TOP > 乳がん

乳がんは早期発見が大事

乳がんとは、乳房の中に放射状にある乳腺に発生し、その乳腺から細い管の中に広がっていくがんのことです。がんの発生、悪化、経過には、ホルモンが深く関わっていることが特徴です。閉経を迎えた女性に多く、近年、乳がんに罹る方は、増加傾向にあります。

ただ、早期発見が出来れば、治療をすることで完治を目指すことができるがんでもあり、定期的に、エコー検査やマンモグラフィー検査を受けることで、予防することが出来ます。

また、月に一度くらいの割合でいいので、お風呂上りなどに自分で触診して、しこりがないかどうかをセルフチェックすることも、乳がんの早期発見に役立ちます。

こちらのカテゴリでは、乳がんの原因になるかもしれないと言われている飲み物、乳がんを予防するための方法、乳がんかもしれないと思ったときの対処方法などを、ご紹介しています。

乳がんの予防方法

乳がんは、女性が罹るがんとして有名です。しかも、進行すれば、命にかかわる病気です。ですが、早期に発見できれば、治療をすることで完治出来るがんでもあります。

また、がんの中では、早期発見がしやすいがんとも言われています。自分で見たり、触ったりすることで、発見できるからです。特に、喫煙やアルコールを飲まれる女性、糖分を好む傾向がある女性は、自分を守るためにも、月に一度のセルフチェックをされるよう心がけましょう。

・セルフチェックをしよう
女性なら知っておきたい!乳がんを早期発見するための特徴
小さな異変を捕まえて!早期発見が可能な乳癌

乳がんに限ることではないのですが、あらゆる病気を予防するためにも、自分の体を改革し、病気に負けない免疫力と細胞力を強化しておくことが大切です。

そのためにも、生活習慣を見直し、アルコールの過剰摂取を控え、適度な運動をして、適正体重をキープしましょう。閉経を迎えた女性は、ホルモンバランスが崩れるので、それまでの体との変化が現れてきます。バランスの崩れを最小限に留められるよう努力しましょう。

・自分で免疫力、細胞力をアップ
乳癌を防ぐには毎日歩くことが鍵!
乳がんの再発予防にはこれ!細胞力を高める

乳がんかも?と思ったら

乳がんの検査は、40歳になったらと推奨されていますが、遺伝的に不安がある方などは、生理が終わって4,5日後に、自分でセルフチェックをされることをお勧めします。

もし、しこりが見つかったとしても、慌てないで、早急に病院を受診しましょう。悪性であったとしても、落ち着いた対処が大事です。必要であれば、セカンドオピニオンを受け、納得のいく病院で、納得のいく治療を受けましょう。

・しこりを感じたときの対処法
乳房のしこりを早めに見つけるセルフチェック-乳房腫瘍①良性の場合
乳房にしこりが見つかったらどうすれば良い?-乳房腫瘍②悪性の場合

乳がんを発見するために病院を受診すると、マンモグラフィー検査というものを受けます。乳房を挟み込んで撮影する機械で、場合によっては痛みを伴います。ですが、触診では分からない、小さな初期のがんを発見することも可能な機械です。どんな検査なのかを知った上で、定期的に検査を受けられると、乳がんの予防につながります。

・乳がんの検査マンモグラフィーについて
マンモグラフィーって知っていますか?乳がん検査のすべて
乳がん検診に推奨されるマンモグラフィー検査の限界とマイナス面

乳がんに効果のある食事とは

乳がんは、ホルモンが影響していることがわかっているがんです。ですから、ホルモンのバランスを崩さないような食事をすることで、乳がんの予防をすることが出来ます。大豆、海藻類を食事に取り入れるよう、気を付けてみられてください。乳がんの予防効果はもちろん、老化防止にもなります。

・乳がん予防になる食べ物とは
乳がんを予防したいなら抗酸化力を高める食事を取ろう!
10代にピーナッツバター摂取で乳がんリスクを予防!

乳がんは、閉経後の女性が羅漢するリスクが高いがんです。そこで、閉経の兆しが見えて来たら、アブラナ科の野菜を摂取されることをお勧めいたします。アブラナ科の野菜にはグルコブラシシンという成分が含まれており、このグルコブラシンという成分が、発がん性物質を体外に排出したり、がんを抑制する力を持っているからです。

・閉経前の女性必見
閉経前の女性は食べて!アブラナ科の野菜が乳がんを防ぐってホント?

乳がんの知識

乳がんの治療のひとつとして、乳房の切除手術があります。全摘出するか、乳房を残すのか、それぞれにメリットとデメリットがあります。自分だけでなく、パートナーとしっかり話し合って、結論を出された方がよいでしょう。また、手術となると、入院などの費用が発生することになります。ご自身の保険を見直されてはいかがでしょうか?

・手術のメリットデメリット
乳癌の手術で乳房は残す?残さない?それぞれのメリットとデメリット
乳がんに備える!女性向け保険の選び方と知っておきたい知識

乳がんというと、女性の病気と思いがちですが、男性でも乳がんになられる方はいます。男性のわずか1%の方がなる病気のため、関係ないと思われるかもしれませんが、男性の乳がんは、生存率がとても低いのです。

というのも、早期に乳がんであることに気づけないことが、大きな原因です。もし、ご家族の中に、乳がんの方がいらっしゃったのであれば、定期的な健診を受けられた方がよいでしょう。

・女性だけではない乳がん
生存率が低め!?男性の「乳がん」自己チェックの極意

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

  • shutterstock_2162823402

    毎年検診しても乳癌に?予防、早期発見の為の知識とセルフチェック法

    乳癌は早期発見なら治せる確率が非常に高くなるため癌検診が欠かせませんが、確実に乳癌を防ぐなら年1回の検診に頼るだけでは駄目なのです。今回は乳癌の確実な早期発見について説明していきま...

  • pregnant women and breast cancer

    初産年齢が若く出産人数が多いほど乳がん発症リスクは下がる

    乳がんの発症リスクは出産経験の有無ではあまり変化しません。しかし出産経験がある人の中では産んだ人数が多いほどリスクがどんどん下がります。また高齢での初産は、乳がんリスクが跳ね上がる...


  • shutterstock_328201586-180

    1年に600人の男性が乳癌に!?女性との差はその初期症状

    女性の150分の1程度ですが男性でも乳がんにかかります。基本的には女性の乳がんと全く同じですし、手術後の生存率にも変わりはありません。ただ初期症状が女性とは違い治療方針も少し異なることがあります。...


  • shutterstock_3038194012

    深夜勤務はホルモンの関係で乳癌を招く!男性では前立腺癌の危険

    交代制で働く女性看護師さんには乳癌が多いと言う研究があります。これは深夜に働くことでホルモンバランスが崩れる関係で起こっています。同様に男性では前立腺癌が増えています。どのように対策すべきでしょうか。...


  • 乳癌を予防するために…発症リスクを抑える食品&控えたい食品

    日本では女性の癌で、乳癌が最も多くなっています。乳癌の発症リスクには肥満や食生活も関係しており、予防のためには規則正しい食生活を心がけることが必要です。そこで乳癌の発症リスクを抑える食品と控えたい食品について説明したいと思います。...


  • 閉経前の女性は食べて!アブラナ科の野菜が乳がんを防ぐってホント?

    緑黄色野菜には抗酸化作用がありがんを予防する効果があるといわれています。中でもアブラナ科の野菜を食べると乳がんの発症リスクを下げる可能性があることが分かっています。アブラナ科の野菜はどんな女性に、どのように作用してくれるのでしょうか。 ...


  • 乳房にしこりが見つかったらどうすれば良い?-乳房腫瘍②悪性の場合

    1年に1度は受けておきたいマンモグラフィやエコー。もしも悪性腫瘍が見つかったらどうすれば良いの?悪性腫瘍の種類と、それぞれの対処法の解説です。また、セルフチェックで見つけやすい悪性腫瘍の特徴についても説明しています。 ...


  • 乳房のしこりを早めに見つけるセルフチェック-乳房腫瘍①良性の場合

    定期検診には行っていても、乳房の検査は気後れがして受けていない、という女性は意外と多いようですが、せめてセルフチェックはこまめに行いましょう。チェックの方法と、腫瘍が見つかったときの対処法について説明します。 ...


  • 乳がん検診に推奨されるマンモグラフィ検査の限界とマイナス面

    厚生労働省が推奨する乳がん検診といえばマンモグラフィ検査ですね。デジタル撮影であれば被爆量は最小限で済みますので、安心です。しかし、科学的根拠や心理的なマイナス面については知らない方が多いようです。 ...


  • 乳癌を防ぐには毎日歩くことが鍵!

    女性は閉経期を迎えると乳癌になる確率がグーンと上がります。これを予防する方法として毎日、少しの時間でも歩くことが有効であることがわかりました。医学的に関連付けされたわけではありませんが実際の試験では有意にリスクが下がっていました。良いことの実践を始めましょう! ...


  • 10代にピーナッツバター摂取で乳がんリスクを予防!

    ピーナッツバターを10代に盛んに摂取することで成長してからの良性腫瘍の出来るリスクが低くなることがわかりました。良性腫瘍は良性といえども悪性腫瘍になる確率は3倍もなります。乳がんリスクにも繋がるこの発表の説明を致します。 ...


  • 乳がんの再発予防にはこれ!細胞力を高める

    乳がんになるには、女性ホルモンと食の関係が深いので、その関係をよく知ることがポイント。細胞の老化防止に努め、活性酸素の働きをよくさせることである。どうすれば再発予防につながるのか。 ...


  • 乳がんを予防したいなら抗酸化力を高める食事を取ろう!

    がん予防のためには体内環境を良くすることが大切である。そのためには食材の栄養ををよく知り、抗がん作用のある食材をとることだ。また、活性酸素の働きを抑えるため、抗酸化力を高める必要がある。そのための食材選びは重要だ。 ...


  • 乳がんの原因の可能性も・・!牛乳について少し考えてみませんか?

    妊娠した牛から採られる牛乳、これは本来子牛が生後の短期間のみ食用とそれるはずのモノ。色々な成長促進物質が含まれてますよね。これを成人した人間が飲み続ける事ははたして良い事なのか、乳がんの原因という説も有ります。乳児期後も牛乳を飲み続けるのは人間しかいません。...


  • 乳がんに備える!女性向け保険の選び方と知っておきたい知識

    病気に備えて保険に加入している方も多いと思います。ですがその保険、もしもの時にしっかりとあなたをサポートしてくれますか?乳がんや子宮がんなど女性特有の病気、または女性に多い病気にしっかりと対応してくれていないと、いざという時とても困ってしまうことになります。そこで今回は女性向け保険の選び方と知ってお...

キャラクター紹介
ページ上部に戻る