TOP > > 温泉好き必見!温泉ソムリエに学ぶ効果的な入浴の仕方

温泉好き必見!温泉ソムリエに学ぶ効果的な入浴の仕方

自律神経へ働きかける入浴

温泉が健康や美容に効果的であることは知られているところですが、その泉質や入浴の仕方によって効能は様々です。症状や目的に合わせて温泉を有効に活用しましょう。

まず、熱いお湯とぬるいお湯につかることでは、効能は全く違います。就寝前にぬるいお湯に入浴すれば副交感神経に作用し快眠を促す効果があります。

逆に、熱いお湯につかることで、やる気スイッチが入り、交感神経に働きかけます。交感神経と副交感神経のバランスは、身体的にも、精神の安定を図る上でもとても重要なことです。

また、温泉で水風呂とお湯に交互に浸かっている人を見かけますが、これを「温冷交代浴」といい、風邪予防や美肌効果、自律神経のバランスを整える作用など色々な効果が期待できます。

泉質により効果は様々

治療効果のある温泉水は、療養水と呼ばれます。泉質は9種類に分類されます。炭酸泉、炭酸水素泉、食塩泉、硫化塩泉、鉄泉、硫黄泉、酸性泉、放射能泉、単純温泉などです。

持病があったり、気になる体質などがあれば、どの泉質に入るべきかを調べて温泉に出かけましょう!ネットでも温泉の泉質と効能について載せてあるサイトは色々あります。

女性なら気になる、美人になれる泉質というのは、弱アルカリ性単純泉のものです。岐阜県の下呂温泉が代表的ですが、静岡の伊豆高原温泉、愛媛県の道後温泉などもあげられます。

温泉ソムリエ!?

美容や健康のためにと、ただ近くの温泉に毎日入っているだけでは、もしかしたら貴方の期待する効果はでないかもしれません。その目的に合った温泉で、正しい入浴の仕方を身につけておくと、もっと温泉を楽しめるようになるでしょう。

温泉業務に携わる人の為にと発足された温泉に関する専門知識や正しい入浴法を勉強して資格をとった人を温泉ソムリエといいます。

この資格があれば、美容と健康の為にどの温泉を選ぶべきかがわかり、とても役に立ちます。資格取得は1日でできますし、内容は大好きな温泉のことというだけあって、人気の高い資格です。温泉好きの芸能人などでも、この資格を持つ人は結構多いそうです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る