TOP > > 旦那の加齢臭対策には!食べ物と乳酸菌で腸内環境を改善せよ

旦那の加齢臭対策には!食べ物と乳酸菌で腸内環境を改善せよ

永遠の愛を誓うのが結婚の誓約と言いますが、夫婦間というものはなかなか上手くいかないことがあるようです。臭いもその中の一つで、ある日を境に旦那の臭いが気になってきます。今までは特に気になっていなかったのに、段々と不快とさえ感じてきました。年齢も30歳半ばを超えており「これが加齢臭か?」とため息。

確かに下着やシャツにも同じ臭いが付いています。このような話は日本中何処にでもある話で、特に珍しい出来事ではありません。体臭は年齢や生活習慣によって変化し、今まで感じていなかったことが、急に不快になることはごく当たり前の出来事だったのです。

加齢臭ってオヤジの臭いなの?

加齢臭と聞くと「じじ臭い」とか「オヤジ臭い」などと言われますが、実は男性特有の臭いではありません。男女に関係なく、中年を過ぎた辺りから分泌される、ある成分が原因であることが特定されています。

化粧品メーカーの研究によると、その成分が「ノネナール」であり、チーズのような脂臭くまた青臭いような臭いが特徴です。ノネナールが分泌される原因として考えられるのが、加齢による抗酸化力の低下。

要は加齢による細胞の酸化(老化現象)が、ノネナールの分泌に関係していると推測できるのです。しかし、ノネナール自体の臭いは不快感のある臭いではなく、人によっては好みであることもあり、ノネナールが悪者とは言い切れないこともあるのです。

生活習慣の中に加齢臭の原因があった

ノネナールの臭いには好き嫌いがありますが、不快感のある臭いが存在することは事実です。その理由は、ノネナール以外に様々な臭いが混ざり合っていることです。ノネナールを加齢臭に仕立て上げる主な原因を紹介します。

■生活習慣病で多い症状と言いますと「高脂血症(高コレステロール血症)」です。これは血液中にコレステロールが多く含まれている状態ですが、この症状下においては皮脂の分泌も多くなります。皮膚上の皮脂が酸化することで、酸っぱいような不快な臭いを放出させます。
■ストレスを受けると胃や腸の働きが悪くなります。消化器官の不調は口臭になって、不快な臭いを放出させます。実は加齢臭の多くが口臭に起因しているようです。
■アルコール、タバコなどが原因の可能性があります。この場合、アルコール、タバコ単体の臭いではなく、それらを摂取することによる生活習慣病が関係しています。
■ワイシャツなどの衣服についた汗や皮脂が酸化して臭いを出しています。身体は問題なくても衣服が臭っている場合があるのです。

加齢臭対策は食べ物で腸内環境を整えよ

加齢臭対策で重要なのは、ノネナール以外の臭い成分を如何に封じるかであって、そのためには体調管理が最も重要となります。特に腸内環境が悪いと「口臭」「脂汗」「皮脂」など臭いの原因物質が多く発生しますので、普段からの体調管理が重要になります。

腸内環境を整えるには、ストレスの軽減や運動などが重要ですが、善玉菌を増やすことを忘れてはいけません。ヨーグルト、納豆、漬物(乳酸菌性のもの)などを摂取することはもちろん、食物繊維や水分を多く取ることで、腸を活性化させるのです。

腸内の悪玉菌はアンモニア臭などを作り出す原因にもなりますので、善玉菌を増やすことで加齢臭は激減するのです。善玉菌を増やす整腸剤やサプリメントを利用するのもオススメですね。また、ノネナールの原因になる細胞の酸化を防ぐのも忘れてはいけません。

ノネナール対策には抗酸化作用のある食品を摂取するのが効果的で、赤ワインや緑茶などは、ポリフェノールの働きで細胞の酸化防止に期待ができます。ビールを赤ワインに、ジュースを緑茶に変えるだけで、加齢臭を抑えることができるかも知れませんね。

加齢臭対策には、まず自分の身体の中を健康にすることが重要とだったのです。貴方もさっそく腸内環境から始めてみませんか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る