TOP > > 爪を噛む癖は意外に危険?自力で治すにはハンドクリームが効果的

爪を噛む癖は意外に危険?自力で治すにはハンドクリームが効果的

爪を噛む癖をお持ちですか?もしくは、噛んでしまっているのに気付いていますか?健康な爪を噛んでしまうのは、実は自傷行為の一種。噛まずに済むなら噛まないのが一番ですが、ストレスや不安によってつい噛んでしまうという人も多い筈。綺麗で健康な爪を維持する為に、試せる方法を試してみませんか。

噛み爪、悪化すると<咬爪症(こうそうしょう)>になる危険性!

咬爪症とは、噛み続けた所為で爪が変形してしまった状態。ひどくなると爪の長さが失われてしまい、深爪などを併発させる可能性が高まります。組織がもろくなり小さくなった爪はささくれが出来やすく、細菌に感染しやすくなるなど、見た目以上に良く無いリスクを抱えてしまう事になります。

爪は成長が早い為、噛むのをやめて刺激を与えなければ時間をかけて元の健康な爪に自己修復します。爪を噛む癖のある人はそれがいつまで経っても修復されません。手袋をしたり、爪を隠す工夫をして爪を噛まない様にするのが一番です。

ハンドクリームで治せる咬爪症、好きな香りでリラックス効果も

無意識に噛むのを防ぐ為には、香りや味に変化があると効果的です。好きな香りのハンドクリームを手や爪に塗り、口に含んだ時にわかる様にしましょう。同時に香りによるリラックス効果が期待出来ます。

男性であれば、メントール系のリップを爪に塗るのもお勧め。同時に唇に塗っておけば、違和感を覚えて癖に気がつく事が出来ます。

男性だからと爪のケアを怠りがちな方も、爪を噛むのは不潔な行為である、という意識を持つ事が大切です。女性の場合はマニキュアを塗ったり、トップコートを塗っておくだけでもかなりの効果があります。「噛まない癖」を、作りましょう。

ページ上部に戻る