TOP > > 取っても取りすぎてもダメ?口臭や病気の原因となる舌苔のケア方法

取っても取りすぎてもダメ?口臭や病気の原因となる舌苔のケア方法

舌が白いのは病気のサイン?舌苔って一体なに?

なにげなく歯磨きのときに舌を見たら「舌の上が白くなってた!」「白っぽい塊がたまっていた(涙)」―あなたにはこんな経験ありませんか?

舌というものはあまり観察する機会がありません。そのため、気づかないうちに見た目に異変が起きていることも・・・。中でもよく起こりやすい変化が、まさにこの「舌が白っぽくなる」現象です。

これは“舌苔”と呼ばれるもので、生活をする上で形成された、いわば“ゴミ”の蓄積物です。ただし元々舌が白っぽい人もいますので、そういった方は白いものが厚く蓄積していないかが舌苔の判断になりますね。

なぜ舌の上にゴミが溜まってしまうのか?そのゴミの原因は本当に様々です。大体以下のようなことが原因だと言われています。

  • 消化器系の不調
  • 薬(副作用、粉薬の付着)
  • 口内環境のケア不足(歯磨きを怠るなど)
  • 体調不良
  • 口内の乾燥(緊張や鼻づまりによる口呼吸など)
  • 病気
  • ストレス
  • たばこ
  • 年齢によるもの
  • 乳製品をよく摂る

このように舌苔ができ上がる原因は沢山ありますので、一度はできたことがあるかも・・・という方は結構多いと思います。特に夜遅く帰ってきて歯磨きもせずに寝てしまったとか、そういった不規則な生活を送っていると口腔内が不潔になり、なおかつストレスも溜まりますし、胃腸の調子も低下して体調不良の原因になります。すると舌苔が出来やすい環境に・・・。

とはいえ少し舌苔が出来ている程度なら支障はありませんが、あまり舌苔が分厚くなるようですと、舌のもさっとした感じが気になるようになり、ご飯を食べても味がよく分からなくなったり口臭が気になるようになります。

酷い時は鏡を見なくても舌の感覚で「あ、舌苔がついてる」とすぐに分かるほどです。意外と舌の感覚は自分で気づきやすく、気になる時は一度確認して、口腔内ケアを行うと良いですよ。

また、舌苔は病気のサインになることもあります。胃腸の不調や風邪といった体調不良はもちろんのこと、ストレスが溜まってるな、疲労がたまってるな、といったことから、自律神経やホルモンのバランスが崩れているな、という目安にもなります。

重大な病気ですと、口や目が乾きやすくなるシェーグレン症候群や糖尿病などの可能性も考えられます。意外と大きな病気のサインにもなりますので、定期的にチェックすると良いかもしれません。

舌苔が多い時は取ってあげるのが良い!正しいケアの仕方を伝授

舌苔は多少の量であれば問題ありません。しかしあまり多く厚くなると、味覚や口臭に影響を与えるので、日常生活を送る上でも気になってきます。何より、他人に白いゴミのついた舌を見せるのが嫌だ・・・という気持ちにもなりますよね。

そんなときは舌苔のケアを行いましょう!ただしあまりにも舌苔をとりすぎると舌を傷つけてしまうため、「慎重に・丁寧に・正しく」行うことが大切です。

ここでは舌苔の正しいケア方法をご紹介していきます。

舌苔の予防方法

舌苔は日頃の生活で予防出来ます。舌苔の成分はゴミですので、ゴミを溜めなければ良いのです。つまり・・・

  • ご飯を食べた後は必ず歯磨き
  • 口腔内は菌が多いので、寝起きは特にマウスウォッシュも

この基本的なことを行えば、体調不良や病気が特になければ防げます。体調不良がある場合は上記に加え、規則正しい生活や胃腸に優しい食事を心がけてみてください。舌苔の発生を防ぐには、喫煙は控えた方が良いでしょう。

舌苔の取り方

舌は非常にナイーブな場所です。そして舌苔は実際に落としてみると分かりますが、意外と取れにくいんです。ですが、あまりにもゴシゴシと取ってしまうと、口内炎の原因になってしまいます。

少しなら舌苔があっても口臭や味覚の原因にはなりませんし、モサモサとした感覚や色も気になりません。舌苔を取る時は多少は残し、舌苔の厚みの上の部分をこそげ取るような感じで、優しく行ってみてください。

舌苔の取り方は以下の通りです。

・使うもの
1)舌専用のブラシor柔らかい歯ブラシor柔らかいスポンジ状のブラシor舌クリーナーグッズ(どれかお好みのものを1つ)
2)マウスウォッシュ
・手順
1)舌を乾燥させると傷つくので、お水で舌を濡らす。
2)選んだグッズで舌を優しく擦る。付け根から舌先へ向かって優しくゆっくりと。この際、舌を乾燥させないように水で口をゆすぎながらやると良いですよ。
3)ある程度取れたらマウスウォッシュで口腔内全体を綺麗に。

道具は薬局でも売っていますし、もし近くの薬局になければインターネット通販が便利でオススメです。健康用品、特に歯の用品を扱うお店に売っています。

掃除のコツは、一回で全部取ってしまおうと思わないこと、少しは舌苔を残すことです。とにかく舌を傷つけずに取るのが一番!定期的にケアをして、少しずつ取っていくと綺麗に取れますよ。舌苔が気になる方は是非お試しください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る