TOP > > 早すぎる離乳食はアトピーの原因!赤ちゃんをアトピーから守る方法

早すぎる離乳食はアトピーの原因!赤ちゃんをアトピーから守る方法

早すぎる離乳食はアトピーの原因になると言われています。でもなぜ離乳食を早めるとアトピーのリスクがアップするのでしょうか?そこで今回は、離乳食とアトピーの関係とその解決策についてご紹介していきます。

離乳食とアトピーについて

離乳食を早めるとアトピーになるリスクがアップします。その理由は、赤ちゃんの消化器官が未発達な事にあります。赤ちゃんですから、大人と違い当然消化器官が発達していません。

その状態で、肉や魚などのたんぱく質を摂取すると、うまく分解する事が出来ないのです。タンパク質をうまく分解する事が出来ないと、なぜ悪いのでしょうか?それは、アトピーのかゆみの元となるヒスタミンが大量発生するからです。

つまり、生後4か月~など早めに離乳食を始めると、消化器官の未発達によりアトピーなどのアレルギーにかかりやすくなるというわけです。

離乳食を早く始めるとこういったアレルギーのリスクがありますので、1歳前後くらいからゆっくり始める事がお勧めですよ。そうする事で、赤ちゃんをアトピーから守る事が出来るかもしれません。

母乳の場合は食べ物に要注意!

母乳で赤ちゃんを育てているママも多いですよね。母乳育児は大変ですから、ついつい疲れてしまい自分の食生活が乱れる事もあります。でもママの食べたものが母乳を通して赤ちゃんの口に入ります。

その為、アトピー予防のためにもママが食事に気を付けなければなりません。では赤ちゃんをアトピーにしないためには、どのような食生活を送ればよいのでしょうか?やはり基本的な事なのですが、添加物や動物性脂の過剰摂取はよくありません。

野菜を中心に体に良いものを食べるようにしていきましょう!もちろん母乳だけがアトピーの原因ではありません。ですから、あまり過敏になる必要はありませんが、健康的でバランスの良い食事を摂るようにしましょう!

このように赤ちゃんをアトピーから守るためには、食事がとっても大切です。早すぎる離乳食を止める事と、母乳育児のママは食生活に気を付けることで赤ちゃんをアトピーから救う事が出来るかもしれません。焦らずゆっくり離乳食を始めましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る