TOP > > こんなに足が臭いのって病気のせい?思い当たる原因を探そう

こんなに足が臭いのって病気のせい?思い当たる原因を探そう

靴を脱いだ時にモワア~とにおいたつ異臭…足が臭いと家族からイヤがられたり自分の足のにおいが気になって人前で靴が脱げない、といったコンプレックスにつながってしまいます。

足と靴を清潔に保てば足のにおいを消すことができます。ところが対策を行ってもにおいが改善されないという人は、病気が原因になっているのかもしれません。

足のにおいの原因

足が臭くなるのは雑菌の仕業です。

足の裏は汗腺が密集してもともと汗をかきやすい部位である上、靴を履くと温度が上がるので大量の汗をかくことになります。さらに靴を履いている間は汗が蒸発しにくいので足は高温多湿状態に。雑菌が繁殖しやすい環境となって悪臭を放つようになるのです。

また汗で蒸れた靴を履き続けることで汚れや雑菌がたまり余計においが出やすくなります。1日履いた靴は通気性の良い所で休ませる、足をよく洗う、といった対策で足のにおいが軽減されていくはずです。

水虫

足と靴を清潔に保っているはずなのに足がにおう場合、水虫が原因になっていることが多いようです。

水虫の原因となる白癬菌は高温多湿状態で繁殖しやすく、蒸れやすい靴を1日中履いている人が感染すると発症しやすくなります。

白癬菌が皮膚を腐食させるとそこに雑菌が繁殖しやすくなり悪臭を放つようになります。特に「指間びらん性水虫」はにおいが出やすいので気をつけましょう。

水虫といえばかゆみや患部のジュクジュクがよく知られる症状ですが、かゆみがない場合や足裏のガサガサ、水疱などさまざまな症状を伴うことがあります。足に気になる症状がみられたら水虫を疑って早目に皮膚科で治療することをおすすめします。

多汗症

足の裏の汗が大量に出る「局所性多汗症」が原因で足がにおう場合があります。

足の裏に発達している汗腺はにおいのないエクリン腺なので、大量に汗をかいても汗自体がにおうことがありません。ただし汗が多いとどうしても蒸れやすいので雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

局所性多汗症というのは体質的なもので、交感神経の失調によって起こる病気です。汗をかき過ぎることで日常生活に差し支えたりストレスを強く感じてしまうといった障害を伴う場合もあるので、制汗剤を用いたり皮膚科で多汗症の治療を受け汗を抑えることが必要です。

糖尿病

糖尿病が原因で足がにおう場合があります。

理由

  • 神経障害によって多汗症が起こる
  • 免疫力が低下するために感染症を起こしやすく水虫にかかってしまう
  • 毛細血管の血流が悪くなるために足裏に靴ずれ、たこなどのトラブルが起こりやすく患部に雑菌が繁殖しやすくなる

糖尿病にかかると血流が低下するため、心臓から遠い足先から症状が出やすくなるといわれています。足にトラブルが起こりやすくなった場合には糖尿病発症が疑われます。早目に受診しましょう。

また糖尿病患者は治療を受けて健康管理を行うと共に、感染症を起こさないように足や体を清潔にし皮膚炎やケガは適切な治療を行うことが大切です。

ストレス

ストレスや緊張を強く感じると足が臭くなる場合があります。

これはストレスや緊張を感じると交感神経の作用によって精神性発汗が起こり、足が大量の汗で蒸れやすくなってしまうからです。

誰でもストレスや緊張を感じるのが当たり前です。ただし頻繁に感じやすい人は汗のせいで足がにおいやすくなるので、足のにおい対策を行いましょう。リラックスを心がけると共に、足をよく洗ったり制汗スプレーや除菌スプレーを使うなどして雑菌の繁殖を抑えます。

足のにおいは二次的に生じてくる現象なので、まずは病気を治すことが優先です。

併せて足と靴の清潔を保つことは言うまでもありませんが、爪の間をよく洗ったり足裏のたこや荒れた角質のケアをすることもお忘れなく。ここは雑菌が繁殖しやすいからです。

食生活では動物性たんぱく質や刺激物が足のにおいを強くするので控えるようにしてください。靴は毎日同じ靴を履くのではなく、何足かの靴をローテーションで履くようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る