TOP > > 20代に激増中!咳喘息を予防する3つの秘訣

20代に激増中!咳喘息を予防する3つの秘訣

何か月も咳が続いて苦しんでいる人、いらっしゃいませんか?それはもしかしたら、風邪では無く「咳喘息(せきぜんそく)」かもしれませんよ。咳喘息は、タンを絡まない咳が8週間以上続きます。

特に深夜や明け方に激しい咳が出る事が多く、寝不足の原因にもなり得ます。そんな苦しい咳喘息には絶対に掛りたくないですよね。でも咳喘息は、簡単に予防する事が出来るんですよ。そこで今回は、咳喘息を予防する秘訣を3つご紹介します。

ストレス解消で咳喘息を予防する!

咳喘息は咳が続く病気です。咳は気道が狭まる事で、激しく出てしまいます。ストレスを受けると、気道が過敏になります。そしてその結果、咳が出やすくなるのです。ですから、咳喘息予防のためにも、ストレスをあまりためないようにしましょう。

ストレス発散方法は、人によって様々です。適度な運動、余暇を楽しむ、リラックスできる環境を整えるといった工夫で上手にストレスを発散させてください。ストレスは咳喘息だけではなく万病の元です。ですから、受けたストレスはなるべく早く発散する事が大切ですよ!

風邪をひかないように気を付ける!

咳喘息は、風邪やインフルエンザにかかると発症しやすいと言われています。ですから咳喘息を発症させないためには、風邪やインフルエンザにかからない事が大切なのです。

基本的な事にはなりますが、手洗い、うがいなどをしっかりとおこない、風邪などを引かないよう気を付けてください。また冬など風邪やインフルエンザが流行する季節は、あまり外を出歩かないようにしてください。

風邪やインフルエンザは飛沫感染(ひまつかんせん)ですから、唾などを介して人に移ると言う特徴があります。近くの人がくしゃみをして唾が飛んできたら、風邪がうつってしまうのです。ですからマスクもしっかり着用しておきましょう。

アルコールを止めて咳喘息を予防する!

アルコールが好きな方には少し酷ですが、咳喘息予防に禁酒が有効です。でもなぜお酒を止めると咳喘息予防につながるのでしょうか?

アルコールを飲むと、体内でアセトアルデヒドと呼ばれる物質が作り出されます。アセトアルデヒドは、気道を収縮させる作用がある事で知られています。気道が収縮されると、咳が出やすくなります。

その結果、咳喘息を誘発する事になるのです。お酒を止めれば気道を収縮させる働きのあるアセトアルデヒドは体内で作られなくなります。ですから禁酒する事が咳喘息の予防になるのです。

咳喘息は、かかってしまうと長期間咳が止まらずとても苦しい思いをする事になります。しかも放っておくと喘息に発展する事もしばしばあります。ですから、ストレスを溜めない、風邪をひかない、アルコール類を控えるといった予防で咳喘息に掛らないよう心掛けましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る