TOP > 入浴

健康的な入浴とは

入浴とは、体を清潔にするために、お風呂に入ることを言います。お風呂は、体を清潔にすることはもちろん、日常のあらゆるところで知らず知らずのうちについてしまう細菌などを洗い流すことが出来、皮膚炎や感染症を防ぐことにもつながります。

ぬるめのお湯に浸かる、または半身浴をすることは、血行を良くし、ストレスを軽減することが出来る為、ぜひ試していただきたい方法です。ただ、熱いお湯での入浴は、心臓に負担がかかることもあり、おススメできません。

また、食後すぐ、飲酒後、激しい運動をした後、あるいは、高血圧の方、心臓に持病のある方は、入浴する際には注意が必要です。担当医の指示に従った入浴方法で入浴されてください。

こちらのカテゴリでは、正しい入浴の仕方、入浴に秘められた効果、安全な入浴方法、健康によくない入浴方法、などをご紹介しています。

効果的な入浴の仕方とは

温泉はとても気持ち良く、ストレス解消、美容に効果があるとされています。ですが、ご自身の望まれる効果が高まっているかどうかは、その温泉の効能によります。効能をしっかり調べられてから行く先を決められるといいでしょう。

また、効能について学ぶために、一日の研修で取ることが出来る温泉ソムリエの資格もおススメです。資格を取ることで、また別の楽しみ方が出来るようになるかもしれません。

・温泉ソムリエの知識
温泉好き必見!温泉ソムリエに学ぶ効果的な入浴の仕方

入浴はとても気持ちが良く、寒い時期などは、凍えてしまい、硬くなった体をほぐすのには、最適です。ですが、正しい入り方をしなければ、血圧が上がってしまったり、動悸が起きたりと、危険なことを招くことにもなりかねません。

お風呂で体調を壊しては、元も子もありません。正しい入浴の仕方を学びましょう。

・正しいお風呂の入り方
寒い季節こそ効果的なお風呂の入り方で健康を保とう
入るだけではダメ!効果的なお風呂の入り方で体の不調を改善する方法

入浴は、肩まで浸からず、38度くらいのぬるめのお湯に、半身浴がよいとされています。デトックス効果もさることながら、リラックスし、ストレス発散にもおススメです。また、効果を上げるために、香りを加えるのもいいでしょう。

しかも!自宅で手軽に、タダで手に入る、効果抜群の入浴剤をご紹介します。

・自律神経にも効果あり!
入浴健康法!身近なお風呂で体温を上昇させ健康に!
美容効果だけじゃない!半身浴のもたらす3つの健康パワー
冷えや肩こり・腰痛に悩む人におススメ!タダで作れるすごい入浴剤

慣れないうちは、水風呂に長く入るものではありませんが、慣れて来たら、10分~15分と伸ばされるとよいでしょう。血管の収縮を図ることができるので、血行を良くし、お肌の若返り効果があります。アトピーや花粉症の方にも、おススメということですので、ぜひお試しください。

・美しさを保つ!?水風呂効果
暑い夏「水風呂」で乗り越える!水風呂入浴法に秘められた効果とは?

安全に入浴するために

寒い季節、お風呂で倒れられる方が多いことをご存じの方は多いと思います。入浴は気持ちのよいものですが、冬は気温の差があることから、注意が必要です。

衣服を脱ぐ際に、急激な温度差が生まれないよう、脱衣場に簡易ヒーターを置くなどの措置を取られると安心です。また、寒いからといって、熱過ぎるお湯に入らないことも大事です。室内の温度、お湯の温度、水分補給、知識としてしっかり覚えておきましょう。

・体に優しい入浴方法
心臓に負担をかけがちな冬の入浴。不調を起こさない入浴のしかた

健康によくない入浴の仕方とは

温泉が大好きな日本人。旅先などでついついやってしまうことなのですが、それが体調不良につながるということをご存じの方は、どれくらいいらっしゃるのでしょうか?

せっかくだからと何度も温泉に入る、食後すぐに温泉、飲酒後に温泉、熱過ぎる温泉に我慢して入る、などはおススメ出来ません。ご自分の体調を考え、時間を空けながら、ゆっくり入るようにしましょう。せっかくの温泉で具合が悪くなっては、全てが台無しです。

・入浴NG集
温泉大好き日本人!やりがちだけど健康に良くないNGな入り方5つとは

サウナのメリット&デメリット

サウナというと、脂肪燃焼のため、ダイエットのために利用する。という方もいらっしゃるかもしれませんが、実はサウナでは脂肪を燃焼することはないため、痩せることはありません。

一時的に体重が減るのは、汗が体から出たためであり、水分を補給すれば元に戻ります。ですから、暑いのを我慢して長時間入っていても、心臓に負担がかかるだけなので、おススメ出来ません。正しいサウナの利用法を知り、デトックス効果を上げられる利用をされてください。

・サウナの正しい利用法
デトックス効果もあるけどデメリットも?サウナの損しない利用法

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る