TOP > がん

がんになっても諦めない。

がんとは、人の体を作っている細胞の中から生まれる、異常な細胞のことで、その異常な細胞のかたまりのことを「がん」と呼びます。

人によって、「がん」が発生する場所は違いますが、あらゆる臓器、組織に発生するという特徴を持っています。血液のがんとしては、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫。細胞からなるがんとしては、肺がん、胃がん、乳がん、大腸がん、子宮がん、舌がんなどがあげられます。

がんで厄介なのが、「転移」です。がん細胞というのは、元々の原因だった場所とは違う場所に移って、良質な細胞を壊し、徐々に体を弱らせて、死に至らしめるものです。

統計でも、現在、日本人の死亡率トップとして「がん」が挙げられ、2人に1人は生きている間に、なんらかの「がん」になると言われています。

生活習慣を見直すことで、予防することは出来るものの、完全な予防、絶対にならないと断言することは難しいのが、今現在の医療現場の現実です。

このカテゴリでは、少しでも「がん」のリスクを減らすための予防法、「がん」となるまでのメカニズム、「がん」と診断されたときの心構えなどを、紹介しています。
・がん細胞の成り立ちと遺伝について
「がん」はどうしてなるのか?メカニズムを徹底検証
がん検診を受けた方がいい理由を知っておこう
身内に大腸がんが多い?原因は遺伝子の変異が招くリンチ症候群かも!

がんの早期発見の方法

がんは、細胞が出来る過程で、突然変異によって生まれます。そのがん細胞を、いかに早期に発見できるかが、がんを克服する上で、とても重要なことです。その早期発見をするためには、常日頃から、セルフチェックを行っていることが大事。

特に、家族の中に、がんによって闘病されている方、死亡された方が多い場合は、「遺伝」による「がん」の発症リスクが高いことも分かっていますので、年に一度の健康診断は、欠かさず受けること。

毎朝の歯磨き時に、舌のチェックをするなど、変化を見逃さないようにすることが、早期発見への道となります。
・自分でチェック
がんは、早期発見から。血液検査でわかる腫瘍マーカー
舌の痛みがいつまでも続いたら癌かも?早期発見で癌の進行を止めよう
ほくろだと思っていたら実はがん!?危険なほくろの見分け方

がんを予防するための方法

がんは、絶対にならないとは言えないと書きましたが、生活習慣の見直しで、そのリスクはかなり削減できます。特に、がんを予防する上で、がん予防に力を発揮してくれる栄養素を摂取することは、がんに対する免疫力を上げ、予防に役立ちます。
・がんから体を守る食物について
あの野菜にがん予防効果があった!その理由と効果をアップさせる方法
リンゴはガン予防のエキスパート!?その効果に注目
ポリフェノールが身体を守る!癌を予防するオリーブオイルの力
日本人の死因トップのがん!効率よくがんを予防できるお勧めの食べ物

また、予防に効くからと、その食物をたくさん食べればいいという訳ではなく、その栄養素を上手に作用させるためには、食べ方も大事なことです。何事も、多すぎず、少なすぎず、適宜が大切です。
・予防のためのおすすめの食べ方
がん予防では最強といわれる抗酸化物質の重要性について
抗がん作用のある食べ物8選!その効果とお薦めの食べ方をご紹介!

がんを予防するためには、上記の2つも大切ですが、やはり「がん」の知識を持っていることも大事なこと。「がん」と診断されて慌てるのではなく、「がん」というのは、こういう病気で、早期発見できれば「完治」も出来る病気であるという、正しい知識を得ておきましょう。
・知っておきたいがんのこと
抗癌剤と緩和ケア。癌になる前に知っておきたいこと
素人でもわかる話題のがん最新治療法陽子線治療の凄さ!

がんと診断を受けたら

「がん」と診断を受けたとき、あなたはそのことをきちんと受け止められますか?少し前まで、「がん」というのは、不治の病と言われてきました。

今でも、死亡率は高いので、厳しいことに変わりはありませんが、診断を受けたときの、あなたの心の持ち方で、その生き方は大きく左右されることになります。「もうダメだ・・・」と、嘆くのか、「闘ってみせる!」と意欲を持てるかによって、治療を受ける上でも、その捉え方は違ってくるはずです。

自分が「がん」に負けないために、自分から「がん」に負けてしまわないように、日ごろから考えておくべきことがあります。
・がんに打ち勝つために
自分が癌になったときの心の持ち方、生活習慣の改め方
お医者にガンと言われたら考えたい3つの選択肢とは?

「がん」と診断を受けた場合、まずは冷静に対処できるように努力しましょう。そして、全てを病院、ドクターに任せるのではなく、自分の意思を持って、治療に挑みましょう。

そのためには、自分のがん細胞の種類、状態、レベルを知り、治療に使用される薬の副作用なども知っておくべきでしょう。人任せでは、治療に何等かのトラブルが起きたとき、自分が納得できないことになります。

自分の体です。後悔しないように、自分で選べることは、自分で選択し、「がん」と真っ向から闘ってください。
・自分で選択する
癌になったら全て医者任せではいけない理由
知っておいて欲しい抗がん剤治療の副作用など注意点

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る