TOP > > もう痛みを残さない!自宅で対処、火傷のファーストエイド

もう痛みを残さない!自宅で対処、火傷のファーストエイド

やかんの熱湯をこぼして直接触れてしまった。調理中、熱しているフライパンのふちに手が触れてしまった。こんな「熱いっ!」の経験、みなさんにもありますよね。中には「そそっかしいから、そんなのしょっちゅうやってるよ」という人もいるかもしれません。

赤く腫れ上がった皮膚を放置しておくと水ぶくれになってしまいますが、軽い痛みだけで済むこともある火傷の手当て。みなさん、いつもどうしていますか?

冷やし過ぎに注意!

最もポピュラーな手当ては、冷水を掛け続けて冷却する方法です。水道水でできるので、調理中に火傷してしまった人もすぐできますね。目安は「痛みが引くまで」とされていますが、5分以上経っても酷い痛みが長引くときは受診するのがベターです。

特に手は関節が多い場所ですが、放置すると皮膚が変形して拘縮を起こすこともあります。こまめに観察して、適切な手当てを行いましょう。

自宅の火傷手当てでは、冷やし過ぎが原因で軽度から中度の凍傷を負うなど、別のトラブルに発展してしまうことがあるので注意が必要です。たいてい氷水で冷却したとき、起こってしまうケースが多いようです。

ずっと水道水を掛け続けることは難しいので、氷水で冷却を継続するのは間違いではありませんが、ビニール袋を二重にしてしっかり包み、その上にタオルを巻いて氷が皮膚に直接触れないように配慮するのが、冷やし過ぎを防止するコツです。

こんなときは受診が必要

自宅で起こりがちな火傷でも、次のようなケースでは受診が必要なので目安にしてください。

  • 冷却を続けて1時間経っても、ずきずきと脈を打つような深い痛みがある
  • 火傷が腕・足一本分に相当する広範囲に及んでいる
  • 火傷をした部分が、顔や陰部のように皮膚が薄く、ところどころ粘膜に覆われた場所を含んでいる
  • 皮膚が変形している(特に手・腕・足など、大きな関節に掛かっている場合、拘縮の原因になります)

受診先は皮膚科か整形外科が一般的です。関節に深く及んだ火傷であれば整形外科が良いですが、迷ったら事前に電話で確認しましょう。

小さな子どもの火傷は特に注意する

小さな子ども、特に就学前の小児の火傷は痛みを訴えづらく体も小さいので、注意が必要です。ニュースでは虐待として、熱湯を掛けられた子どもが医療施設で保護されるケースを聞きますが、実際のERでは虐待などではない、事故の熱湯火傷がとても増えています。

最近はスイッチを入れるだけで、水を数分で沸騰させることができる家電が数千円から販売されていて、若い主婦にも人気があります。気軽にテーブルの上に置けるタイプのものがほとんどで、電源コードに子どもが躓いて頭から熱湯をかぶってしまう事故が後を絶ちません。

沸騰する様子が透明窓から見えるのは便利ですが、子どもにとっては良くありません。注意深く手の届かない場所に置かれていても、ダメと母親に言われていても、子どもはつい近づいて観察してしまい、やはり事故の元になりやすいようです。

子どもの火傷はとにかく素早い対応が必要です。小児は細胞の水分量が多く、皮膚も柔らかく薄いので、小さな範囲でも重症化しやすいのが特徴です。熱湯を頭から全身にかぶってしまった場合は救急車を呼んだほうが良いですが、迷うケースもありますよね。

たとえば四肢のうちどれかひとつでも火傷を負ったら、各自治体が用意している#○○○○のような電話番号で救急要請が必要かどうか聞くこともできますが、地元を管轄する消防署に電話すれば夜間救急当番を教えてくれます。

小児は大人とは別の当番制を取っている自治体が多いですが、もし近所に24時間のERがあって掛かったことがあれば、そちらに電話しても対応してもらえます。

普段落ち着いている人でも、子どもの突発的な事故のとき、パニックに陥ってしまうのは珍しいことではありません。自分にもいつでも起こりうるという危機感を持って、連絡先リストを作っておくといいですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る