TOP > アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の正しい治療法

アトピー性皮膚炎とは、痒みの強い皮膚の炎症を起こします。乳幼児で2か月以上、一般の方で、6か月以上その症状が続いた場合、慢性のアトピー性皮膚炎であることになります。

腕の関節や、足の付け根などに、湿疹の症状が出ることが多く、その痒みは、掻き毟り血が出ても、止められないくらい強いものです。アトピー性皮膚炎の原因としては、家族がアトピーの要因を持っていることが多く、遺伝もその理由に上げられ、幼児期は、卵や牛乳の食物、ペットの毛、皮膚の表面にいるカビなどが症状を誘発します。

症状は、良くなったり、悪くなったりを繰り返し、完治することはなかなか難しいため、痒みの症状を緩和させながら、気長にお付き合いしていくしかなさそうです。

こちらのカテゴリでは、アトピー性皮膚炎の原因、治療方法、改善策、効果のある食事などを、ご紹介しています。

・アトピー性皮膚炎は遺伝で発症する?
アトピーの遺伝する確率は?遺伝してもアトピーを防ぐことは可能?

・遺伝意外の原因とは
遺伝だけが原因じゃない!アトピーになる4つの原因と対策について
肌にいるカビが原因に!マラセチアからアトピーの肌を守るには?

アトピー性皮膚炎の治療法

アトピー性皮膚炎の治療としては、ステロイドが入った塗り薬を処方されることがほとんどです。ステロイドというと、副作用が大きいという先入観があり、使用することに抵抗を感じられている方が、多いのではないかと思います。

ですが、アトピー性皮膚炎の最大の症状、痒みを抑えるには、とても有効なお薬。医師の指示を守り、適度な使用であれば、恐れる必要はありません。

・気になるステロイド
アトピーで悩むあなたに朗報。怖くないステロイドの塗り方を伝授!
副作用をむやみに恐れないで!ステロイドの塗り薬を上手に使うには

アトピーっ子を持つママとしては、わが子が痒みを訴え、掻き毟る姿を見ていると、どうにかしなければと焦られることでしょう。体にいいからと、まわりの方たちの意見を参考に、食事の改善などに力を入れられるママも多いはず。

ですが、アトピーっ子の場合、何が原因でアトピーの症状が出ているのかを知らなければ、食事を変えてみたところで、また新たなアトピーの原因を与えていることも少なくありません。お子さんのアトピーの原因を知ることから始めていきましょう。

・アトピーの原因を知ってから
新米ママが陥りやすい小児アトピーの間違った考え方

意外と知られていない、小児アトピーの原因に、『便秘』があります。腸内に悪玉菌が増えることで、毒素を肌から排出しようとするのです。その毒素が、肌荒れの原因となり、お子さんによっては、アトピー性皮膚炎を引き起こしてしまいます。腸内環境を整えることで、アトピー性皮膚炎を改善出来るかもしれません。

・便秘解消がアトピーを改善する
意外に見逃しがち?小児アトピーで確認すべきは”便秘”かも?
便秘解消で子供のアトピーが治る!?便秘とアトピーの関係

アトピー性皮膚炎の改善策

アトピー性皮膚炎は、遺伝によるもの、アレルギーの原因となるアレルゲンで発症するものがあります。そこで、ハウスダスト、ホコリで症状を悪化させないために、部屋の掃除をこまめにする。患部を清潔に保つ。

乾燥しないように、保湿を心がける。また、熱めのお風呂は、痒みを増す原因になりますので、温度をぬるめに設定する。これらを心がけるだけでも、症状はずいぶん落ち着いてくるはずです。

・アトピー性皮膚炎を悪化させないために
アトピーを軽くするポイントがあった!?日常生活で出来る5つの事
気長に付き合っていきたい!アトピー性皮膚炎の悪化させないポイント

アトピー性皮膚炎は、肌を清潔に保つことが大事だと聞きますが、症状のある方というのは、肌も敏感な方が多いように思います。

そこで、石鹸やボディーソープで、ゴシゴシと力任せに肌をこすると、肌を痛める上に、余分な油分まで失うことにつながります。なかなか症状が改善しない。という方は、汗を流す程度で、洗いすぎないようにされてみられるといいかもしれません。

・アトピー性皮膚炎にお試し入浴法
あんなに辛かったアトピーが改善した!石鹸を使わない入浴法
半身浴でアトピー改善!?正しい半身浴でアトピーにさようなら!

アトピー性皮膚炎にいい食事

ビタミンDは、青魚に多く含まれる成分ですが、このビタミンDは、免疫力を高める栄養素だということが分かってきました。アトピー性皮膚炎も、免疫疾患のひとつとされていますので、免疫力を上げることで、症状を緩和することが出来ます。

・効果のある栄養素
ビタミンDはアトピー性皮膚炎にも効果があった!

アトピー性皮膚炎の方は、食べ物のアレルギーが原因で起きる場合もあるので、その原因になる食べ物の摂取は控えられるべきですが、その他にも、アレルギー皮膚炎を悪化させることが分かっている食べ物、逆に、効果があるとされている食べ物もあります。

ご自分、お子さんの症状に合わせ、食事の改善をされることも、症状緩和への一歩です。

・アトピーに食べ物が関係する!?
食事療法でアトピー完治!?アトピーに良い食べ物・悪い食べ物

アトピー性皮膚炎で気を付けること

アトピー性疾患を持っている方というのは、呼吸器系の感染症のリスクが高いと言われています。こじらせると、肺炎や気管支炎、喘息の症状に発展していきます。

それらを防ぐためにも、外出から帰ったら、うがい、手洗いを。うがい、手洗いをされている方は、感染症へのリスクが低くなることが、分かっています。

・アトピー性皮膚炎から気を付けたい病気
アトピー性疾患を持つ成人は呼吸器感染症にご用心!

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る