TOP > > 「体臭」で迷惑をかけない為に今すぐ実践!基本の3方法とは?!

「体臭」で迷惑をかけない為に今すぐ実践!基本の3方法とは?!

他人の「体臭」は気になるけれど、自分の「体臭」には無頓着な人が、世の中には実に多くいるようです。中には、自分には「体臭」が無いと思っている人もいるようなのですが、さて、貴方はいかがですか?知らないうちに、周りの人に迷惑をかけているなんてことはないでしょうか?

「体臭」の正体

「体臭」の成分は、実に数百種類にもおよぶそうです。もともと、皮脂腺や汗腺から出た油や汗が皮膚にいる常在菌の作用によって分解され、時間の経過とともに揮発成分が漂い始め、臭いとなってくるのが「体臭」と言われるものの正体です。

注意しなければいけないのは、病気からくる「体臭」もあるということです。生臭い臭いやアンモニアの様な臭いがしたなら、要注意です。病院へ行く事が最善の場合もありますから、気をつけてくださいね。

自分の体臭は、中々気が付けない物です。脱いだシャツの臭いを嗅ぐのが一番手っ取り早いのですが、その際は少し時間をおいてから嗅いだ方がよりわかりやすいと思います。

あと、部屋に充満していると思われる生活臭。これも、中々分かりづらいですよね。外から戻った時などに、一瞬でも感じ取れるはずですので、ちょっと意識して嗅いでみてはどうでしょう。

軽減・予防の原則3つとは?

汗をかかない事が一番です。とはいえ、そんな事はほぼ不可能かと思われます。そこで実践して欲しいのは次の3つの基本的な事。こんな簡単なことでいいの?と思われるかもしれませんが、試してみる価値はありますよ。大原則は「汗を放置しない」ということです。

まず、出てくる汗の量を押さえる事。出てしまった汗は可能な限り拭き取る事。そして大事なのは、衣服に汗を滲み込ませない事。つまり、制汗剤などを使用して汗を押さえ、汗ばんだらボディシートなどでまめに拭き取り、衣服は最悪着替える。

これが、「体臭」を軽減・予防する3つの原則です。勿論、加齢臭の対策にも効果がありますから、気になる方は是非実行してみてください。

具体的な軽減策

最近の制汗剤には、殺菌効果がある製品が増えています。これは、菌を殺菌することで分解作用を低下させる効果が見込めますので、オススメかもしれません。ただし、付け過ぎは逆効果ですので、注意してくださいね。

暑いと素肌に直にシャツやブラウスを着用したくなりますが、これはアウトです。必ず、アンダーを着用する癖をつけてくださいね。毎日、入浴する事・シャワーを浴びる事は基本ですね。この時、石鹸はしっかりと泡立てて、特に汗が溜まりやすい脇の下などの部分は念入りに洗ってください。

忘れてはいけないのは、洗う時以上に念入りに石鹸を洗い流すことです。ここ、大事ですよ。お風呂から上がったあと、まだ汗が出ているのに衣服を着用していませんか?これもNGですので、気をつけてください。

また、お風呂にクエン酸や日本酒を入れる事も効果が期待できます。ただ、日本酒の場合はのぼせやすくなる場合もありますので、高血圧などの持病を持つ人にはオススメできません。

気になる足の臭いですが、お茶で洗うと良いようです。しっかり洗い流し、キチンと水分を拭き取る事がポイントです。毎日の食事でも、動物性脂肪や動物性蛋白質(肉類など)はできるだけ避けておいた方が良いみたいです。

逆に、ヨーグルトや大豆製品などは、積極的に摂りたい食品ですので意識してみてください。何より大敵なのは、ストレスです。「体臭」がきつくなったと感じたらストレスが増大してきているのかもしれません。是非、メンタル面のケアも忘れずに。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る