TOP > > 副作用をむやみに恐れないで!ステロイドの塗り薬を上手に使うには

副作用をむやみに恐れないで!ステロイドの塗り薬を上手に使うには

ステロイドが怖いと思われている理由

医師から処方される塗り薬にステロイド剤があります。ステロイドと言えば副作用が怖い薬というイメージが強いです。

なぜステロイド剤は怖いと思われているのでしょうか?これには

  • 使っている間はよく効くがやめるとリバウンドしてしまう
  • 効き過ぎるのが怖い
  • ムーンフェース、腎機能低下、骨粗鬆症・・・といった強い副作用が出る
  • 皮膚が薄くなったり黒ずんだりする
  • とにかく利用経験者の人が怖いと言っている

などの理由があるようです。

確かに副作用はありますが、ステロイド剤に限らずどんな薬にも副作用はあることは同じです。症状に応じてステロイド剤を適切に利用しなければ疾患が治らない場合もあります。

怖いからと言って、医師から処方されたステロイド剤を自己判断で拒絶するのはおすすめできません。

ステロイド剤の強さは5段階

ステロイド入り塗り薬の強さは5段階に分かれています。場所や症状の状態によって合った強さのものが処方されます。この場合の強さとは成分の吸収されやすさのことです。ステロイド剤の量というわけではありません。

・Strongest(最も強力)・・・ステロイド剤の量は少ないが効果は強い。大人が一週間以内の連続使用のみ可能。
・Very Strong(かなり強力)・・・効果が強いので大人は一週間以内の連続使用のみ可能、子どもは数回の使用まで。
・Strong(強力)・・・大人は二週間以内、子どもは一週間以内の連続使用可能。子どもは顔には使わない。
・Medium(中程度)・・・子どもも顔に使える。大人は二週間以内、子どもは一~二週間以内の連続使用可能。
・Weak(弱い)・・・最も効き目が穏やか。顔や大人も子どもも二週間以内までの連続使用可能。

長期連続使用を避けて医師の指示通りに正しく使えば強い副作用を恐れる心配はありません。他人が処方されたステロイド剤を自己判断で使い回しすると、症状と塗り薬の強さが合ってない場合に患部に副作用が出ることになります。気をつけましょう。

ステロイド入り塗り薬を上手に使うには

患部に塗るように指定された期間中は、医師の指示を守ってその通りに使いましょう。短期間で治すためにはステロイドの強さ、塗る回数、使用期間が適切であることがポイントです。

塗り薬を患部に塗る場合にはチューブから出し過ぎず、少量を患部に薄く伸ばすようにします。つけ過ぎもいけませんが、副作用を気にして減らし過ぎるのも治りが悪くなり逆効果です。いつまでも治らないとステロイド剤を長く使わなければならなくなり副作用が出やすくなります。

どんな副作用が出るのか

ムーンフェース、腎機能低下、骨粗鬆症などの重篤な副作用が全身に出るのはステロイドの内服薬を服用した場合です。塗り薬を常識的に使う範囲では全身にこのような副作用が出ることはありません。

ただし患部には皮膚が薄くなったり毛細血管が拡張するといった副作用が出る場合があります。(時間の経過で消えるとされます。)これを防ぐためには長期連続を避けることです。顔などの皮膚の薄い部分に起こりやすいので、ステロイドの強さや使用期間には注意が必要です。

副作用と思われている皮膚の黒ずみはステロイド剤の影響ではありません。患部の疾患が治ると時間の経過と共に自然に薄くなり問題ありません。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る