TOP > > 自分の口臭に気付いてますか?口臭を99%除去する最新オーラルケア

自分の口臭に気付いてますか?口臭を99%除去する最新オーラルケア

口臭が気になったことはありませんか?人の口臭が気になったり、自分の口からも口臭が出ているのに、気付かないことは誰にでもあるでしょう。口臭の予防は、円滑な人間関係には不可欠です。口臭によって悪い印象を与えてしまっては、もったいないことです。そこで、口臭を防ぐ最新のオーラルケアについてご紹介します。

自分では気がつきにくい、口臭の原因とは?

口臭の原因の90%は口の中にあると言われています。そもそも、口の中が不衛生であっては口臭がするのは当たり前ですね。口臭を防ぐには、歯垢をしっかり除去するなど、歯の手入れをする必要があります。

きちんと歯磨きをしている人でも、実は、歯垢の6割程度しか除去できていないというデータもあります。ましてや、歯ブラシの使い方が間違っていれば、歯垢の除去率は50%にも満たないという事です。

思っているほど歯垢は取り除けていないのです。では、どうすれば歯垢や歯の汚れを取り除き、口臭を予防することができるのか?最新のオーラルケアをご紹介します。

こうすれば口臭は防げる!最新オーラルケアに欠かせない3つのステップ

口臭を防ぎ、口の中を清潔に保つには「ブラッシング」・「フロッシング」・「リンシング」という3つのステップが必要です。

①ブラッシング

ブラッシングとは皆さんが毎日習慣にしている歯磨きです。ただし、正しい磨き方をしていなければ、汚れをきちんと落とすことはできません。まずは、歯ブラシは毛先がコンパクトなものをえらぶこと。毛の部分が1cmくらいのコンパクトなものを選びましょう。

手に持ちやすいものにしましょう。歯ブラシの毛は常に歯の表面と直角にすること。歯ブラシは毛先の全体を効率良く使うことがポイントです。例えば、歯の表面は毛先全体で、磨きにくい奥歯は毛先の部分を使い、歯と歯茎の境目は、毛先の端を使って磨くと効率よく確実に歯垢の除去ができます。

特に奥歯は、毛先が届きにくいので、毛先でしっかり磨くようにしましょう。ただし、力を入れ過ぎてゴシゴシ磨いてはいけません。歯磨きに力は関係がありません。歯茎を傷めてしまうので、軽く力を入れる程度で細かく動かして磨きます。

②フロッシング

歯ブラシで磨けないのが、歯間(歯と歯の間)です。歯間は歯の表面全体の2割くらいに相当し、歯ブラシでは届かないので歯垢のたまり場といえます。

あまり馴染みがないかもしれませんが、フロスを使ってしっかりと汚れを落とすことをお奨めします。フロスの使い方は一度覚えてしまえばすぐに慣れます。フロッシングによって、歯垢の除去率は各段に上がります。

③リンシング

リンシングとは、デンタルリンス(「リステリン」など)で口を洗浄することです。殺菌成分や歯や歯茎を守る成分が入っていて、液体なので口の中全体に行きわたり、歯周ポケットなど細かい隙間にも浸透します。

殺菌や消臭効果があるので、口臭予防には、優れた効果があることは間違いありません!携帯にも便利ですし、職場などでも手軽に使えます。

このスリーステップをしっかりと習慣付けて行えば90%以上口臭は防げるはずです。また、私のお奨めはガムを噛むことです。口臭は唾液の減少により発生することもあるので、ガムを噛み唾液の分泌を促進できます。脳にも刺激になるので一石二鳥です。

また、唾液の分泌を促す「お口体操」もあります。口の中で舌を右ほほと左ほほに当ててグルグルと10回ほど回します。それから、「パ・ピ・プ・ペ・ポ」を繰り返して言います。口が刺激され唾液の分泌が良くなるのです。

原因は、口にない!?生活習慣病が原因で起こる口臭

口臭は生活習慣とも密接に関わっています。特に、胃腸など内臓に疾患があるために臭いを発することがあります。胃に炎症を起こしていたり、腸内細菌のバランスが崩れていたりして、口臭が生じる場合もあります。これは、一時的なケアでは解決できません。

肉や脂っぽい動物性脂肪の摂りすぎや、タバコ、アルコール、便秘など、口臭の原因が内臓にある場合は、生活習慣を見直さなければなりません。

また、舌苔(「ぜったい」、舌につくコケ状のもの)については、諸説ありますが、その大元は内臓疾患によるもので、舌苔自体の臭いよりも内臓疾患の解決することが必要だと私は考えています。

ここまで一通り紹介しましたが、これで人を不愉快にするような口臭の99%は防げるはずです。残りの1%は、「気にし過ぎない」と言うことです!

臭いはその人の個性でもあると思います。懐かしさや愛しさを思い出したりする人間味のある臭いもあると思います。香水の香りで誰かを思い出したり、懐かしい気分になったことはありませんか?臭いに過敏になりすぎず、割り切ることも大切なのです。エチケットに気を配り、素敵な毎日を!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る