TOP > > 体臭と口臭を体の内側から変えたい人にお勧めの食事とサプリメント

体臭と口臭を体の内側から変えたい人にお勧めの食事とサプリメント

ノネナールを発生させない

ノネナールという物質が加齢臭の原因であることはよく知られています。9-ヘキサデセン酸という物質が分解され、不快臭ノネナールが発生するのですが、係る分解に関与している物質は、脂肪酸、アルデヒド、アルコールフェノール類ですので、それらの化学物質を発生させる、及び含む食品の摂取を控えることが、重要です。

加齢臭だけじゃない

加齢によるノネナール臭だけでなく、ストレスによっても、体の防御反応として知られていることですが、汗や皮脂を過剰に分泌するようになり、その結果体臭が強くなります。汗をたくさんかくこと、及び皮脂の分泌も健康的な新陳代謝ではあります。

しかし体を外敵から守ろうとそれらが過剰に分泌されると、それらが時間の経過とともに酸化し、細菌も繁殖し、悪臭を放つようになります。過剰な皮脂が酸化するだけでなく、汗腺を詰まらせ、汗が皮脂と混ざってしまうことも、加速度的に臭いを強くします。

又ストレスに起因して胃が悪くなり、緊張により唾液分泌が減少することにより、体の内側から口臭を不快臭気にしてしまうことが珍しくありません。それらは総じて疲労臭として認知されています。

悪い関係は解消できるか

入浴の回数を増やし、その際に使用をする石鹸は皮脂をしっかり落とし、殺菌効果もある洗浄剤を使用すること、こまめに着替えをすること、デオドラントシート等で汗を拭きとること、洗口剤を使用することなど、多くの工夫と努力をされている方でさえ、納得できる体臭と口臭の抑制効果を感じられないケースは、珍しくありません。

体臭の原因となる過剰な汗と皮脂の過剰な酸化は、活性酸素による老化の一つであることはもはや周知のことですが、デオドラント製品を使用する等の細かい努力は、体臭を目立たせない効果はあっても、疲労による老化促進と体臭発生という悪い関係を解消する抜本的な解決にはなっていないのです。

運動ではなくストレスで嫌な汗をかき、脂ぎるほど頑張り過ぎる生活は、新陳代謝が活発になっているかのようで、実態は過酸化脂質を作り出すという老化の促進に他ならず、改善した方が望ましい状態にあります。疲労が体臭をきつくさせる関係は、生体活動を続ける以上、残念ながら解消できません。

悪い関係を生み出さない

疲労臭は加齢臭とは同一視されませんが、老化、活性酸素、過酸化脂質というキーワードで結びつく近似のものであると知られています。その匂いを抑制する為には、活性酸素を発生させにくくする食生活と、サプリメントが役立ちます。

化学的に不安定な状態である酸素は、マイナス電子を帯びており、体のあらゆる細胞と結合し酸化させる、つまり体組織を錆びさせます。呼吸によって体に取り込まれた酸素の内、どうしても不安定な分子構造になってしまうものが出てくることは、避けられません。

体内でマイナス電子を帯びてしまった酸素を安定した状態に戻すことは難しいので、なるべく酸素を不安定にさせないこと、活性酸素を発生させないことが重要であり、その為には、抗酸化物質である酵素や乳酸菌を体へ取り込むことが効果的です。

抗酸化サプリメントを身代りに

抗酸化物質の働きは、活性酸素が体の細胞を酸化しようとする働きに関与し、体細胞ではなく自身を酸化させることによって、器官、粘膜等を保護することです。意識してそれら食品を食べることで、自分が錆びつく身代わりになってくれ、老化を防ぐことができます。

それだけでなく抗酸化食品として知名度の高いヨーグルトや納豆の効果として有名ですが、抗酸化物質には体内の善玉菌を助けデトックスを促してくれる役割も期待できます。出来れば意識して毎日飲食したいものです。

赤ワインに含まれるポリフェノールの一種であるレスベラトロールは、優れた抗酸化物質であることが知られていますが、活性酸素を発生させるアルコールを同時に摂取しなければなりません。ポリフェノール、特にレスベラトロールのサプリメントを摂取すると、ベネフィットだけを得ることが出来ます。

サプリメントは必要な機能、メリット、ベネフィットだけを体内に取り込むことができますので、我慢をすることによって、食生活の楽しさを減損させられることがありません。お薬のような形なので抵抗感を抱かれがちなサプリメントですが、それを払しょくするほどの魅力があります。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る