TOP > > 心臓に負担をかけがちな冬の入浴。不調を起こさない入浴のしかた

心臓に負担をかけがちな冬の入浴。不調を起こさない入浴のしかた

ちょっと怖い話になりますが、お風呂で倒れている人がどれくらいいるか知っていますか?なんと、一年間に1万数千人の人が入浴中に亡くなっているのですが、そのほとんどが冬に集中しています。冬こそ温かいお風呂にゆっくり浸かりたい季節なのに、なぜそんなことが起こるのでしょう。

お風呂の中で何が起きている?

冬の入浴の流れを思い出してみましょう。まず、暖かなリビングや自室から、お風呂に行こうと部屋を出ると廊下や脱衣所はぐっと冷えていますよね。寒い寒いと脱衣所に駆け込んで、そこで体温を守っていた衣服を全部脱ぎます。ここで寒さのあまり鳥肌が立つ人もいるのではないでしょうか。

このとき、体は急激に冷えていきます。あっという間に体温が奪われてしまい、かけ湯もそこそこに湯船にざぶんと浸かってしまう人もいます。さて、体温の変化は一体どれくらい起きているのでしょうか。

日本人の平均体温は約36.2℃と言われています。廊下や脱衣所などの冷えた空気は、場所によって異なりますが10℃を下回る場合も多いものです。そこで服を脱ぐわけですから体の表面はかなり冷やされます。

そのまま40℃を越す熱い湯に飛び込んだらどうなるでしょう?熱いお湯が好きだからと冬場には45℃を越える設定にしている人もいますが、これでは体に良いどころか、自分を痛めつけているようなものと言えます。

入浴=全身の血行が良くなる、だけではないケースがある

健康な人の正しい入浴であれば、全身の血行が良くなって体が温まるので良い効果があるのですが、例えば熱めのお湯が好きな人では、冷えた体が温度差の大きな湯に急に浸かることで、血が体の表面に集まってしまいます。

そうすると、脳や心臓といった大事な器官に、必要とする血が回り切れずに足りなくなるケースが起きるのです。これがお風呂で突然倒れる理由です。

体に良いお風呂の入り方

不調を起こさない入浴のしかたがあります。

脱衣場と浴室の温度差をなくす

簡易的なヒーターでも良いので、脱衣場を暖房で温めておきましょう。浴室暖房があれば浴室内も温めて、体の冷えを防ぎましょう。

お湯の適温を守る

入浴に適した温度は40℃までです。前後2℃ほどの誤差は大丈夫ですが、鳥肌が立つほどの熱いお湯に飛び込むのは厳禁です。

半身浴と全身浴を上手に繰り返す

半身浴が好きな人もいれば、全身浴で首までしっかり浸かりたい人もいますが、どちらか片方だけだと体に負担がかかる場合があります。

半身浴はぬるめのお湯でじっくりと長い時間入るのが良いとも言われますが、その間に肩や首が冷えてしまうのに気付かなかったりします。長い時間肩を出す入り方をするなら、お湯で温めたタオルをかけておくなどして冷えを防ぎましょう。

全身浴の場合、首まで浸かって全身が温まる気がしますが、水圧が心臓へかける負担は案外大きいのです。長くつかりすぎると立ち上がる時にふらついて倒れる人もいますから注意しましょう。

一番良いのは、半身浴と全身浴を交互に繰り返すことです。半身浴を数分してから全身浴を数分、というようにすると肩の冷えや心臓の負担も防げます。

水分を補給する

お風呂でかく汗の量は10分で約500ccとも言われます。体内の水分が減ると血がドロドロになって詰まりやすくなりますから、水分は入浴後だけでなく入浴前にも摂っておきましょう。コップ1杯の水を入浴前後に飲む習慣をつけると良いですね。

朝風呂には注意する

朝は体が目覚めるのに時間がかかります。血圧も低いままですし、寝ている間に汗もかくので体内の水分は減っています。どうしてもお風呂に入りたい時には軽めのシャワーにするか、血圧が安定するまで小一時間ほど待ってからぬるめのお湯に入るようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る