TOP > > こんな事が原因で喘息発作が!大人の喘息に気をつける生活の知恵

こんな事が原因で喘息発作が!大人の喘息に気をつける生活の知恵

大人になってからの喘息は、体力的にも精神的にも辛いものです。体調管理を意識して事前ケアをする事も大切ですが、気をつけていても日常生活の中のふとした事で、発作を誘発する事があるのです。発作を誘発する原因を知っていれば、事前に避ける事が出来ます。発作を防ぐ為に気をつける事を、一日の流れに沿ってみていきましょう。

喘息発作は深夜に出やすい

喘息発作で救急病院を受診される患者さんは、深夜に多いそうです。実は私も長年の喘息持ち。日中は普通に過ごしていても、夜眠ると深夜に発作で起きる事が多々ありました。深夜の発作は辛いものです。日中の疲れを取りたいのに眠れない。眠くても苦しくて起きてしまう。

こんな事が毎日続けば、体力も奪われてしまいます。深夜の発作が多い理由には次の事があげられます。まずは自律神経の働き。眠るために副交感神経の働きが優位になりますが、発作が起きるのではないかという精神的不安感が邪魔をし、発作を起こしやすくします。

喘息は心身症に分類される事もあるほど精神的な要因が大きいです。薬を飲まなくても、薬を持っているという安心感だけで喘息発作が出ない場合もあるほどです。他には、部屋のホコリやダニの問題があります。日常生活では立ったり座ったりして動いているために、部屋中のホコリが舞います。

そのホコリは重いので下の方へ溜まっていくのです。その溜まったホコリやダニを、眠る時は吸い込みやすい状態になり、発作を誘発するのです。また、深夜から明け方の気温差にも注意が必要です。一日の流れの中で、夜の睡眠時の心がまえが一番大切なのです。

朝は水分を多めに!通勤時間は余裕を持って

喘息の人の気管支に乾燥は大敵です。朝の目覚めや通勤時にはなによりも乾燥予防と、気温差対策を心がけましょう!朝起きたら、まずはコップ一杯のお水をゆっくりと飲み、喉を潤わせます。喘息持ちの人は、深夜に気管支が苦しいために、無意識に口呼吸をしている場合が多いため、喉がカラカラに乾燥しています。

乾燥対策は出勤時にも要注意です。朝に余裕がなく、急いで出勤している事はありませんか?焦って駅に向かったり、走ったりすると室内と外気の気温差に加え、急に走ったりする時にに起こる息切れが喘息を誘発します。可能な限り朝は余裕を持って身支度をして、外気の気温差から気管支を守るためマスクをつけましょう。

こんな食べ物が発作を誘発する!?

食べ物にも注意が必要です。会社でもお昼ご飯、おやつの時間に発作を誘発する食べ物が潜んでいます。それは菓子パンです。添加物の多いものや、砂糖が大量に使われている物、アルコール類には特に注意が必要です。添加物の多い菓子パンやアルコールは、一口だけでも気管支が敏感に反応して発作が出る場合があります。注意しましょう。

大笑い、興奮にも注意!?

喘息の症状が頻繁に出る時期は、気管支が敏感になっている為にちょっとした事が発作を誘発します。こんな事も?と思われる変わった例も取り上げてみましょう。私の経験や、同じ喘息持ちの方々の経験を聞いて共通する事ですが、喘息の発作が敏感に反応する時期は、呼吸の急な乱れが発作を起こします。

学生時代の持久走時に、息切れと同時に発作が出た経験はありませんか?呼吸の乱れは走る事だけで起こるわけではありません。友人との会話中、スポーツ観戦などで盛り上がっている時、大笑いしている時の呼吸の乱れにも注意が必要です。

盛り上がっている時までケアをしていられないと心配する事はありません。呼吸の乱れは発作が出やすいと意識しているだけでも違ってきます。

化粧品の成分にも気をつける事

一日の始まりと終わりに、女性はお化粧をしたり基礎化粧をしたりと肌に気を使います。メイク用品や基礎化粧品には防腐剤やアルコール、香料が含まれるものが多いので、使用前には成分をチェックする事をお勧めします。

いかがでしたか?喘息発作は、日常生活の上でも気をつけることが多々あります。発作が治まっている時期には気にしなくてもいい事が、体調によっては敏感に反応します。体調管理とともに、ちょっとした行動を気をつける事で、未然に防ぐことが出来ます。快適な毎日を過ごすために意識してみてくださいね!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る