TOP > > 口臭には3つの原因があった!誰でも出来る原因別簡単な予防方法

口臭には3つの原因があった!誰でも出来る原因別簡単な予防方法

口臭は、不快なにおいがしますので、気にして口臭ケアをしている人がたくさんいらっしゃいます。でもその口臭ケアは、効果がありますか?あまり効果を感じられないと言う方は、もしかしたら口臭ケア方法を間違えているのかもしれませんよ。

実は口臭の原因は、大きく分けて3種類あります。その種類別にケア方法も違ってきます。ですから、まずは何が原因で口臭が発生しているのかを把握する必要があるんですよ。そこで今回は、口臭の3つの原因とそれぞれの予防方法についてご紹介していきます。

心理的な要因が原因となる口臭

意外に多い口臭の原因に、心理的要因があります。例えば極度に緊張すると、口がパサパサになりますよね。すると口臭が発せられます。緊張して口が乾燥すると言う事は、唾液の分泌量が減っているという事です。

唾液には殺菌作用があり、口腔内の雑菌を抑える作用があります。でも緊張が原因で唾液の分泌量が減ると、口腔内が雑菌だらけになってしまうのです。そのため、嫌な口臭が発せられます。

また心理的要因と言うのは、極度な緊張状態の時だけではありません。強いストレスを感じた時なども唾液の分泌量が減り、口臭を発する事が多いです。では、心理的な要因が原因となる口臭はどうやってケアするのが有効なのでしょうか?

やはり原因となるストレスや緊張を解き放つことが必要となります。ただ、ストレスや緊張は、なかなか直ぐに開放してくれませんよね。ですから、こういった時には、緑茶などで口を潤してください。

お茶には殺菌作用がありますので、口腔内の雑菌を減らすことができます。またお茶が誘い水となり、唾液の分泌量が増える事もあります。ですから、口が乾燥した際にはお茶を口に含んでみましょう!

生理的な要因が原因となる口臭

生理的な要因が原因で発せられる口臭もあります。例えば高齢者、寝起きなどは誰でもある程度の口臭があります。高齢者の場合は、年齢と共に体内の水分量が減ります。それに伴い唾液の分泌量も減っていきます。

また寝起きも口が乾燥していることが多いですよね。つまりどちらも口が渇いたことが原因で起こる口臭なのです。それから、にんにくや焼き魚を食べた後も、強い口臭が発せられます。

こういった生理的要因が原因となる口臭は、どのようにケアしたら正解なのでしょうか?生理的要因が原因となる口臭は、あまり気にする必要がありません。例えば年齢や寝起きなどが原因の口臭は、唾液の分泌量を増やすことで自然に消えていきます。

そして食べたものが原因となり発せられる口臭は、一定時間が経過すると自然になくなります。一定時間待てないという場合は、ガムやブレスケアなどを食べる事で、より早く口臭を解消する事ができます!

口腔内の衛生状況が悪くて起こる口臭

忙しい生活を送っていると、ついつい歯磨きを忘れたり、いい加減に磨いて終わったりしませんか?こんな風に歯磨きをいい加減に終わらせてしまうと、歯に歯石が溜まったりして口臭の原因になります。

また虫歯や歯周病が悪化すると、歯茎が膿をもちます。するとかなり強い口臭が発せられてしまいます。ですから、食後にしっかり歯を磨きましょう。外出先などで歯磨きが難しい場合は、うがいやガムなどで口腔内をケアしてください。これだけでもある程度、口臭を予防する事ができます。

以上のように口臭の原因は、心理的要因、生理的要因、口腔内の衛生状況などがあります。それぞれの原因に合ったケアの方法を取り入れる事で、悩んでいた口臭とさよならできるかもしれません!ぜひお試しください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る