TOP > > 新常識!?がんの痛みは原因を潰すのではなく逃がしてあげる

新常識!?がんの痛みは原因を潰すのではなく逃がしてあげる

常識とは常に厄介なものです。数年前まで、ガンと言えば助かる見込みのない恐ろしいものでした。それが医療業界の常識であり、一般人の常識でした。時代は変わりました!99%以上の人が知らない、ガンを克服する方法をお伝えします。

癌細胞が大好きな環境とは?

癌の痛みだけではありませんが、全ての病気は血液の汚れが原因と言われています。血液が汚れ、血行(血液循環)が悪くなると、体内に老廃物は溜まり、万病を引き起こします。

「血液の汚れ」の原因は、低体温状態と過食と言われています。36.5℃を下回る人、暴飲暴食を繰り返す人。これらの人は、未来の病気に自ら近付いていると言っても過言ではありません。

非常識な食事法

癌細胞を撃退する方法は、抗がん剤治療でも、手術でもありません。食事法などを見直した自然治癒力なのです。これから、末期がんを言い渡された人の非常識な食事法をお伝えします。現在、癌に冒されていない人でも、人生のヒントになるでしょう。

現代人は間違いなく食べ過ぎです。摂取した食べ物は全て消化されず、一部は老廃物として体外に排出されるも、他の一部は脂肪となり、体内のゴミとなり身体の中に残ることになります。これが血液循環を悪化させ、ガンを招きます。

食べずに健康体を作る

朝一番、新鮮な人参とリンゴを使いフレッシュジュースを作りましょう。ポイントはミキサーではなく、ジューサーを利用することです。人参2本に対し、リンゴ1個が目安です。朝一番でジュースを作り、作り立てを飲みましょう。

お昼は、お蕎麦と味噌汁をいただきましょう。味噌汁は具無しでいいのです。夕飯に関しては、特に縛りはありません。和食を中心に我慢せずに食べても大丈夫です。

プラスして、生姜紅茶を好きなだけ、好きなタイミングで飲みましょう!生の生姜1個をすりおろし、500~700mlの紅茶と合せれば完成です。お好みでレモンやはちみつを追加しましょう。

自分の身体と対話する

仕事にサイクルがあるように、人間の身体にも活動のサイクルがあります。大枠をシェアすると、AM4~12時は排泄の時間と言われ、老廃物などを排泄するモードになっています。その後、12~18時は、消化作業に充てられます。

そして、18~28時は、消化したものを吸収する時間になるのです。このような人間本来の生活サイクルを考慮し、自分自身の自然治癒力を高め、体温を高め、食べ過ぎを止めることによって、血液をきれいにする事ができるのです。

余命を言い渡され、大学病院からは、ありとあらゆる手術を勧められた女性も、身体には全くメスを入れず、薬の摂取も一切せずに、癌細胞を体内から排出する事に成功しました。

これはたまたまではありません。人間本来の自然の力を利用した、あるべき治療法なのだと思います。アナタも、過食の現代の生活を見直してみませんか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る