TOP > > なんで体臭は気付かないの!?自分の臭いに鈍感なワケ

なんで体臭は気付かないの!?自分の臭いに鈍感なワケ

体臭に鈍感なのは環境適応能力が原因

なぜ私たちが自分の臭いに鈍感なのかというと、人間が持つ高い環境適応能力が裏目に出てしまっているのです。動物は本来、臭いで自分の縄張りや他の縄張りを嗅ぎ分ける習性がありましたが、人間にはそのような必要性もなく、目が発達しているため嗅覚が衰えたという背景があります。

人の家にいくとその人の家独特の臭いがあるのがおわかりかと思いますが、しばらくその空間にいると臭いが気にならなくなってくるのは環境適応能力のせいです。それと同じく、最も身近で一番多くにおいを嗅いでいる事になる自分の体臭には鈍感なのです。

さらに、人間の臭いは体臭だけでなくその人の家や服などの生活物の影響もあり、生活環境が体臭に繋がっていると言っても過言ではありません。

自分の家や服の臭いを確認する方法

自分の家の臭いや服の臭いをかぐ方法は簡単です。他人の家にいった時に、自分の服の臭いをかいで見ると、普段と違う臭いがするかと思いますが、これが自分の生活臭なのです。

自分の家の臭いを嗅ぎ分ける方法は、1週間〜1ヶ月程度家を空けて帰宅するとわかるかと思います。よく、久しぶりに帰宅すると部屋の中の空気がこもって感じて窓を開けたりしますが、こもっているのではなく本来の臭いが久しぶりに帰宅する事によって嗅ぎ分けられているというだけの事なのです。

体臭の原因となるのは?

体臭には、身体の皮膚から発せられる臭いの他に、口臭やワキガなどの臭いがあります。身体の臭いについては、新陳代謝によって皮膚や細胞を新しいものに入れ替えていますが、その過程で脂質は脂肪酸に、タンパク質はアミノ酸やアミンなどになり、臭いを放つのです。

これは、人間や動物である以上は当たり前の事ですが、体臭をキツくする原因には食生活や生活環境による生活臭、ストレスなどが大きく関与しています。またワキガは 脇の汗から出る栄養素や皮脂をバクテリアが分解した時に発生する臭いです。

ワキガの悪臭をを抑えるには?

ワキガを抑えるには、ワキガの原因となる汗を抑える事があります。多汗症などのように汗がたくさん出る人は抑えた方がいいでしょう。しかし、汗も必要が合って出ているものになりますから無理に抑えるのはあまり身体に良いとはいえない場合もあります。

そこで、汗を分解して臭いの元凶を作り出す細菌を殺菌するといいでしょう。殺菌剤入りの制汗剤やデオドランドなどで殺菌していくといいと思います。また、脇毛はこうした細菌のすみかになりますから、必要以上に伸びた脇毛を処理するといいと思います。

口臭を抑えるには?

口臭の原因となるのは、食べ物の残りかすを口内細菌が分解した時や、虫歯・歯周病などの原因があります。これらを引き起こす大きな要因として唾液の分泌量が減っている事があげられます。

食べ物カスを残さないように食後にしっかりと歯を磨く習慣や、こまめにうがいをしたり水を飲む、酸味の強いものを食べるなどが唾液を分泌させるのに効果的です。干し昆布に含まれる成分には唾液の分泌を促進して口臭を抑える効果があります。

体臭や加齢臭を抑えるには?

体臭を抑えるのに一番効果的なのは、やはり入浴やシャワーで余分な皮脂や汗を洗い流す事です。しかし、あまり頻繁に石けんやボディソープを多用するのは、本来必要な皮脂まで奪い取ってしまって、油分や皮脂の過剰分泌を招きますので、頻繁に入るのであれば水で流す程度にするのがいいでしょう。

さらには、脂っこいものや脂肪分の高い食事を控えて、野菜や魚介類を中心の食事に切り替えていき、しっかりとバランスのとれた栄養を取る事で体臭は改善されます。その他にも、部屋を清潔に保って生活臭を抑えたり、服や部屋着を頻繁に洗濯するなどして清潔に保つのも大切です。

サプリメントが効果的

最近では、体臭を抑えるために効果的なサプリメントも発売されています。体臭を抑制する効果のあるとされるローズやブルーベリーエキスなどを配合したサプリメントで、値段は2000円〜3000円ほどで購入する事ができます。

食生活などが体臭に大きな影響を与えている事は既に説明しましたが、体臭は身体の内側から来るものですので、身体の内側からこうしたサプリメント成分を使って臭いを緩和していくというのは非常に効果的な方法ですし、ランニングコストも安価で持続性がありますのでおすすめです。

100年の恋も冷める体臭と言いますが、知らない間に他人に嫌われないようにしっかりと対策をしていきたいところですし、ほとんどが生活習慣から来ていますのでしっかりとした習慣を身につける事で体臭は改善されます。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る