TOP > > 思わずドキッ!とする汗のニオイ体の内側と外側から防ぐ4つの方法

思わずドキッ!とする汗のニオイ体の内側と外側から防ぐ4つの方法

気になるのは「ニオイ」です

暑くなる季節がやってくると、気になるのが汗のニオイです。毎年この季節になると汗のニオイに悩まされている女性も多いと思います。ほとんどの女性が、制汗剤を使ったり、汗を拭き取って爽やかにするシートを使ったりと、様々な方法で汗のニオイと戦っていると思います。

制汗剤や汗を拭き取るシートは、使用した直後は良いのですが、何時間かするとまた汗ダクになって、結局振り出しに戻るという人も多いと思います。ひどくなるとニオイが気になって、人前に出るのが嫌という人までいます。

この困った汗のニオイ、汗自体には元々ニオイが無いそうなのですが、体の皮脂と混ざったりするとニオイを発するようになります。フィットネスクラブでの運動後や仕事で外回りをした後などの汗は、やっぱりニオイが気になりますよね。

女性も社会進出で男性と同じように活動的に働くようになり、同じ職場の人たちや、営業先の相手にもニオイで迷惑をかけてしまっては失礼だし、まして彼とのデートの時などは特に気をつけたいものです。

毎日の食事を振り返ってみましょう

体から発せられるニオイは、食べ物とも密接な関係があります。近年は食生活も欧米化が進み、日本人も肉食が多くなってきたこともあり、その影響でニオイも変わってきたと言われています。

また、タバコや、お酒もニオイに関係してきます。そして女性の大敵、便秘もひどくなるとニオイを強くする原因の一つになります。

最近ではバラの香りがするサプリメントもあり、飲み続けると体からバラの香りがする、というものも出てきました。でも、人により効果は個人差があるよだし、ずっと続けていくのもちょっと大変です。

以前にある人が、一週間以上、にんにくをたくさんに食べ続けて、吐く息から汗のニオイからすべてから、にんにくのニオイがして大変だったと言っていました。だとしたら、毎日の食事を見直すだけでも何かニオイに関するカギがありそうです。

どんな食品を摂れば良いの?

日本人は本来、魚や豆類また野菜を中心とした食事をし、食物繊維もきちんと摂取できていました。日々、仕事に追われて忙しい中で、毎日の食事を少し振り返ってみましょう。たまに野菜は食べても、豆や魚はちょっと・・という人は意外に多いと思います。

肉類などの脂っこい食事を控えて、カボチャ、にんじん、アスパラガス、トマト、小松菜、サラダ菜、などの緑黄色野菜を定期的に摂取するようにしましょう。こうすることで腸内環境が良くなり、結果的にニオイの元が軽減されます。

例えば、一人暮らしで、コンビニでお弁当を買ったりする時は、必ず野菜サラダを一緒に買うようにしたり、缶コーヒーを買う時に一緒に野菜ジュースを買うようにして、毎日飲むようにするだけでも違います。

また、大豆などに含まれているタンパク質や、ナッツ類に含まれているビタミンEなどもニオイを少なくしてくれる良い食品です。お酒を飲みに行った時には枝豆を一緒に注文するとか、無塩のナッツを小さい入れ物に入れていつも食卓に置いておき、毎日気がついたときに数粒食べると効果的に摂取出来ます。

外から防ぐ「ニオイ」の対策

一番手っ取り早いのは、ニオイの元である汗をかかなければ良いのでしょうが、これはちょっと難しいですね。人間、毎日活動していると、汗をかかない時は無いと思います。緊張して汗をかいたりもするし、運動していなくても満員電車に乗って汗をかいてしまったりと、外からの要因で汗をかくことも多いからです。

ニオイを防ぐもう一つの方法は、服を洗う時には、きちんと皮脂汚れを落とすことです。なぁんだ、そんなの当たり前にやってるよ、と、思っていらっしゃる人は多いかと思いますが、これが意外に出来ていないんです。

実は、洗濯洗剤の効果が充分に発揮されていないことが多いのです。せっかく除菌効果のある洗剤を使って洗濯しても、皮脂汚れがきちんと落とせていないと、すぐにニオイが出てしまいます。

洗濯する時は、洗剤を洗濯機まかせにしてそのまま入れてしまうのではなく、別の容器にぬるま湯で完全に溶かしてから入れると効果的です。これは濃縮の液体洗剤も同じです。

あとは、洗った服を乾かす時は、出来るだけ短い時間で乾かしましょう。こうすると、服に潜んでいるニオイの元もキレイになります。

また、汗をかく季節は着る服の素材にも注意したいものです。通気性のある生地を選ぶのはもちろんですが、それだけではなく、繊維が汗を吸い込んだら、すぐに外へ発散させる機能があるものを選ぶと肌触りがサラサラなだけでなく、ニオイもかなり減ります。

つまり、汗がずっと服にしみ込んだままになると、ニオイの元が繁殖してしまうので、サッサと外へ放出させてしまえば良いのです。汗をかくことが多くなるこれからの季節、体の中からと外からの対策でニオイを防いで快適に過ごしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る