TOP > > 子供の血便は大丈夫?赤ちゃんの心配な血便と安全な血便の見分け方

子供の血便は大丈夫?赤ちゃんの心配な血便と安全な血便の見分け方

ベッドで眠る赤ちゃん

健康な便は明るい茶色でバナナのような柔らかさと硬さをしています。乳幼児は消化器の機能が未熟なのでお腹の調子が悪くなりやすく、日によっては硬いウンチ、ゆるゆるのウンチが出るのは珍しいことでもありません。

もし急に赤っぽい便が出たらどうでしょうか、親はドキッ!として思わず怖い病気が頭に浮かんでしまいます。しかし必ずしも危険な病気が原因とも限りません。また中には血便とまぎらわしい問題のないケースもあります。

安全な血便、危険な血便にはどのようなものがあるのでしょう。血便の原因となる病気、特徴、対処法についてまとめました。

血便とはどのような便のこと?安全な血便・危険な血便の原因は

血便とは、血液が付着したり混ざったりしている便のことを指します。血便は次の3種類があります。

便のところどころに少量の鮮血が付着している
→血が真っ赤なのは、出血して間もないため。肛門に近い所から出血が起きている証拠です。
粘血便
→粘血便とは、大腸から分泌された粘液と血液が入り混じった鮮紅色、暗紅色、ピンク色の便です。大腸から出血が起こっています。
タール便
タール便とは、コールタールのような黒く粘り気のある便のことです。胃、小腸から出血しています。小さじ2杯分より多い出血があると、変色した血液の影響で便そのものが黒っぽくなります。

血便の特徴は出血箇所や原因によって異なります。血便の原因はさまざまで、 血便と紛らわしい健康な便、血が混ざるものの比較的安全な便、病気が原因で起こっている危険な血便があります。

乳幼児の血便は、次に挙げる原因によって起こりやすくなっています。

赤、または赤に近い血便 黒っぽい血便
あまり心配いらない血便
  • 裂肛(切れ痔)
  • 赤い食べ物
    (血便と間違えやすい)
  • 鼻出血
  • 抗生物質の服用
    (血便と間違えやすい)
心配な血便
  • 出血性腸炎
  • 腸重積症
  • 炎症性腸炎
  • メッケル憩室
  • 重複腸管
  • 腸回転異常症
  • 胃十二指腸潰瘍
  • 胃食道逆流症

中には意外な理由で起こる血便もあれば、あまりなじみのない名前の病気が原因で起こる血便もあります。安全な血便、危険な血便の原因となっている病気について一つずつチェックしていきましょう。

ホッ!子供が元気なら問題なし!あまり心配いらない血便

あまり心配いらないのは、内臓からの出血や腹痛を伴わない便です。中には血便に見えても血液が混じっていない場合もあります。

血便ではない便:食べ物

褐色の便に赤いものがところどころに混じっている場合は、よく見ると赤い食べ物が消化されずに便に混ざっているだけという場合があります。

トマト、赤いパプリカ、スイカ、にんじんなどは赤いので、一瞬ドキッとします。赤い色の食べ物を食べさせなかったか思い出してください。子供に腹痛や下痢がなくケロッとしていたら、血便ではないので問題ありません。

血便ではない便:抗生物質の服用

薬を飲んでいる時は、薬の成分または薬の成分による反応で便の色が変化する場合があります。

子供の風邪薬に出されることの多い抗生剤セフゾン(セフジニル)は、服用後に成分が反応して赤黒い便が出やすくなることで知られます。

薬を飲み始めてから便の色が変わって気になる場合は、医師か薬を処方した薬剤師に相談すると安心です。

あまり心配いらない便:鼻出血

子供が鼻血を出した後、飲み込んだ血液が便に混じって黒っぽい便が出る場合があります。鼻血が止まって黒っぽい便も出なくなれば、心配いりません。

鼻の粘膜は出血しやすく、子供は鼻をほじったりかんだりする刺激でよく鼻血を出すものです。鼻血が出た時は鼻の穴の入り口から1㎝までのところをつまんで強く圧迫すると、鼻血が止まりやすくなります。

ただし鼻血を頻繁に出す場合は、血管の病気など何か原因が隠れている可能性があるので耳鼻科を受診してください。

あまり心配いらない血便:裂肛(切れ痔)

子供の血便で最も多いのが、裂肛による出血です。裂肛とは肛門の皮膚や粘膜が切れてしまう外傷です。「切れ痔」という呼び名のほうががおなじみです。

褐色の便の表面に赤い血液が付着している場合は、裂肛の可能性が高いです。原因は便秘で、太く硬い便が出る時に肛門の皮膚や粘膜が裂けてしまうために傷ができてしまいます。

裂肛になるとお尻が痛いので、子供が排便するのを怖がって便秘が悪化し、ますます便が硬くなって排便が辛くなってしまう悪循環が起こりがちです。

便やトイレットペーパーに赤い血液が少量付着している場合は、小児科を受診して痔専用の軟膏を処方してもらいましょう。傷は薬を塗ることで治っていきます。

併せて便秘も治さなければなりません。子供のお通じが毎日ない場合は、市販の小児用浣腸を試して早く便を出してやります。家庭で浣腸をするのが難しい場合は迷わず小児科を受診して浣腸をしてもらうことをお薦めします。

便秘の解消に効果が期待できるオリゴ糖を手軽に摂取できる食品を活用するのも手です。「オリゴのおかげ」なら消費者庁許可、特定保健用食品「トクホ」なので小さいお子様にも安心してお使いいただけます。

「1週間以内に効果を実感」90%、「続けて購入したい」93%!大切なお子さんにこそ使ってほしいオリゴのおかげでおなかをすこやかに


オリゴのおかげ商品イメージ

便秘の予防として、食物繊維が豊富な食事と十分な水分を与えます。食物繊維は野菜、果物、豆類、きのこ類に多く含まれています。

野菜が苦手な子供には、食べやすく食物繊維の多いおから、豆類、大麦や雑穀の入ったご飯がおすすめですよ。おやつには便通を良くするヨーグルトを。

子供の心配な血便:大人だけではない「胃十二指腸潰瘍」

幼児以上の年齢の子供が腹痛を訴えてタール状の血便が出ている時は、胃十二指腸潰瘍にかかっている可能性が考えられます。

胃十二指腸潰瘍は、胃または十二指腸の粘膜が胃酸や消化酵素の刺激でただれ、出血や痛みを起こす病気です。

大人の病気というイメージもありますが、子供にも意外と多いのです。また、それほど多くありませんが乳児も胃十二指腸潰瘍にかかることがあります。

胃十二指腸潰瘍の症状

大人と同じようにみぞおち(右上腹部)の痛み、下血、出血に伴う貧血がみられます。

胃潰瘍は、空腹時または食後に強い腹痛が起こりやすいのが特徴で、タール状の血便を伴います。何度も嘔吐して時に吐血してしまう場合もあります。

十二指腸潰瘍は、空腹時に背中やみぞおちが痛むのが特徴で、吐き気やタール便を伴います。

年齢が上がってくると、痛む場所をみぞおちに限定して訴える場合もあります。しかし小さな子供は言葉で適切に症状を訴えることができないので、虫垂炎や急性の腸炎など嘔吐や腹痛を伴う似た病気と間違えないようにする必要があります。

胃十二指腸潰瘍の原因

子供の胃十二指腸潰瘍の主な原因も大人の場合とほぼ同じで、

  • 心因性のストレス
  • 薬剤の刺激
  • ピロリ菌の感染

などが挙げられます。

特にピロリ菌との関連性が示唆されており、胃潰瘍が見つかった子供で40~50%、十二指腸潰瘍が見つかった子供で80~90%ということが分かっています。

また幼児以上の年齢の子供には、心因性のストレスで起こる胃十二指腸潰瘍も増えてきています。新生児は、生まれる時に受ける肉体的なストレスが原因となる場合もあります。

胃十二指腸潰瘍の治療法

腹痛とタール便を確認したらすぐ受診させます。潰瘍が進むと胃や十二指腸に穿孔(穴)ができ危険なので、子供が苦しんでいる時は至急病院へ搬送しなければなりません。

造影検査で潰瘍が認められたら、抗生剤、胃酸を抑える薬などを投与して症状をしずめます。大出血や穿孔を伴う重症の胃十二指腸潰瘍は、輸血や緊急手術が必要です。

ピロリ菌検査で陽性反応が出た場合は、必ずピロリ菌の除菌も行います。

一般に胃十二指腸潰瘍は再発しやすい病気ですが、子供の場合はピロリ菌の除菌に成功すると再発する確率がかなり低くなります。

子供の心配な血便:食中毒で起こる「出血性腸炎」

下痢に血液が混じり、激しい腹痛や嘔吐を伴う場合は、食中毒(細菌性腸炎)による「出血性腸炎」を引き起こしている可能性が考えられます。

たいていは一緒に同じ食事をとった人にも同じ症状が出るため、原因がなんらかの食中毒だということは容易に判断できます。

食中毒にはウイルス性と細菌性があり、軽い食中毒の多くはノロウイルス・ロタウイルスなどウイルス性のものです。ウイルス性腸炎で腸から出血することはほとんどありません。

一方、血便を伴うような症状の激しい食中毒は細菌性です。便に混ざる血液は、細菌が出す毒素が腸に炎症を起こした時の出血によるものです。

血便を伴う食中毒には、主に次のようなものがあります。

病名 原因菌 主な感染源
カンピロバクター食中毒 カンピロバクター 生の鶏肉、井戸水
腸管出血性大腸菌感染症 腸管出血性大腸菌
(O-157など)
家畜の糞便・生肉
サルモネラ食中毒 サルモネラ属菌 卵、肉、加工食品

カンピロバクターはノロウイルスに次いで食中毒を起こしやすい細菌です。厚生労働省によると、平成27年の食中毒者はノロウイルスで約1万4千人、カンピロバクターはで約2千人と報告されています。死亡者は出ていません。

サルモネラ・腸管出血性大腸菌による食中毒は滅多に起こりませんが、命に関わることもある危険な食中毒事故です。

出血性腸炎の症状

乳幼児が出血性大腸炎にかかると、激しい下痢と強い腹痛、嘔吐、高熱がみられ、細菌の出す毒素が腸管に炎症を起こすために出血して水溶状の粘血便が出ます。

また下痢と嘔吐が続くために脱水症状を伴うことが多くなりますが、乳幼児は脱水症が重くなりやすいので注意が必要です。

O-157の感染例で知られる腸管出血性大腸菌感染症は激しい血便を伴います。腎障害や肝機能障害、敗血症などの重篤な合併症を引き起こし、死に至る場合もあります。

出血性腸炎の原因

細菌性腸炎は、細菌に汚染された食べ物を食べることで発症します。ほとんどのケースが、加熱不十分な肉や内臓からの感染です。特に夏場に食中毒事故が多発します。

出血性腸炎の治療法

食中毒の特効薬はなく、基本的には下痢を繰り返すことで細菌やウイルスを排出させ自然に回復するのを待つしか治療法がありません。

子どもの出血性大腸炎は症状が重いので、基本的には入院して、抗生物質による殺菌、点滴による脱水の予防が必要になります。
子供が飲食店で肉料理を食べる時は、しっかり加熱された物だけを選んで食べるのが安心です。

子供の心配な血便:幼児や若者に増えている「炎症性腸炎」

幼児以上の子供や若い人に増えているのが、下痢や腹痛の続く「炎症性腸炎」です。

炎症性腸炎とは、腸に炎症が起こる病気の総称で、その種類には「クローン病」「潰瘍性大腸炎」などがあります。

クローン病は、腸の粘膜になんらかの異常があるために慢性的な炎症が続く病気、潰瘍性大腸炎は、大腸に潰瘍が繰り返しでき、次第に大腸全体が潰瘍に侵されて行く病気です。

炎症性腸炎の症状

炎症性腸炎にかかると、腹痛を伴う下痢、粘血便が続き、症状が良くなったり悪くなったりします。

また症状が長く続くと、腸が持つ免疫や栄養を吸収する機能が低下するため、体重減少、倦怠感、発熱などの全身症状を伴うようになります。

クローン病と潰瘍性大腸炎はよく似ていますが、潰瘍性大腸炎は大腸に炎症が起こるのに対し、クローン病は口腔、肛門、皮膚など全身に炎症が起こるといった違いもあります。

炎症性腸炎の原因

炎症性腸炎の原因ははっきり分かっていませんが、遺伝による免疫異常に食生活やストレスも関係して起こっているのではないかと考えられています。

炎症性腸炎の治療法

ほかの腸炎とまぎらわしいのですが、長期にわたって下痢や腹痛が繰り返される子供は、一度かかりつけの小児科に診察してもらうことをおすすめします。

炎症性腸炎の疑いがある場合は、内視鏡検査やX線造影などの検査を行い、腸の状態を確認することで診断することができます。

治療ではなるべく腸に負担をかけない消化の良い食事に切り替え、薬で炎症を抑えます。症状が強い場合は絶食や入院治療が必要になります。

炎症性腸炎は根気良く向き合う必要のある病気ですが、適切な治療を受けることで元気に過ごすことができます。

炎症性腸炎のはっきりした予防法はありませんが、体の抵抗力を保つために規則正しい生活をさせることがのぞましいです。

子供の心配な血便:成長で治りやすい「胃食道逆流症」

子供の便がタール状になることがあり、食欲不振や気管支の症状がみられる場合は「胃食道逆流症」を引き起こしている可能性も考えられます。

胃食道逆流症とは、食道に逆流した胃酸が食道を刺激して炎症を起こす病気です。食道に炎症が起こって出血し、便に血が混ざります。

大人には胃食道逆流症の一種「逆流性食道炎」が増えてきていますが、子供にも胃食道逆流症がしばしば起こります。

通常、胃は胃の内容物が食道に逆流しないよう、食事をしていない時は胃の入り口(噴門)の筋肉を収縮させて閉めることができています。しかし胃の入り口が閉まりにくくなっていると、容易に胃の内容物が逆流してしまいます。

胃食道逆流症の症状

主な症状は胃と気管支の不快感で、次のような症状が出やすくなります。

  • 腹痛がある
  • 食欲不振
  • げっぷがよく出る
  • 喉が痛い
  • 原因の分からない咳が慢性的に続く
  • 物が飲みにくくなる
  • タール便の出ることがある

咳や喉の痛みは胃酸が喉のほうまで上がってくるために起こります。胃酸の逆流が繰り返され食道の炎症が強くなると、血便が出るようになります。

胃酸の逆流を繰り返すと逆流性食道炎に移行して食道に潰瘍ができ、食べ物が飲み込みにくくなってしまいます。また出血によって貧血が起こると成長を阻害するおそれも出てきます。

胃食道逆流症の原因

子供は食道括約筋が未発達で胃の内容物が逆流しやすいことが原因です。

また大人の場合と同じで、肥満によってかかる腹圧や喘息の咳き込み、心因性ストレスによる胃酸過多などが原因で胃酸食道逆流症を引き起こす子供もいます。

胃食道逆流症の治療法

乳幼児に起こる胃の内容物の逆流は、成長と共におさまってくる場合が多いです。

症状の軽い場合は特に治療をしないで、食事のとり方をコントロールしながら経過を見る場合もあります。

治療には胃酸の分泌を抑える薬が投与されるほか、必要に応じて噴門を形成する手術が行われる場合もあります。

子供の慢性的な咳や発育不良の原因が胃食道逆流症だった、というケースも少なくありません。思い当たる症状があれば、かかりつけ医に相談しましょう。

子供の心配な血便:先天性の小腸の病気「メッケル憩室」

急に痛みのない血便が大量に出たら、その原因は「メッケル憩室」という先天性の病気の可能性が考えられます。

メッケル憩室とは、小腸の一部にできた憩室という袋のこと。憩室は腸管から外に向かって突き出るように形成された袋で、それ自体は悪いものではありません。「憩室炎」という憩室の炎症が起こると、下血や腹痛などの症状を引き起こします。

通常、憩室は大腸にできることが多く、小腸の憩室は100人に1~2人程度の割合でみられます。メッケル憩室があっても無症状のことが多く憩室がある人の約20%の人に炎症が起こります。

メッケル憩室は下血などの症状によって5歳くらいの幼児に見つかることが多く、女の子より男の子に2倍多くみられます。

メッケル憩室の症状

メッケル憩室の症状には次のような特徴があります。

  • 腹痛を伴わない大量の下血が起こる
  • 血便の色は鮮紅色、暗紅色のこともあればタール状のこともある

注意したいのは、メッケル憩室が原因で起こる腸重積や腸閉塞などの重篤な合併症です。

強い腹痛、嘔吐、イチゴジャムのような鮮血便といった激しい症状が起こった場合は、腸重積や腸閉塞を引き起こしている可能性が非常に高いので至急病院へ搬送しなければなりません。

メッケル憩室の原因

メッケル憩室は、胎児期に消えてなくなるはずの管が残るために起こる、小腸の奇形です。

メッケル憩室の中は、一部が胃粘膜になっているため、憩室から胃酸が分泌されて腸に潰瘍を作ると急に大量出血を引き起こします。

メッケル憩室の治療法

腹痛の有無にかかわらず大量の出血が起きた場合は重度の貧血につながり危険なので、すぐ受診しなければなりません。

メッケル憩室が疑われる場合には、放射性医薬品を使った「シンチグラフィ」という検査を行います。炎症を起こしている場合はメッケル憩室を切除します。
メッケル憩室があっても一生気付かずに過ごす人もいます。特に無症状の場合は憩室が見つかっても切除しません。

子供の心配な血便:ジャムのような血便が特徴の「腸重積症」

乳幼児が時々激しく泣いてはケロッと泣き止むことを繰り返し、イチゴジャムのような粘血便が出た場合は「腸重積症」を引き起こしている可能性が高いです。

腸重積症は腸の一部が内側にめりこんで重なり、その部分から先に血液が巡らなくなるため、最悪の場合は腸が壊死してしまう危険な病気です。

幼児にも見られますが、ほとんどは生後6ヶ月~1歳頃の赤ちゃんに起こり、女の子より男の子のほうが2倍かかりやすいのが特徴です。500人に1人の割合で起こる病気です。

腸重積症の症状

腸重積症には特徴的な症状があります。気付いたら子供をすぐ病院へ連れていきましょう。

  • 赤ちゃんが急に不機嫌になって泣き叫び、泣き止むとケロッとする状態が続く
  • 嘔吐する
  • 風邪のような症状がある
  • イチゴジャムのような真っ赤な粘血便が出る
  • お腹の上から右の腸の一部がソーセージのように膨れているのが分かる

粘血便が出るのは重積が起こっている部分に炎症が起き、血管が破れるためです。時間が経過すると腸閉塞や腹膜炎を起こして命に関わる可能性が出てきます。

腸重積症の原因

原因ははっきり分かっていませんが、ウイルス感染やメッケル憩室、ポリープなどによって発症すると考えられています。

腸重積症の治療法

緊急治療が必要です。

発症から24時間以内なら、腸に空気などを送り込んで重積している部分を元に戻す整復治療が有効です。腸が壊死している場合、整復治療が効かない場合は炎症の起きている部分を切除してつなげる手術が必要になります。

整復治療が成功した後も再発することがあるので、しばらく入院して様子を見ます。

子供の心配な血便:先天性の消化器の病気「腸管重複症」

腹痛、下血を伴う病気には「腸管重複症」という先天性の腸の奇形が原因になっている場合もあります。非常にまれな病気ですが、特に2歳以下の子供に見つかりやすいので、この病気の存在は知っておいていただきたいと思います。

腸管重複症は、生まれつき消化器官のどこかに袋や管状の余分な腸が重複してくっついている病気です。腸に限らず消化器官のどこにでも発生しますが、回腸(小腸と大腸の境目)に多く見られます。

重複した腸は正常な消化器と同様に消化液を分泌しますが、中には正常な消化器とつながっていないものがあり、行き場のない消化液が溜まって腫れた時に正常な消化器を圧迫して、炎症を起こすことがあります。

腸管重複症の症状

腸管重複症は、下血、腹痛、嘔吐といった腸の炎症に伴う症状を引き起こしますが症状は多彩で、他の腸の病気ともよく似ているので、すぐに腸管重複症と診断することは難しいようです。

腸管重複症の原因

胎児の消化器科が形成される段階で、何らかの異常が起こるために重複した腸が発生します。

腸管重複症の治療法

開腹手術をしてみるまで発見しにくい病気なので、シンチグラムやCT・MRIなどの検査で慎重に診断していきます。

根本的な治療法は、重複している腸の切除です。切除が難しい場合は重複した腸と正常な腸をつなげる手術などが行なわれます。

子供の心配な血便:腸がねじれやすい「腸回転異常症」

まれなケースですが、乳児の血便と嘔吐は、先天性の病気「腸回転異常症」が原因で起こる場合があります。この病気を生まれ持っている子供は腸の一部がねじれやすくなっており、腸捻転を起こすと腸の広範囲が壊死しやすいため、注意が必要です。

腸回転異常症を持つ人の80%は、生後1ヶ月以内に腸がねじれる「中腸軸捻転」が起こって病気が発覚します。幼児期まで無症状の場合もあります。

腸回転異常症の症状

普段は無症状で中腸軸捻転が起こった時に症状がみられます。また腸捻転によって腸の血流が滞るので、腸が壊死して血便が出るようになります。急に嘔吐を繰り返し、強い腹痛を伴います。

腸回転異常症の原因

先天性の病気です。胎児の時に小腸が正しい位置に固定されなかったために発症します。

腸回転異常症の治療法

腸回転異常症の根本的な治療法は、手術でねじれにくい小腸に形成することですが、無症状の場合は治療を急ぎません。

怖いのは中腸軸捻転が起きた時です。中腸軸捻転が起きたら、壊死の起こっている部分を切除して正常な腸をつなぐ処置が優先されます。

腸の壊死は進行するので、症状に気付いたら一刻も早く病院へ搬送する必要があります。

すぐ受診?様子を見る?子供の血便が出た時の適切な対処は

急に子供が下血すると保護者もびっくりしてしまい、どう対処すれば良いのかわからず戸惑ってしまう場合が多いものです。事前に適切な対処法を頭に入れておくと、いざという時に安心です。

便の状態は体の異常をストレートに示すバロメーターですが原因はさまざまで、救急治療が必要な場合と受診を急がなくて良い場合があります。

公益社団法人 日本小児科学会が発行している「こどもの救急」で公開されている「ウンチが変な場合」の受診の目安が参考になります。


次に挙げる症状のいずれかに当てはまる場合は、救急外来または小児科外来を受診してください。

小児科外来
(診察時間内)
  • 赤っぽい便が出る。
    (現在、抗生物質や粉ミルクを飲んでいる)
  • 便の周りに新しい血がついている。
    トイレットペーパーに糸を引いたような血がつく。
  • 肛門を痛がる。
  • ウンチをした後に、便器に血がついている。
救急外来
  • 黒い海苔状の黒くて粘っこい便
  • コーヒーのカスが入り混じったような便
  • イチゴジャムのような便が出る。
    お腹も痛そうで機嫌が悪い。
  • 真っ赤な血が混じっている便が出る。
    明らかな血便が出る。
  • 白っぽい便が出て、皮膚や白目が黄色っぽい。
  • クリーム色の下痢便が出る。
救急外来や救急車の搬送を利用すべきか迷う場合は、小児救急電話相談に相談することもおすすめします。ダイヤルは #8000 です。

子供の病状を適切に伝えましょう

子供を病院に連れていく場合(救急車で搬送する場合)には、子供の病状を医師に適切に伝えることも大切です。乳幼児は自分で症状を訴えることができないので、保護者がなるべく細かく観察し、医師に詳しい情報を伝えましょう。

症状をメモしておく
慌ててしまうと、問診の際に子どもの病状をスムーズに伝えることができなくなってしまうことがあるので、受診前に子どもの病状をなるべく細かくメモして病院に持参します。

  • いつ血便に気付いたか
  • 排便回数
  • 便の色・柔らかさ
  • 腹痛の有無
  • その他の症状(発熱・嘔吐など)
  • 周囲に同じ症状の人がいないか
  • 食事の内容

など

便を取っておく
便は診断の貴重な手掛かりになります。便の状態は口頭で説明するより医師に直接診てもらうことがのぞましいです。

オムツの場合は袋に入れて密封し持参します。水洗トイレの場合は便が採取できないので、写真に撮ったり血便のついたトイレットペーパーを袋に入れて持参すると、診断の参考になります。

救急車を呼んだ場合は、救急隊員にチェックしてもらうため、水洗トイレを流さず、便をそのまま残しておきます。

吐しゃ物を取っておく
嘔吐した場合も、吐しゃ物を袋に密封して持参します。

子供は心配ない血便が多いけど、血便+腹痛や嘔吐は危険!

子供の血便は、血便と似ている安全な便も含め心配ないケースのほうが多いのですが、 判断が難しい場合に保護者が「安全or危険」と特定することはおすすめできません。

子供が元気にしていて血便が出なくなればあまり心配いりませんが、子供の様子が少しでもおかしいと感じる場合は、必ず受診させましょう。血便に腹痛や嘔吐があれば、一刻も早く治療を受けてください。

また子供の便の異常はすぐ察知できるよう、日頃から子供の便、健康状態をこまめに観察していくこともおすすめします!
キャラクター紹介
ページ上部に戻る