TOP > > 癌の家系で遺伝が気になる方へ…家族性腫瘍・それ以外の癌の違い

癌の家系で遺伝が気になる方へ…家族性腫瘍・それ以外の癌の違い

身内に癌にかかる人が多いと「癌の家系」と言うことがあります。祖父母、両親、叔父叔母、いとこ…など身内に何人か癌患者がいると「うちの家系はちょっと癌の人が多いな」「自分も癌になるのでは?」と気になってしまいますよね。

「癌の家系」というのは本当にあるのでしょうか?癌と遺伝の関係、そして身内の癌が気になる場合にどうすれば良いのか考えてみたいと思います。

癌は遺伝するけれど

確かに癌に遺伝は関係しています。家族に癌患者が多い場合、遺伝で発症する「家族性腫瘍」の可能性が出てきます。ただし家族性腫瘍は全体の5~10%程度しかなく、ほとんどは遺伝に関係なく後天的な原因によって引き起こされている癌です。

しかし、最近は知り合いにも癌の経験者が多くなっていると感じる人も多いことでしょう。もはや癌は、日本人の2人に1人がかかる国民病。身内に癌の人が何人かいても珍しくなくなってきました。このように癌患者が増えている事情には、日本人の長寿化も関係しています。

加齢で急増する癌患者の多くは高齢者で、長生きする人が増えた分、その間に癌にかかる人の数が自然と多くなっているのです。とは言え、身内に癌の人が多いと「もしかするとその5~10%に自分が該当するのでは?」と不安を感じる人もいるのではないでしょうか?

遺伝性の癌が疑われるケース

では家族性腫瘍と通常の癌では、どのような違いがあるのでしょう。「家族性腫瘍」には次のような特徴があります。

  • 身内に若くして癌にかかった人がいる
  • 身内に何度も癌にかかった人がいる
  • 身内に特定の癌が多く発生している

さらに、家族性腫瘍には大腸癌、子宮体癌、乳癌、胃癌、小腸癌、腎盂癌、尿管癌が多くなっています。特に大腸癌、子宮体癌、乳癌が次のようなケースで発生していたら、家族性腫瘍の可能が高くなります。(ただし家族性腫瘍は全ての臓器に発生します。)

【大腸癌・子宮体癌】

  • 50歳以下の若さで大腸癌にかかった身内がいる
  • 血縁者に大腸癌・子宮体癌の人が3人以上いる
  • 転移以外で起こる複数の大腸癌を経験した身内がいる
  • 大腸癌と子宮体癌を経験した身内がいる

【乳癌】

  • 40歳以下で乳癌にかかった身内がいる
  • 血縁者に乳癌または卵巣癌の人が2人以上いる
  • 両乳房の乳癌と卵巣癌にかかった身内がいる
  • 身内に乳癌にかかった男性がいる

など。

もしこれらの特徴に思い当たり、不安を感じるという人は、家族性腫瘍の相談を行っている医療機関への問い合わせをおすすめいたします。癌が家族性腫瘍の場合には、「遺伝性乳癌」「リンチ症候群」といった、通常の癌とは違った病気の扱いとなります。

癌の遺伝が気になる場合どうすれば良いのか

家族性腫瘍は遺伝の確率が高く、若くして発症しては繰り返し再発しやすいのが特徴です。そのため、家族性腫瘍と判断されたら適切な治療と予防対策が必要になります。こういった情報を目にすると、多くの人が不安をあおられるかとは思いますが、まず身内の癌が本当に家族性腫瘍かどうか、自分が家族性腫瘍の家系かどうかを確かめなければどうにもなりません。

それには専門の医療機関で、家族性腫瘍に関与する遺伝子を割り出す検査が必要です。専門の医療機関では、任意で相談者の遺伝子検査を行っています。検査結果からは遺伝性疾患の発症リスクの高さを判断することができます。

もし家族性腫瘍のリスクが高いことが分かれば、若いうちから定期的な検査を受けることで予防することができます。万が一癌にかかっても早期発見すれば、治療で良好な予後を送ることもできるのです。

ただし検査結果を知ることで、将来の不安が強くなるなどデリケートな問題も多く伴います。そのため検査を受ける前には入念なカウンセリングが行われ、検査結果を知った後はメンタルケアも含めての慎重な治療が必要となります。

多くは遺伝性以外の癌です

しかし最初に申し上げたように、ほとんどが遺伝性以外の癌なのです。例えば遺伝で起こりやすいとされる大腸癌でも、家族に多発する癌は全体の30%、うち遺伝性の癌は全体の5%のみとなっています。実際のところ、遺伝に関係なく、ひとつの家庭に癌患者が多発していることも少なくありません。その理由は家族の環境因子がとても良く似ているからなのです。…例えば、

・塩辛い味付けをする家庭…塩分の摂り過ぎで胃癌のリスクが高まる
・動物性脂肪を好み、食物繊維をあまりとらない食習慣…腸内環境が悪化し大腸癌のリスクが高まる
・ヘビースモーカーがいる…喫煙者ならびにその煙を吸い込む家族に肺癌やその他の癌が増える
・酒に強い家系…飲み過ぎから胃癌、肝臓癌、膵臓癌、食道癌のリスクが高まってしまう

などの後天的な原因を挙げてみると、どなたも何となく納得できるのではないでしょうか。癌とは単一の因子だけで発症する病気ではありません。遺伝子、食生活、生活習慣などが複雑に絡み合い、何十年もかかってから、ある時に発症する病気なのです。

「癌の家系」と自称している人の多くが、後天的な原因で発症する癌の集まる家系ではないでしょうか?癌の家系でなくても、いずれにしても癌のリスクは高くなってしまいます。環境因子を取り除いて癌から身を守ってください。これは公益財団法人がん研究振興財団の「がんを防ぐための新12か条」です。科学的根拠に基づいた予防法なので、是非実践してみてください。

喫煙しない
喫煙しない人も煙草の煙を吸わないようにする
お酒は適量に
栄養バランスの取れた食生活を心がける
塩分を控える
野菜や果物を多く摂取する
適度な運動を行う
適正な体重を維持する
癌に関係するウイルスの感染を防ぐ(ピロリ菌・肝炎ウイルス・ヒトパピローマウイルス)
定期的にがん検診を受ける
早期治療を心がける

まとめ

まとめると

  • ほとんどは生活習慣が原因で起こる癌
  • 血縁者に同じ癌を繰り返したり若くして癌にかかっている人が多ければ遺伝の疑いがある
  • 遺伝の有無にかかわらず、がんを防ぐ対策を実践して身を守ることは可能

ということになります。いずれにしても早期発見・早期治療が大切なので、定期的な癌検診も忘れないようにしてくださいね!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る