TOP > > 口臭や歯のぐらつきは歯周病が原因かも。正しい歯磨きで予防しよう

口臭や歯のぐらつきは歯周病が原因かも。正しい歯磨きで予防しよう

年齢のせいか歯のぐらつきを感じる、そんな声がよく聞かれます。昔は噛めた硬いものが噛みにくくなったり、歯と歯の間の歯茎がなんとなく盛り上がって見える、歯磨きをすると血が出る…そんな時には歯周病がひそかに進行している可能性があります。口臭のもとにもなってしまうこともありますから早めに予防を始めましょう。

歯周病ってどんなもの?

言葉は良く聞くけど、どういうものかよく知らないという人もまだまだ多いのですが、実はこの歯周病、日本人には非常に多く、30才以上では実に8割がかかっていると言われているほどです。そしてこれは感染症で、親子や恋人同士、夫婦などの間で日常的に起こります。

簡単に言えば、「歯茎の腫れや出血に始まり、歯と歯茎の間のポケットが深くなり、最終的には歯の根(歯を支える骨)が溶け始める」症状です。こまかく分けると「歯肉炎」「歯周炎」という段階に分かれます。

歯周病は防げるの?

歯周病の原因になる菌ははっきり分かっていますが、この菌を完全に避けることは難しいようです。そして、菌というと悪いイメージが定着していますが、菌がいることそのものは悪い事ではありません。私達の体はたくさんの菌のバランスによって保たれています。いて当たり前の存在なのです。

大事なのは、その菌が暴走しないように日頃からプラークコントロールを心がけることです。例えば完全に殺菌しようと強い殺菌成分が含まれたうがい薬で頻繁にうがいをすると、良い菌まで殺してしまって逆に病気になるケースがあります。菌は良いものも悪いものも常に共存しています。

ではどうしれば暴走を防げるのか?それが、適度な歯磨きと、適度な殺菌です。うがい薬も1日に2~3回程度行って、歯磨きも正しいやり方でしっかり磨けば、歯垢や歯石を落として歯周病の進行を食い止める事ができるのです。

正しい歯磨きを行おう

いつもの歯磨き、何分くらいしていますか?平均時間のデータではなんと2~30秒と出ていますが、できれば3~5分はかけてすみずみまで丁寧に磨く習慣をつけましょう。歯磨き粉をたくさんつけると、ミントの爽快感で磨けたような気がして短い時間でも満足してしまうのでつけすぎにも気をつけましょう。

歯周病が既に進行している場合には、20分ほどはかけて磨いて欲しいという歯科医師もいます。1本1本の歯と、歯と歯の間を丁寧に磨く事で、歯垢を取り除いて歯石がつくのを防ぎたいからです。

まず、手の力を入れ過ぎないように気をつけましょう。力を入れすぎると歯ブラシの毛が押しつぶされて開いてしまい、うまく磨けなくなってしまいます。せっかく長く時間をかけて磨いても、歯茎を傷つけたり、磨き残しがあると汚れは溜まる一方です。

基本的には歯に90度の角度で歯ブラシをあて、歯の表と裏側の両方を、1本ずつ丁寧に磨いてあげるとうまく行きます。その際、歯と歯の間にもきちんと当て、ここは縦に動かしてやるほうが汚れが取れやすくなります。

歯の表面を縦に磨くか、横に磨くか、歯磨き指導を受けた世代で違いがあることもありますが、基本は横で大丈夫です。磨きにくい場所は縦にするなどして、歯の生え方や形に角度を合わせるようにしましょう。

歯間ブラシや糸ようじを併用する

どんなに丁寧に磨いても、歯ブラシでは届きにくいのが奥歯の奥と歯と歯の隙間です。こういったところを放置すると、歯垢がたまって菌が住み着き、歯石が増えて歯周病を悪化させてしまいます。歯間ブラシや糸ようじを合わせて使いましょう。

歯間ブラシには色々なサイズがあり、隙間の狭い人から大きく空いてしまった人まで対応ができるように揃っています。隙間のサイズが分からない場合は、SかSSサイズから始めてみましょう。

完璧な歯磨きを目指すなら、歯垢染色剤がドラッグストアに売っていますから、一度磨いた後に染色剤を入れた水でうがいして、どれくらい磨き残しがあるかチェックすると良いでしょう。これを使って二度磨きすればさらにきれいに汚れを落とせます。

毎日きちんと磨いて行くと、歯茎がだんだん下がって来て隙間が広がってくる人がいます。歯磨きで歯茎が削れていると思って歯磨きを減らしてしまう人がいますが、これは歯周病が進行してしまった人の特徴です。こうなった時はすぐに歯科医を受診して下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る