TOP > > お口の匂いが気になる方に。口臭を防ぐ飲み物・食べ物

お口の匂いが気になる方に。口臭を防ぐ飲み物・食べ物

お口の匂いはふとした時に気になるものです。接客業などで人に接する機会が多いと、心配も増えてしまって落ち着かないですよね。実は日頃から飲んだり食べたりすることで予防ができる嬉しい食材があるのです。何が効くのか、どう食べれば良いのか、効果の高まる方法をご紹介します。

口臭の原因とは

病気や虫歯など、きちんと治療しないと改善しない原因もありますが、そういった原因のない場合にはほとんどが生理的なものや、食べ物や飲み物によって起きる臭いなのです。歯磨きをしても臭うと感じる時には、消化された食べ物や飲み物が血液となり、呼吸する時に出て来ているのです。

歯磨きやうがい薬で防げる臭いもありますし、基本的に唾液が少ないと臭いがしやすい環境ができてしまうので、忙しい時ほどひとくち水を含むとか、御手洗いにたった時に軽くうがいをするなどオーラルケアを心がける事でも変わってきますよ。

口臭を防ぐ飲み物

それではさっそく、口臭予防に良い飲み物からご紹介しましょう。緑茶がよく効くことは広く知られています。口臭に良い成分とはフラボノイドやカテキンで、よく耳にする名前ですよね。緑茶にはこれらがふんだんに含まれています。他にもジャスミンティ、ウーロン茶、紅茶など、茶葉に緑茶が使われている飲み物全般がオススメです。

飲み方としては、甘味をまぜないこと、です。甘くしたくなるかもしれませんが、砂糖は一時的にしか口臭を消してくれません。しかも、砂糖の成分を洗い流さずに口の中に残しておくと虫歯を招く原因となり、虫歯は口臭の原因となります。

砂糖が口臭を消すという情報もありますが、信じ過ぎて安易に舐めすぎるのは危険です。口臭を防ぎたいなら、お茶はストレートで飲みましょう。

口臭を防ぐ食べ物

さて、口臭の原因が消化された食べ物という話を一番最初にしましたが、実は腸が汚れてしまっても口臭に繋がると言われているのです。いわゆる「宿便」というやつですね。これを解消したい時には腸をきれいにしてくれる食べ物、そう、食物繊維が効くんです。

野菜の食べ方は色々ありますが、この場合には生野菜が一番です。しっかりと噛んで唾液を出す事も口臭予防に一役買ってくれるので、パリパリ、シャキシャキとした生野菜をたっぷりと食べる日を作りましょう。

そして果物。果物もとても食物繊維が豊富で、しかも酵素もたっぷり摂れるのでお腹の元気にも口臭の予防にも良いのですが、中でも一番効果があると言われているのはりんごです。ニンニクを食べた後に、りんご1/2個を皮ごとすりおろして食べると消化が進み、早く口臭が消えると言われているのはよく知られた話です。

りんごの皮にはポリフェノールがたくさん含まれているのですが、このポリフェノールがにんにくの口臭の元に働きかけてくれるのです。

酸っぱいものが平気な人にはレモンや梅干しがオススメです。含まれているクエン酸はお口の中の菌を殺してくれるので口臭の予防に繋がるとも言われていますし、酸っぱいものを食べると唾液がたくさん出て、雑菌を洗い流してもくれるので二重の効果があるのです。

紅茶や水などにレモンを1滴たらす人がいますが、これはとても良い飲み方です。会社に置いておけるようなレモンリキッドの小さな瓶なども売られていますから、普段から試してみてはいかがでしょう?

口臭に繋がる食べ物・飲み物

最後に、口臭を引き起こしてしまいがちな食べ物と飲み物をご紹介しておきましょう。ニンニクやタマネギなどは皆さんもよくご存知でしょう。

食べたあといつまでも臭いが残って、自分でもわかるくらいですよね。納豆の臭いが気になるという人もいますから多少個人差はありますが、消化に時間がかかると臭いも長く残りやすいものです。

飲み物では意外なところでコーヒーがあげられます。コーヒーそのものというよりも、一緒に入れる砂糖やミルクが口の中に残って臭いの元となるという説が有力ですから、気になるようなら何も入れずに飲む方が良いのです。

そうは言っても美味しいものは食べたいですし、栄養がつくニンニクは夏には嬉しい食べ物ですよね。そんな食べ物を食べた時こそ、今回ご紹介した飲み物や食べ物で臭い対策を行ってみて欲しいのです。

口臭予防は、快適な食生活のためのエチケットでもありますから、大いに活用してみて下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る