TOP > > 足の臭いが気になりませんか?足の臭いをたちまち消す簡単な方法

足の臭いが気になりませんか?足の臭いをたちまち消す簡単な方法

梅雨から夏にかけて湿度が高く汗ばむ季節になると、誰でも気になるのが汗の臭いです。とりわけ、足の臭いを気にされる方は多いと思います。

仕事などで人の家に上がる必要のある人や、靴を脱ぐ機会が多い人にとっては、足の臭いはとても気になることでしょう。そこで足の臭いを簡単に消してしまう、とても簡単な方法をご紹介します。

なぜ、足が臭うのでしょうか?

本来、汗の99%以上は水分なので、汗自体には臭いがありません。足の臭いの最大の原因は足のムレによる雑菌の繁殖です。

足は1日にコップ1杯分くらいの汗をかくと言われています。その汗が靴の中でムレると足の雑菌や皮脂と反応し、独特な嫌な臭いを生じさせてしまうのです。

また、足の裏の角質は他の部分より厚く多いため、角質(アカ)が多く出ます。角質も雑菌の栄養源になり増殖を促しますから、足は体の中でも特に雑菌が繁殖しやすい部分なのです。

足の臭いを消す簡単な方法とは?

足の臭いを消す最も簡単な方法は、10円玉を3つ靴の中に入れておくことです。ただし、使用する10円玉はできるだけ新しくピカピカのものを使うことがポイントです。

10円玉は銅でできているため、銅イオンの働きでイヤな臭いを消すことができるのです。古い10円玉ですと、やはり効果も半減します。おつりなどで新しい10円玉をもらったら取っておくようにしましょう。

また、アルミホイルも消臭に効果があります。ご家庭の台所にある一般的なアルミホイルで結構です。アルミホイルに使われているアルミニウムには汗を抑え、臭いを分解する作用があるので、靴の中に中敷のようにして入れておくと、足の臭いを消すことができます。

その他にも、足のムレを防ぐという点で5本指の靴下をはくことも効果があります。一般的な靴下に比べて、足の汗や皮脂を吸収し通気性を良くするので、足のムレを少なくし臭いを抑えることができます。

臭いの原因は足だけでなく靴にもある!

毎日しっかりと足を洗っても足が臭うという人は、臭いが足から出ているというよりも、靴の中に住み着いている雑菌によって臭いがしていることが多いのです。

足が臭うのは、靴の中に臭いの元があると考えるべきなのです。市販されている消臭剤などを使う場合でも、足にかけるのではなく、靴の中に吹き付けるようにすれば良いのです。

また、スナック菓子やおせんべいなどに入っている乾燥剤を捨てずに、そのまま靴の中に入れておくだけでも靴の中の湿気が取れ、雑菌の繁殖を減らすことができます。もちろん下駄箱などに除湿剤などを置いておくようにすれば、さらに効果は高まります。

足の臭いを抑える柑橘類を食べましょう

足の臭いを増幅させるのは、動物性脂肪が多い食生活に原因があることも考えられます。脂肪分が多い食事を摂ると皮脂の分泌量も多くなり臭いが強くなってしまいます。

肉類を控えて野菜を多く摂るようにすることや、レモンやみかんなど柑橘類を多く摂るようにすると柑橘類に多く含まれるクエン酸が脂肪を分解して臭いの発生を抑えることができます。

どれも簡単な方法ばかりですから、足の臭いが気になる時には、是非、試してみていただきたいと思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る