TOP > 咬爪症

ついつい噛んじゃう、咬爪症

子供の頃からの癖でやめられないものの一つに、爪を噛む、というものをあげる人は少なく無いと思います。この爪を噛む癖、専門的には咬爪症というのですが、実際にやめるにはどうしたらいいのでしょうか。

咬爪症とは

爪を噛む癖にも症状としての名前が付いているように、多くの人がこの咬爪症に悩んでいます。
咬爪症とは爪をかんでしまうので、爪ががたがたになってしまったり、深爪をしてしまって感染症などの可能性が出てきてしまうので、できる限りやめておいたほうがいいのは間違いありません。

しかし咬爪症というのは単純な癖なので、それをやめるのは我慢すればいいと考えている人も多いかもしれません。確かに子供の頃に親や先生から無理矢理強制されるということもあるかと思いますが、おとなになっても続いてしまう人もいます。

咬爪症の原因と治し方

咬爪症の癖自体は多いけれども、その原因というのは考えられたことがあまりないと思います。単なる癖であり、それには原因などないと考えている人も多いようですが、中には心療内科にかかることによって治る可能性がある人もいます。

こういった爪を噛む癖というのは何らかの代替手段になっていて、なにかを我慢する代わりにそれを爪を噛むことで解消しようとしている場合があります。ですので、その元となる我慢をしていることを開放してあげることで、爪を噛まなくなる可能性があるのです。

こうすれば咬爪症にもう一度なるという可能性は低いでしょう。子どものうちに治すことが出来た人はかまいませんが、おとなになってもまだ癖が抜けないというのであれば、一度診てもらうのがいいかもしれません。

・咬爪症を治すには?
爪を噛む癖は意外に危険?自力で治すにはハンドクリームが効果的

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る