TOP > > 日焼けはやけどと同じ!日焼け後のケアに本当に必要な処置、対処は?

日焼けはやけどと同じ!日焼け後のケアに本当に必要な処置、対処は?

海辺で日焼けする女性

日頃から入念な紫外線対策を心がけている人も増えてきているのですが、それでも海水浴やレジャーに行ってみたら思いのほか紫外線が強烈で、強い日焼けをしてしまうことがありますよね。

日焼けもれっきとした外傷のひとつ。

  • 気がついたら肌が真っ赤になっていた
  • ヒリヒリして辛い
  • 水ぶくれができてしまった

こんな日焼けは火傷(やけど)に相当しているので、適切な処置をしないと炎症がいつまでもおさまらず、とても辛い思いをします。

日焼けのダメージで泣く思いをすることのないよう、日焼け後に必要な応急処置や手入れについてチェックしておきましょう。

「すぐ赤くなる」「黒くなる」の2種類がある日焼け

日焼けとは、太陽光線に含まれる紫外線を皮膚に浴び過ぎた時に起こる皮膚の炎症です。

私達は「日焼け」と言っていますが正しくは性質の異なる2種類があります。

  • 皮膚の色が黒くなるサンタン(sun tanning)
  • 皮膚が赤くなって炎症を起こすサンバーン(sun burn)

サンタンとサンバーンを起こす紫外線は、それぞれ「波長の長さ」「皮膚への届き方」が異なります。紫外線にはUVA ・UVB・ UBCの3種類があり、サンタンはUVA、サンバーンはUVBによって引き起こされます。

光線は波長が短くなるほどエネルギーが強く生物の体に障害をもたらします。UVCはUVAやUVBより波長が短く皮膚がんのリスクが非常に高いのですが、地上には届かないので今のところ被害の心配はありません。

波長の短いガンマ線・X線・UVCは、地球の外側にあるオゾン層によってカットされています。そのため、地上に届くのはそれより波長の長いUBA・UVB、可視光線・赤外線だけとなります。

サンタン:黒くなる日焼けはシワやたるみの原因に

サンタンは、メラニン色素が増えるために肌の色が黒褐色に変化する日焼けです。

UVAは皮膚の奥にある真皮まで届き、メラニン色素を作る「メラノサイト」を刺激して、メラニン色素の生成を促進させます。

メラニン色素は新陳代謝によって、ゆっくりと皮膚の奥から表皮へ押し出されるため、日焼けで肌が黒くなるのは太陽光線を浴びてから3日後以降になります。

またUVAはエネルギーがそれほど強くないので、浴びた直後に肌の炎症を起こすことはありません。

そもそもメラニン色素は有害な紫外線から皮膚を保護する役割を持っているため、サンタンは肌を守るために起きる防御反応ともいえます。

しかし肌の奥に蓄積されやすく、皮膚の弾力性を保つたんぱく質(コラーゲンやエラスチン)を劣化させるので、UVAを浴び続けるとシワやたるみが増えてしまいます。

サンバーン:ほてりを伴って赤くなりヒリヒリする

サンバーンは、UVBが皮膚細胞のDNAを傷つけるために皮膚に炎症が起きる現象です。

細胞がDNAの損傷を修復しようとする際に「炎症メディエーター」という物質が放出され、皮膚に痛みや炎症をもたらします。

UVBは、浅い表皮までしか届きませんが、UVAに比べて日焼けを起こすエネルギーが600~1000倍も強く、UVBを浴びると12~24時間後をピークに、次のような皮膚の症状を引き起こします。

  • 皮膚が赤くなる
  • ヒリヒリ痛む
  • 皮膚が火照る

またUVBを強く浴びてしまうと、さらに強い皮膚の炎症が出たり全身に症状が及んだりすることもあります。

  • 水疱(水ぶくれ)ができる
  • 発熱する
  • 倦怠感が起こる
  • 吐き気・頭痛がする

色白の人はサンバーンに注意

サンタン・サンバーンの起こしやすさは、生まれつきの肌色によって異なります。

メラニン色素の少ないタイプ(白人)は紫外線に対する抵抗力が弱く、太陽光を浴びるとすぐサンバーンを起こして肌が真っ赤になりますが、生まれつきメラニン色素を作る機能があまり備わっていないので、サンタンはほとんど起こりません。

一方、メラニン色素が多いタイプ(黒人)は、紫外線のダメージをはね返すことができるのでサンバーンは起こりません。サンタンは少し起こりますが、元の肌色が濃い人は日焼けが目立ちません。

黄色人種は肌色の濃さが人それぞれで、サンバーンが起こりやすい人、サンタンが起こりやすい人の個人差があります。

日本人の場合、サンバーンとサンタンの両方が適度に起こるタイプが一般的です。ただし色白の人は、白人のようにすぐ肌が真っ赤になりやすいので、なるべく日に焼けないように注意する必要があります。

治療が必要!日焼けは紫外線によって起きた火傷

サンバーンは火傷(熱傷)です。

火傷といえば一般に熱湯や火など熱い物に触れて起こるイメージが強いので「日焼けは火傷」と言われてもピンと来ない方がいるかもしれません。

しかし火傷は熱い物以外に接触して起こることも多い外傷なのです。

日焼けは放射線火傷と呼ばれることもある

日焼けは「放射線熱傷」の一種と言われることもあります。放射線は被爆すると健康被害を及ぼすおそれがあるので、放射線という言葉を聞くと、ちょっとビックリしてしまいますよね。

紫外線と放射線は波長やエネルギーの強さが違っていてもどちらも電磁波の一種で、強く浴びると皮膚に火傷の症状が起こるので同じ放射線火傷に分類されています。

ちなみに、火傷はこのようにさまざまな種類があります。

火傷の分類 原因 特徴
温熱火傷 熱い物に触れる 体表に急性の炎症が起きる
低温火傷 低温の熱源に長時間触れる 深部の組織に重度の炎症が起こる
化学熱傷 強酸・強アルカリに触れる 組織が破壊され、壊疽が起こる
電気火傷
(電撃症)
体に電流が流れ熱を受ける 体表・内部の組織にも損傷が起こる
放射線熱傷 放射線の被爆・日焼け 温熱火傷に似た炎症が起きる

紫外線は色も温度も形もないので、熱い物や化学物質に比べるとそれほど危険な物のようには感じられませんが、皮膚に浴びた時に組織の損傷をしっかり受けてしまうことには変わりありません。

日焼けは、日光によって炎症が起こることから「日光皮膚炎」という医学的な病名でも呼ばれています。

日焼けはⅠ度~Ⅱ度の火傷に相当

また、火傷の深さを示す「熱傷深度」では、日焼けは軽症の「Ⅰ度」から中等症の「浅達性Ⅱ度」に該当するといわれています。

熱傷深度 損傷を受ける組織 症状 治癒にかかる期間
Ⅰ度 表皮の上部(角質層)
  • 皮膚が赤くなる
  • ヒリヒリ痛む
  • 熱感がある
3日間程度
浅達性Ⅱ度 表皮の下部(基底層)
  • 皮膚が赤く腫れる
  • 水疱ができる
  • 強く痛む
  • 灼熱感がある
10日間程度
深達性Ⅱ度 真皮の深層
  • 潰瘍ができる
  • 皮膚の色が白くなる
  • 痛みがある
  • 瘢痕が少し残る
1か月以上
Ⅲ度 皮下組織より下まで
  • 組織が壊死する
  • 皮膚は白・黒に変色
  • 痛み・感覚がない
  • 瘢痕がはっきり残る
2か月以上

日焼けは皮膚の浅い部分に起きた火傷で、治癒にはそれほど時間もかからず跡も残らないので、火傷の中では「たちが良い」ほうだといえるかもしれません。

しかし紫外線は全身に浴びることが多いために一度に広範囲に炎症が起こりやすく、炎症が軽くても思いのほか苦痛が大きくなりやすいので注意が必要です。

海で水着になって肌を炎天下にさらし日焼けするケースも多いのですが、全身に強烈な紫外線を浴びて炎症を起こすことは、全身に熱い湯をかぶった時と変わらないレベルの火傷になってしまうのです。

日焼けの炎症がけっこうあなどれないことがお分かりいただけるでしょうか。

日焼けの正しい対処法1.応急処置

「夏に日焼けするのは当たり前。放っておいても治るから大丈夫。」と考えている人も多いようですが、サンバーンは火傷なのでもちろん通常の火傷に準じた次の対処が必要となります。

日焼けの正しい対処法

  1. すぐに応急処置をする
  2. 次に皮膚科を受診する
  3. 回復するまで適切なケアを行なう

火傷と同じで、適切な応急処置がその後の回復に影響します。日焼けをしたら肌を冷やして肌を保護します。

日焼けの応急処置:肌を冷やす

とにかく冷やすことが大切です。

  • 冷たいおしぼり
  • 氷水をビニール袋または冷却材をタオルに包んだもの
  • 水道水の霧吹き

 
などを患部に当てて冷やします。

日焼けが広範囲に及ぶ場合は、水風呂か水流の弱い水シャワーで冷やすのがおすすめです。

冷やす時間の目安は「肌のほてりがおさまった」と感じるまでです。またキンキンになるまで肌を冷やす必要はありません。広範囲の肌を冷やし過ぎると、体温が下がり過ぎてしまうおそれがあるので、水温や冷やす時間には注意してください。

また、水疱がある場合は、水疱がつぶれると細菌感染が起こりやすくなるので、強い水流の水道やシャワーを当ててはいけません。おしぼりやタオルにくるんだ冷却材などでそっと冷してください。

日焼けの範囲が小さい場合も、紫外線を広範囲に浴びて気付かない程度の軽い炎症を起こしている可能性があるので、日焼けした日はぬるめのお風呂や水のシャワーを使って、全身を冷やしておくのが安心です。

日焼けの応急処置:肌を保護する

ほてりが気になる程度なら「酸化亜鉛」を含む薬用化粧水(カーマインローションなど)をつけることで、炎症をやわらげることができます。

Ⅰ度に相当する面積の小さい日焼けは、火傷に効能のある市販の軟膏を塗っておくと良いでしょう。

Ⅰ度でも日焼けの面積が大きく痛みが辛い状態なら、市販の薬や化粧水ではなく、怪我の保護にも使える「ワセリン」を塗って保護するのが安心です。その後、皮膚科を受診しましょう。

Ⅱ度に相当する日焼けで水ぶくれがある場合は、何もつけずに清潔なガーゼや柔らかいタオルで患部を覆って、すぐに皮膚科を受診しましょう。

水ぶくれは潰さないでください。最近に感染して化膿し治ってから跡が残りやすくなります。自然につぶれても触らないようにしましょう。

日焼けの正しい対処法2.皮膚科の治療を受ける

受診の目安も通常の火傷と同じです。Ⅰ度に相当する面積の小さい炎症を除いては、基本的に皮膚科の治療が必要となります。

迷わずすぐに皮膚科を受診すべき症状

  • 広範囲(背中全体、全身など)にⅠ度の火傷に相当する炎症が起きている
  • 水ぶくれや強い痛みがあり、日焼けがⅡ度の火傷に相当している
  • 初熱・頭痛・吐き気など全身症状がある

 
病院に行くと、皮膚組織を治す効果の高いステロイド剤や抗生剤などを処方してもらうことができます。

Ⅰ度に相当する軽症の日焼けの面積が小さい場合は、火傷と一緒で市販の軟膏を塗っておけば数日で治ります。

しかし軽症に見えても皮膚の深部まで炎症が起こっている場合もあるので、個人で判断に迷う場合は受診するのが安心です。

日焼けの正しい対処法3.回復するまでのケア

ダメージを受けた肌が回復するまでは、適切なお手入れをしたり体調を整えたりして過ごしましょう。

日焼けが回復するまでのケア:安静にする

紫外線の作用で、体内に疲労物質が増えたり免疫力が低下したりして体調が崩れやすくなっています。日焼け後はなるべく安静にして体力を養いましょう。

日焼けが回復するまでのケア:炎症がおさまったら化粧品で肌を保湿する

日焼け後の肌は乾燥しやすくなっていています。炎症がおさまったら、刺激が少なく保湿効果の高い化粧品で肌をしっかり保湿します。

化粧水を肌につける時、パッティング(たたくこと)はしないでください。肌がデリケートになっているのでパッティングが刺激となって赤みや痛みの出るおそれがあります。

日焼けが回復するまでのケア:しっかり水分を補給する

日焼けによって体内も脱水気味になっています。こまめに水分を補給して、体の乾燥を防ぎましょう。

特に発熱している場合は脱水が進みやすいので、十分に水分を摂取する必要があります。

日焼けが回復するまでのケア:栄養を摂る

新しい肌の再生を促進させるため、すこやかな肌を作る作用を持つ栄養素をしっかり摂りましょう。

たんぱく質 肉・魚・卵・乳製品・豆類
ビタミンA レバー、うなぎ、にんじん、枝豆、ほうれん草
ビタミンC ピーマン、ブロッコリー、ゴーヤ、キウイフルーツ
亜鉛 牡蠣、牛肉

良かれと思ってしていた事が逆効果に?間違った日焼けケアとは

日焼け後の肌が回復するまでの間に間違ったケアをすると、炎症が悪化して痛みが続いたり跡が残ったりしてしまいます。良かれと思ってしていたことが逆効果を引き起こさないよう、注意しましょう。

炎症が起きている時に刺激の強い化粧品を使う

炎症が起きている時に刺激の強い化粧品を使うのはやめましょう。例えばアルコール・メントール・ハッカ油などのスースーする成分や美白成分が入った化粧品などがあります。

サンバーンの炎症が起こっている肌に使うと、刺激でしみたり炎症が悪化したりする可能性があります。

皮膚をはがす

何日か経つと、日焼けしたところの皮膚がめくれて浮いてくるようになります。時々、大きな皮膚がペロンと取れることもありますね。しかし、皮膚はなるべくはがさないで、そのままにしておきましょう。

これは新しい皮膚の生え代わりに伴い、日焼けで死んだ皮膚が上に押し出されて乾燥したものです。その下に新しく生えている薄皮は未熟で刺激を受けやすいので、下手にいじると肌にメラニン色素が沈着してやすくなってしまいます。

完全に浮き上がった皮膚は取り除いてもかまいませんが、無理にはがすのはやめてください。ボロボロ浮いて見た目が気になる場合は、刺激の少ないクリームやオイルを塗って皮膚を保湿すると良いでしょう。

火傷の民間療法を行う

火傷の民間療法に「アロエや味噌を塗る」という方法が知られていますが、どちらも皮膚に刺激を与えて炎症を悪化させてしまうおそれがあるので、患部に塗るのはやめましょう。

個人の判断で民間療法を行なうのは良くありません。薬を使った適切な治療を行ないましょう。

果物や野菜でパックする

スライスしたキュウリやレモンなど野菜や果物で日焼け後の肌をパックするのはやめましょう。

こちらは昔から「日焼け後の肌をクールダウンする」「美白効果がある」とも言われてきた美容法のため、間違って実践しトラブルを起こしている方がまだ多く見られます。

しかし植物なら肌に優しいように見えても、野菜や果物に含まれる成分が肌を刺激したり細菌感染を起こしたりして、かえって炎症を悪化させるおそれがあるので良くありません。

また、かんきつ類・きゅうりなど一部の植物に含まれる「ソラレン」という成分には、UVAやUVBを吸収して日焼けを起こす「光毒性」があり、パックをした後に紫外線を浴びるとその部分に色素が沈着するおそれがあるので、美容の点でも絶対におすすめできません。

紫外線は皮膚がんのリスクも怖い!しっかり紫外線対策を!

日焼けで大変な目にあわないためには、しっかり紫外線対策を行うことが大切です。また紫外線は日焼け、しみ、しわを引き起こすほか、長期的に浴び続けることでさまざまな健康被害をもたらすことも意識しなければなりません。

例えばUVBは目と皮膚に吸収されやすい性質があり、過度に浴びることで皮膚がんや白内障のリスクを高めてしまうことが分かっています。

紫外線は、成層圏のオゾン層によってある程度カットされています。しかし環境破壊によって1980年代からりオゾンの量が減少し、地上に届く紫外線が強くなって健康被害が起こりやすい環境になってしまいました。

オゾン層が1%減少すると地上に届くUVBの量は1.5%増加し、アメリカ人の悪性黒色腫(皮膚がん)の発症率は2%高くなるとも推定されています。

オゾンが減少する原因は南極にあるオゾンホール(オゾン層にできた穴)の拡大ですが、1987年に「オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書」が締約され、オゾン層を保護する取り組みが行なわれてからはオゾンホールが縮小しており、オゾン濃度は復活してきています。

国立環境研究所は「モントリオール議定書に従って取り組みを行なえば、21世紀半ばには1980年代以前のオゾン量を取り戻すことができるかもしれないが、皮膚がんはあと50年後くらいまで増加する可能性がある」と展望しています。

紫外線は「オゾン層がなく生物がまともに浴びれば生存できない」といわれるほど強力なエネルギーを持っています。それほど有害な光線をじっくりと浴びて起こしてしまったのが日焼けです。

「日焼けの炎症が強いのは、有害な紫外線を浴びたことによる火傷だから」という事情がお分かりいただけましたでしょうか。通常の火傷と同じく、まずは一刻も早く冷やすことが大切だということを覚えておいてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る