TOP > > 美しく痩せるはずが体臭発生?悪臭を放ちやすい失敗ダイエットとは

美しく痩せるはずが体臭発生?悪臭を放ちやすい失敗ダイエットとは

ダイエット方法が間違っていると…

見た目の問題や健康上の理由からダイエットを決行する人は多いと思います。特に早く結果を出したい人はハードなダイエットをすることがあります。

ダイエットの基本は食事のカロリーを抑えることですから、食事制限をすればその分体重は落ちます。食事制限は辛いけど体重計に乗った時の喜びは大きいですよね。

しかしただ体重が減っただけでは美しく健康に痩せられたとは言えない場合があります。栄養不足で肌がカサカサになっていたり、免疫力が低下して病気しやすくなったり、女性の場合はホルモンバランスが乱れて体調が崩れる場合もあります。

また、自分では気づきにくいのが間違ったダイエットの際に発生しやすい独特の体臭です。せっかくスリムになっても悪臭を放つようになったのでは魅力も台なしです。なぜダイエット時に体臭が発生することがあるのでしょうか。

間違ったダイエットで発生する3つの悪臭

ダイエットをする人から必ず発生するのではなく、「体に必要なエネルギーが不足し過ぎている」状態によって“ダイエット臭”が発生しやすくなるのです。

このにおいは「飢餓臭」とも呼ばれ、体が飢餓状態に傾くと発生します。ダイエット臭には脂っぽいにおい、アンモニア臭、ケトン臭といった3つの悪臭があります。

飢餓状態に陥ると体臭が強くなる理由

なぜ飢餓状態に陥るとこれらのにおいが発生するのでしょう。これは基礎代謝が下がったためにエネルギー代謝が低下することが原因になります。

ダイエット時に極端な食事制限を続けていると体重は減っていきます。しかし体のほうはこのままではエネルギー不足のせいで生命を維持することができなくなると判断し、基礎代謝を下げてあまりエネルギーを消費しなくてもよい状態に切り替えます。

私達の体内では食事から取り込んだエネルギー源(糖質など)を燃焼させて、熱を生み出し体温を維持させたり活動するエネルギーに変えたりしています。

しかしエネルギー代謝の効率が悪くなると、エネルギー源をきちんとエネルギーに変えることができず、「乳酸」や「ケトン体」といった悪臭のもとになる物質を生み出してしまうのです。この乳酸やケトン体がダイエット臭のもとになります。

ダイエット臭はどんなにおい?

ダイエット時や運動中にエネルギー源が不足し始めると、体は代わりを求めて体に蓄積されている中性脂肪をエネルギーに使おうとし始めます。中性脂肪は燃焼されると脂肪酸に変わり、通常はエネルギーとして使われていきます。

しかしエネルギー代謝が低下している人の場合は、この脂肪酸がうまくエネルギーに変えられず血液中に増えてしまうため、体臭や汗から脂っぽいにおいを放つこともあるのです。

また、エネルギー代謝の低下によって全身の血行が悪くなり、エネルギー代謝が起こる際に疲労物質である乳糖といった副産物が発生しやすくなります。乳酸が増えると汗の中にアンモニアが増えるため、体からつんとしたアンモニア臭を発しやすくなるのです。

強烈な飢餓臭「ケトン臭」

また、糖質の摂取を極端に制限したり断食を行うといったハードな食事制限をしている場合にはケトン臭が発生しやすくなります。ケトン臭の原因になるケトン体は血液中の脂肪酸から変換された物質です。脂肪酸がエネルギーとしてうまく使われずケトン体に変わってしまうために発生します。

ケトン臭は、果物が腐ったようなつーんとした悪臭が特徴です。口臭、体臭、尿からこのにおいがはっきりと感じられ、他人からも気づかれるようになります。

ダイエット臭を防ぐには

ダイエット臭を防ぐには、体が飢餓状態に陥るような極端な食事制限をしないことが第一です。特に糖質やたんぱく質が不足すると飢餓状態に陥りやすくなるので気をつけましょう。

ダイエット中の飢餓状態にはダイエット中におとずれやすい停滞期があります。停滞期に体重が落ちなくなるのは食べ過ぎではなく基礎代謝低下が原因です。

停滞期には体に飢餓ではないことを教えてあげるために食事の量を少し増やしてあげましょう。そうすれば基礎代謝の低下を防ぐことができ、停滞期やダイエット臭をなくす効果につながります。

運動をせずに食事制限だけというダイエット法もダイエット臭を起こしやすくなるので、必ず食事と運動をセットでダイエットするようにしましょう。

ケトン体は薬局で市販されている検査紙を用いて自分で尿からチェックすることもできます。周囲から体臭を指摘されるようになったら、それは今行っているダイエット方法が間違っているとも考えられます。爽やかに痩せるためにダイエット方法を見直してみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る