TOP > > アラフォー世代に警告!自分の体臭に気付いてますか?

アラフォー世代に警告!自分の体臭に気付いてますか?

自分の「臭い」に気付いていますか?アラフォー世代になる頃から、今までなかった特有の体臭が出るようになります。皆さんご存じの通り「加齢臭」です。特にアラフォー世代以上の男性に多く、歳を重ねるごとに臭いが生じやすくなり、臭いも強くなっていくことが多いのです。

職場や家庭で、嫌な臭いがする上司やお父さんには、誰も近づきたくはありませんよね。自分では清潔にしていると思っていても、自分の体臭には、なかなか気が付かないものです。思いあたるアラフォー世代の人はいませんか?自分は大丈夫、と思っている人に限って危ないのですよ!

気が付かないうちに、周りの人から「臭い」と思われ嫌われていては、ビジネスや家庭でも円満な人間関係に支障をきたしてしまうでしょう。そんな事にならないように、特にアラフォー世代に気を付けていただきたい体臭や加齢臭の予防法について教えます。

自分では気づかない「加齢臭」 どうして起こるのか?

人は誰しも年齢を重ねるとともに皮膚も老化していきます。皮膚が老化すると、皮膚を保護するために、毛穴から皮脂(皮膚を守る脂)がたくさんでるようになります。

それと同じく40代くらいになるとコレステロールや中性脂肪が増加し、皮脂と結合して「ノネナール」という物質が発生します。これが加齢臭の原因となる物質です。

また、アラフォー世代くらいから、腸の働きが悪くなり、腸内の善玉菌が減り悪玉菌が増えるようになります。このため食べ物の吸収や解毒作用が悪くなり、腸にたまった臭いのするガス(有害物質)が分解されず、血液中に入り込み、全身を回って皮膚から汗と一緒に排出されるので、嫌な体臭となるのです。

自分の体から出る臭いに気をつかうのは、人間関係を円滑に送るためのエチケットでしょう。でも、分かっていても自分では、なかなか気が付かないのが体臭のやっかいなところです。

では、どうすれば良いか?体臭の原因が、皮膚の老化やコレステロールの増加による「ノネナール」という物質なのですから、この臭いの原因が、できるだけ出ないようにすれば良いわけです。

加齢臭を抑えるために、効果的な3つの方法

①皮脂の増加を防ぐ

脂っぽい食べ物はなるべく避け、皮脂の分泌を少なくすることと、緑黄色野菜や食物繊維をたくさん摂り、皮脂の酸化を防いで余分な脂肪が排出されやすくしましょう。便秘を改善することも重要です。

②腸内環境を整える

腸内で臭いの元が発生しないように、腸内環境を整えましょう。腸内環境は善玉菌と悪玉菌のバランスで成り立っています。善玉菌を増やすのに、簡単な方法で、私がお奨めなのは「納豆」を食べることです。

乳酸菌を思い浮かべる人は多いのですが、食物の乳酸菌は胃液で溶けてしまい腸にまで届かないことが多いのです。納豆菌は、胃酸でも溶けずに腸に届くので、腸内の善玉菌を増やすにはもってこいです。

また、納豆菌は腸内の乳酸菌の産生を高める働きがあるので、腸内環境を整えることにはとても良い食品と言えます。また、ヨーグルトなど腸の働きを助けるビフィズス菌の栄養になるオリゴ糖を摂ることも良いのですが、なんと納豆の元、大豆にもオリゴ糖が多く含まれるので、まさに一石二鳥なのです!

また、確実に乳酸菌を増やすには、乳酸菌飲料(ヤクルトのようなもの)を毎日飲むことです。確実に乳酸菌を増やす効果が期待できます。(ヤクルトの宣伝ではありません)

③清潔を心掛ける

やはり基本的な心掛けとして、汗や余分な皮脂をこまめにふき取ることです。こまめにシャツを変えたり、汗を拭きとることで皮膚清潔が保たれれば、臭いもなくなります。

ただ、お風呂などでゴシゴシと洗い過ぎてはいけません。皮膚のPH(ペーハー=酸性度)のバランスを崩してしまったり、肌にキズがついてしまっては逆効果です。

また、夏には冷たいおしぼりを、冬には暖かいおしぼりで、特に皮脂腺の多い、首のまわりを清潔に保つこともポイントです。加齢臭は決して病気ではありません。加齢臭はエチケットの意識や、日頃の心掛けしだいで十分にコントロールできるのです。

皮膚の老化は、スキンケアやアンチエイジングを心掛けることで改善できます。コレステロールや中性脂肪は、食事や運動など生活習慣を見直すことで減らす事ができるでしょう。

最後に、アラフォー世代になると、美意識が鈍感になるので、毎日スーツを着ていたり、おやじギャグなど、まさに「オヤジ臭い」イメージが、臭いと思わせるということもあるでしょう。

いつまでも、若々しく、身だしなみにも気を使うことで、臭いというイメージがなくなれば、周りからも好印象をもたれるというものです。是非、素敵なアラフォー世代を送りましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る