セカンドオピニオンを受ける医師は、患者の主治医に対するクレームや批判、苦情、愚痴など病気の診断以外のことには、一切応じないと書かれてあいます。単なる愚痴や不満のはけ口とならないように注意しましょう。

自分や家族の命に関わることですから、不安を抱えるのは当然です。自分が納得できるまで、まずは主治医と話し合うことが大切です。最先端医療での治療の可能性についても相談してみましょう。

予防は最大の治療!がんを防ぐために免疫力を高める12か条

これまで解説してきたように、がんの予防や治療には”免疫力”が大きく関わっています。がんを予防するにしても、治療を始めるにしても、免疫力が弱くなるような生活習慣をしていては、どれだけ良い薬を投与してもがんには対抗できません。

がんに対する免疫力を高めるために、日本対がん協会では「がんを防ぐ新12か条」として次のことを推奨しています。

  1. たぼこは吸わない
  2. 他人のタバコの煙をできるだけ避ける
  3. お酒はほどほどに
  4. バランスのとれた食生活を
  5. 塩辛い食品は控えめに
  6. 野菜や果物は不足にならないように
  7. 適度に運動
  8. 適切な体重維持
  9. ウイルスや細菌の感染予防と治療
  10. 定期的ながん検診を
  11. 身体の異常に気づいたら、すぐに受診を
  12. 正しいがん情報でがんを知ることから

基本的な生活習慣、食事、運動、定期的ながん検診など、当たり前といえるようなことが大切だと啓発しています。

オプジーボの投与やがん細胞免疫療法などは、まだ研究段階で開発途上といえます。今後のがん治療の可能性をこと拡げることは間違いありませんが、現時点では3大療法を補足する位置づけであることも現実です。

がんの治療法は日進月歩で進んでいます。これまで助からなかったケースでも、最新の治療法なら助かる可能性もあるのです。そのためにも、がん治療の最新情報には注目しておきたいものです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る