TOP > > 実は意外な原因があった!?歯ぎしりの原因と誰でも出来る簡単予防法

実は意外な原因があった!?歯ぎしりの原因と誰でも出来る簡単予防法

歯ぎしりは寝ている時に、歯をギリギリする事って思っている人が多いのではないでしょうか?確かに寝ている時に歯をギリギリしたり食いしばったりすることも歯ぎしりの一つです。でも起きている時に歯を食いしばったりガチガチしたりする癖も歯ぎしりなんですよ。

ですから歯ぎしりをしている人って案外多いと言われています。でも歯ぎしりの原因っていったいなんなんでしょうか?やっぱり原因が分からないと予防も出来ませんよね。そこで今回は、歯ぎしりの原因と予防方法についてご紹介していきます。

歯ぎしりの原因って何?

歯ぎしりの原因は完全に解明されていませんが、遺伝、ストレス、逆流性食道炎などがあると言われています。またかみ合わせが悪い事も歯ぎしりを起こりやすくする要因と一つとされています。

どうでしょうか?思い当たる原因はありますが?原因を知る事で予防もしやすくなりますので、まずはご自身の歯ぎしりの原因を突き止めましょう!

歯ぎしりの簡単予防法

歯ぎしりの原因は、遺伝、ストレス、逆流性食道炎、かみ合わせなどです。遺伝やかみ合わせが原因で歯ぎしりが発生している場合は、すぐに改善する事が難しいです。でもストレスや逆流性食道炎が原因で歯ぎしりが発生している場合は、簡単に予防をする事が出来ますよ。

まずはストレスが原因となって歯ぎしりをしている場合は、ストレスを解消すればよいのです。ストレスの原因は、職場や家庭など様々でしょうから、原因を潰すことは難しいですよね。ですから、ストレスとうまく付き合うようにしましょう。

つまり趣味の時間を充実させたり、リラックスできる環境を整えたり、睡眠時間をしっかりとったりすることで、ある程度ストレスを発散させることができます。このように溜まったストレスをうまく発散させることが出来れば、歯ぎしりがすっかり治るかもしれません。

続いて逆流性食道炎が原因で起こっている歯ぎしりの予防方法についてご紹介します。逆流性食道炎とは、食べてすぐに横になった時や暴飲暴食を繰り返していると起こる症状です。胃の内容物が逆流し、胸やけなどの症状が出来ますから、とても不快で悩んでいる方も多い病気です。

逆流性食道炎の方は、眠っている時に歯ぎしりをする可能性が高いと言われています。ですから、逆流性食道炎を治すと、高確率で歯ぎしりも改善します。逆流性食道炎の方は、暴威暴食を止めたり、食べてすぐに横になる事を止めると症状がよくなることがあります。ですから、逆流性食道炎を治して歯ぎしりを解消しましょう。

このように、歯ぎしりは逆流性食道炎を治療したりストレスを解消する事で、すっかり治る事がよくあります。ですから、まずはストレス発散と逆流性食道炎の治療をしてみましょう!

ページ上部に戻る