TOP > > ガンが遺伝する確率はどのくらい?ガン予防の意外な方法について

ガンが遺伝する確率はどのくらい?ガン予防の意外な方法について

医学の進歩と共に、以前は不治の病と言われていた病気も治療が可能になってきています。ガンという病気も早期発見ができれば、十分治療が可能となっていますし生存率も高くなっています。しかし発見が遅れ症状がかなり進行してしまうと、治療が難しく他の場所に転移するという問題もあります。

ガンは遺伝するのか?

ここで気になるのが、よく言われている「ガン家系」という言葉です。例えば祖父や祖母・両親・姉妹兄弟・叔父・叔母など、比較的近い肉親がガンを患ったり、ガンで亡くなっているという場合、自分にもガンが遺伝するのではないか?と不安になる事もあります。

家族性大腸ポリポージスというガンは、高い確率で遺伝すると言われています。女性に多い乳ガンでは、親子や姉妹の場合高い確率で発症するとも言われています。しかし近い肉親にガン患者がいたとしても、100%発症するとは限りません。

確かに高い確率で遺伝するガンも存在しますが、ガンにも種類があります。身内にガン患者がいた場合、ガンになるリスクはありますが、全員に遺伝するわけではないのです。仮にガンの遺伝子を受け継いでいたとしても、それがガン細胞化しない限り、ガンを発症する事はありません。

中には身内にガン患者がいないのに、突然ガンになってしまう人もいます。つまりガンの原因は遺伝だけとは限らないという事になります。

なぜガンは遺伝すると言われてきたのか?

とは言え未だにガンが遺伝すると言われる事も多く、身内にガン患者がいると自分もガンになるのでは?と不安になってしまいます。ガンの原因にもいくつか種類はありますが、生活習慣や食事も原因になります。

親子や兄弟姉妹などは生活習慣や食事も同じですから、どうしてもリスクが高くなってしまいます。子供は親の背中を見て育つと言われるように、どうしても生活習慣が親に似てしまいます。これが、ガンが遺伝すると言われるようになった理由だと考えられます。

ガンのリスクは回避できる?

生活習慣や食事だけが原因でガンになるというわけではありませんが、リスクがある以上は、回避する事も考えておきたいですね。ガンに限らず生活習慣や食事は、内容によっては病気のリスクを高めてしまう事も多くなります。

タバコは肺ガンのリスクを高める事でも知られていますが、自分が吸わなくても家族の誰かが家の中でタバコを吸っていれば、副流煙の被害はタバコを吸う人よりも大きくなると言われています。

活性酸素は細胞を傷つけるので、ガンの原因になりうると言われていますね。紫外線をたくさん浴びたりストレスを感じた時には、体の中で多くの活性酸素が発生しますので、紫外線やストレスを受けやすい環境にいる人は、ガンになるリスクも高くなると言えます。

食事には気を使っているつもりでも、知らない間に発がん性物質を口にしてしまう可能性もあります。発がん性物質は食材だけでなく、容器などに含まれる事も多いので、容器に接している食材を口にする事で、発がん性物質を摂取してしまう事もあるのです。

インスタント食品やレトルトパックのものには、多くの食品添加物が使用されています。長期間の保存に耐えられるように、化学的に合成した保存料なども使用します。こういったものは自然界に存在しないものですし、それを口にすれば体に影響が出てしまいます。

もちろんたまにしか食べないならそれほど問題ありませんが、毎日のように添加物を摂取していれば、ガンになるリスクを高めている事になってしまいます。生活習慣や食事の内容を見直せば、ガンになるリスクは回避できますね。

早期発見と早期治療

しかしどんなに気をつけていても、ガンになるリスクがあれば発症する事もあります。今は医学も進歩しており、早期発見と早期治療でガンを克服する人が増えています。ガンになっても症状が出るまで気づかない場合もあります。これを回避するには、定期的なガン検診や健康診断が役立ちます。

今はガンのリスクが有る無しにかかわらず、ガンに対する関心が高まっている事から、自ら率先してガン検診をする人も増えていますね。また各都道府県の自治会でも、ガンのリスクが高くなると言われる年齢の人を対象に、無料検診などを行っていますので、そういった機会に触れることも多いはずです。

ガンが100%遺伝するとは言い切れないものの、早期発見と早期治療ができれば生存率も高まります。今までは他人事と、ガン検診や健康診断とは無縁だった人も、次に機会があったら試してみてはいかがでしょうか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る