TOP > > 私臭ってる?意外と気づかない体臭の原因とその対処法について

私臭ってる?意外と気づかない体臭の原因とその対処法について

体臭と聞いたときあまりいいイメージを思い浮かべることはありませんね。汗臭いとか加齢臭など体臭については何かと悪いイメージも付きまといます。

体臭というのは誰にでもあるものですが、これも体質や食事など個人差が大きいので、人によって全く違うものになります。全く臭わない人もいれば、近くにいるだけで臭いと思わせる人もいます。

体臭の原因とは

体臭の多くは汗が関係しています。汗をかいてそのままにしておくと、自分の着ているものでも汗臭いと感じますね。でも汗自体は元々無臭なのを知っていましたか?

少し話がそれますが、汗をかくことで皮膚の表面を冷やします。汗が蒸発するときに体温を下げる効果があるので、汗をかくというのは体温調節には欠かせない人間の本能がなせる技なのです。

汗にも種類があるのをしっていますか?例えばスポーツをしてかいた汗と、病気で高熱のためにかく汗とは質も違います。体の毒素を汗と一緒に体外に排出することもあるので、毒素がたまっている人の汗は少し臭いと感じます。

汗が臭いと感じるのは、実はある特定の場所の汗です。ワキに汗をかいてそのままにしておくと、ワキガではないのに自分でも少し臭いと感じることがありますね。これはワキに多く集中しているアポクリン腺という汗腺の仕業なのです。

アポクリン腺とは?

アポクリン腺から分泌される汗は、フェロモンだと言われています。動物の場合はフェロモンで相手や敵に自分をアピールしますが、人間の場合はこの必要がありません。アポクリン腺から分泌される汗も本来は無臭なのですが、雑菌が付着することで臭いを発生させてしまうのです。

ワキの場合はどうしても蒸れやすい部分なので、これも体臭に原因になりやすいのです。体毛は雑菌やバクテリアを繁殖させやすいので、体毛も体臭の原因になることがあります。女性の場合はワキ毛の処理をしている人が多いので、ムダ毛処理が体臭予防にもつながっています。

全く汗をかかないのも問題がありますが、一時的に汗を抑えることで体臭予防にもなるので、制汗剤などを使うのも効果的です。また汗の臭いは食べ物によっても変わるのを知っていましたか?毎日脂っこいものばかりを食べている人は、汗も脂っこい臭いがするので体臭が臭くなりがちです。

例えば前日にたっぷりのにんにく料理を食べたときなどは、口臭だけでなく体臭もにんにく臭いような気がしますねこれは汗の中に、にんにくの臭い成分が混ざっているからです。

食べ物を工夫して体臭予防をしよう

食べ物も体臭と大きく関係しているので、体臭が気になる人は食事の見直しをするのもいい方法です。しかし食べ物の好みはそう簡単に変えることはできませんね。例えば脂分の多い肉料理が好きな人は体臭も臭くなりがりですが、オリーブオイルには汗の臭いを抑える作用があります。

肉料理の時にはオイルをオリーブオイルに変えるだけでも、汗の臭いを抑えることができますので試してみるといいでしょう。オリーブオイルはコレステロール値を抑える作用もあるので、健康的なオイルとしても注目されています。もちろん適度に野菜も食べましょう。

食べ物とは少し違いますが、ウォッカやお酢には殺菌作用がありますので、これを料理に取り入れるのもいいですね。お酒を飲む人は少しだけウォッカを飲むのもいいでしょう。

お酢はそのままでは酸っぱいので、これをハーブビネガーで代用することもできます。この場合はお風呂にハーブビネガーを入れて入浴するだけで、皮膚の殺菌作用で体臭予防にもなります。加齢臭の場合はノネナールという物質が原因なので、ノネナールを除去できる石鹸などを使ってもいいでしょう。

意外と気づかない自分の臭い

意外なことに体臭や口臭が臭い人ほど、自分の臭いに関して鈍感になる傾向があります。人に言われて初めて気づくことも多いのですが、ほかの人の臭いを指摘するというのも勇気が必要なのでなかなか言えません。

体臭には個人差はありますが誰にでも起こりうるものです。人に言われる前に、周りの人を不愉快にさせる前に自分で体臭についてのケアをしておきたいものですね。

汗をかいたら汗拭きシートでこまめに拭き取る、肌をいつも清潔にしておく、寝具や衣類ももこまめに取り替えるなど工夫をすることで体臭予防と対策になります。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る