TOP > > うつ病とは違う双極性障害の症状とは?向き合いコントロールする方法

うつ病とは違う双極性障害の症状とは?向き合いコントロールする方法

躁鬱の女性

双極性障害とは「躁期(そうき)」と「欝期(うつき)」を行き来する病です。

この山と谷の差を小さくすることで、欝期の辛さを軽減する事が出来ます。日常生活に支障が出ないように適切な薬を服用し、上手くコントロールしていきましょう。

うつ病とは違う双極性障害の症状

躁の状態では露見しにくく、欝の状態ではうつ病に類似の症状が出る「双極性障害」は「うつ病」と診断されてしまう場合があります。誤診を避けるためにも症状をきちんと把握し、診察の際にきちんと説明出来るようにしましょう。

双極性障害の特徴は、気分が高揚している躁期と、うつ病と非常に似た症状が出る鬱期を交互に繰り返す点にあります。躁期の特徴としては、以下のような言動が見受けられます。

  • 気分が高揚している
  • 楽観的な気分になる
  • 攻撃的になる
  • 建設的な考え方になる
  • 饒舌になる

それに対して鬱期の特徴は、上記と真逆の言動となります。

  • 気分が消沈している
  • 悲観的な気分になる
  • 無気力状態になる
  • 非建設的な考え方になる
  • 無口になる

躁期においては当人が双極性障害であると自ら気付くのは難しい為、鬱期にうつ病として病院へ掛かってしまうケースが多いと思われます。

前述したように、自らが双極性障害であると気付くのはとても難しい事です。しかしながら、一緒に暮らしている人がそれに気付くのは、それ程難しくはありません。

うつ病と同じ症状があると自覚出来たなら、それ以外の期間について自分に躁期のような言動があるか、家族や友人に聞いてみて下さい。

また、家族にうつ病と同じ症状が見られたなら、それ以外の期間について当人にに「躁期」のような言動があるか、思い返して下さい。該当するのであれば、病院へ掛かる際は第三者からの視点で医者へ説明する為に、症状を理解している人を同伴しましょう。

「躁期」に気を付ける事とは

躁期では自分が全くの健康状態と変わらない為、薬の服用を怠り勝ちですが、定期的な服用は必ず必要です。絶対に自己判断で服用を止めないようにしましょう。気分は高揚し何でも出来るような気分になる為、仕事も遊びも無理し勝ちです。

人によっては、何日も徹夜で働き続けても苦にならない場合もあります。しかしながら、このオーバーワークは身体だけでなく、脳にも負担を掛けてしまいます。要は、脳が疲れてしまうのです。

そして疲れた脳が、鬱期をますます辛く重くさせてしまいます。鬱期がどのようになるかは躁期の過ごし方に掛かって来るのです。

ですので仕事だけでなく、長期休暇ではしゃぎ過ぎてしまうと鬱期になった時に長引かせてしまう傾向があります。仕事も遊びも節度を持って、無理をせず計画的に楽しみましょう。

「鬱期」をやり過ごすには

鬱期は人と関わるのが煩わしく思え、無気力になります。人によっては、登校や出勤が不可能になってしまう場合があります。この場合は無理せず、休めるのであれば体調不良として休んでしまいましょう。登校・出勤する必要がある場合は必要最低限の事だけを行い、早く帰宅して下さい。

そして自分が普段楽しいと思う事やリラックス出来る事を重点的に実施しましょう。

  • お気に入りの珈琲屋に行く
  • 好きな曲を掛ける
  • 美味しい物を食べる
  • コメディを観る など…
鬱期は疲労が蓄積されているように感じますが、過度の睡眠は逆効果になりますので避けて下さい。辛い時期は必ず過ぎ去ります、脳は落ち込んだ状態が続く事を良しとしないものです。

少しして気分が上向いて来たら、日常生活に戻りましょう。

双極性障害に気付いたら?治療は安定剤の服用

現時点では精神安定剤の服用以外に対処法はありません。医療機関(心療内科・精神科)へ診察に行きましょう。その際、必ず医師に躁状態の説明を行い、双極性障害である可能性が高いことを述べて下さい。

処方された薬は用量・用法を守って、正しく服用しましょう。また数日間の服用後、身体において何らかの不具合な点が見受けられる場合は、直ぐに医師の診断を受けて下さい。

胃酸過多で胃痛持ちの人は、その症状を和らげる為に胃薬を服用します。身体の機能が上手く働かない時に、その助けとして薬を服用するのは普通の事です。

それと同じように、脳からの神経伝達が上手く働かず精神に不調を来たすのであれば、その助けとして薬を服用するのは当たり前なのです。

双極性障害の人が周りにいる場合の接し方

双極性障害の原因について詳しい事は判明していませんし、また何も知識を持たない人たちにこの病について理解してもらうのは、非常に難しい事です。双極性障害で苦しんでいる人が身近にいるのであれば、どうかあなたが一番の理解者になって下さい。

双極性障害の人は躁期では怒りっぽいので、その際何か気に障った事をしたのではないかと思い悩んでしまうかもしれません。でも自分が気にする1/10程も、当人は気にしていないものです。寧ろ怒ったりした事すら忘れていたりします。

相手の気に障るような言動を避ける事は勿論ですが、理不尽に怒られたとしても「今はそういう時期なんだな」と流して下さい。むかっ腹が立つかも知れませんが、気のおけない間柄だからこそ、そのような態度を見せるのです。

また、双極性障害の人は躁期に調子が良いと感じてしまうので、仕事も遊びも頑張り過ぎてしまう傾向があります。しかしながら前章で述べたように、オーバーワークは鬱期を重くしてしまいます。そうならない為にも仕事っぷりや遊びっぷりに気を配り、オーバーワークのストッパーとなって下さい。

そしてもし、あなたの大切な人が精神安定剤を服用する事を恥ずかしいと思っているのであれば、それは違うと明言して下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る