TOP > > 深刻すぎて放っておけない!歯ぎしりが歯と健康に及ぼす影響

深刻すぎて放っておけない!歯ぎしりが歯と健康に及ぼす影響

朝起きてあごが疲れている、家族に「昨晩歯ぎしりしていたよ」と言われた、このような経験ありませんか?歯ぎしりは特別なことではありません。誰もが行う可能性があるものなのです。特に疲れているときなどは歯ぎしりをしやすいと言われています。

通常誰もが行うような歯ぎしりは一晩に1回程度で時間は10分ほど。ところが、一晩に何回も繰り返す、一度始まったら1時間以上続く、毎晩続けている、このような場合は歯ぎしりが常習化しています。

歯ぎしりをしていると家族から知らされると、家族の睡眠を妨害していることを申し訳なく思う程度で済ませてしまう人が多いのですが、常習化している歯ぎしりは歯や体にとても深刻な影響を及ぼしかねないのです。

あなたも歯ぎしりの常習!?

歯ぎしりというと「キリキリ、カチカチ」という音を出すというイメージがありますが、実は音のない歯ぎしりもあるんです。

歯ぎしりには「歯のこすり合わせ」、「歯のかみ締め」、「歯を鳴らす」の3種類があり、こすり合わせると「キリキリ・ギリギリ」という音、鳴らすと「カチカチ」という音がしますが、かみ締めでは音がしません。ですから「歯ぎしりをしていると言われたことがない」という人も安心はできません。

次のチェック項目が当てはまる方は、歯ぎしりが常習化している可能性があるので注意が必要です。

  • 家族に何度となく歯ぎしりを指摘されたことがある
  • 朝起きたとき、あごの周りに違和感を覚える
  • 常にあごが疲れているような感じがする
  • 食事のときや話すとき、あごを開けづらい
  • 下の歯ぐきに、骨が盛り上がっているような部分がある

歯ぎしりが歯や体に及ぼす深刻な影響

起きている時に「歯をすり合わせて音を出してみよう」としてもなかなか出せるものではありません。睡眠中の歯ぎしりにはものすごい力が加わっているのです。それは通常の咀嚼の10倍程度の力だと言われています。

それだけ強い力で歯に力を加えているため、歯と体に与える影響もとても深刻です。

まず、歯ぎしりによって歯が欠けたり、被せもの・金属などが取れやすくなったりします。健康な歯もやすりで削ったように磨り減ってしまうこともあります。歯が磨り減ると神経が露出され、知覚過敏の症状が出てきます。

歯ぎしりの影響は歯茎にまで及びます。歯を支えている歯茎にも力が加わるため、歯がグラグラしたり、歯が外側へ向いてしまうということもおこります。歯と歯茎の間に深い空間ができるため、歯周病や歯槽膿漏などの歯茎の病気も進行しやすくなります。

それだけではありません。歯ぎしりをするときはあごにも力が入っているため、当然あごの負担も大きくなります。そして歯ぎしりによって歯並びが悪くなればあごへの負担は二重三重となります。結果あごが上手く開かなかったり、あごを開けると痛みが生じる顎関節症を引き起こすことにつながります。

あごに力が入ると、あご周辺の筋肉も緊張してこわばってきます。原因不明の肩こりや頭痛、目の奥の痛み、耳鳴りなどは、歯ぎしりが原因かもしれません。歯ぎしりのせいで熟睡できないと、不眠になってしまうこともあります。

歯や歯茎、あごは、私たちの生命活動においてとても重要な役割を果たしているものです。食事をしっかり噛み砕くことができなければ、消化器官への負担も大きくなりますし、栄養をしっかり吸収することもできなくなります。

それはのちのち体に深刻なダメージを与えることになります。歯の健康はすなわち体全体の健康でもあるのです。

歯ぎしりの原因はストレス!?

歯ぎしりの原因として考えられているのは歯並びとストレスです。歯並びが悪いと歯ぎしりをする傾向が強くなると言われています。

しかし最大の原因はやはりストレスのようです。因果関係はまだはっきりわかっていませんが、ストレスを上手く発散できない人に歯ぎしりをする人が多いようです。これ以上ストレスをためておけないと体が判断し、無意識のうちに歯ぎしりをしているのでしょう。

歯ぎしりを予防するために、まずは寝る前には絶対的に心の安静を取り戻すようにしましょう。寝る前に日記を書く習慣をつけることをおすすめします。

人は不安や恐怖などを文字にして書くことで、そのストレスを軽減させることができるそうです。寝る前に今日を振り返り、ストレスと感じたことを紙に書き出します。きっと落ち着いた気持ちで睡眠に入ることができるはずです。

ページ上部に戻る