TOP > > 風邪とは違う長引く咳!中高年を突然襲う、気管支喘息の発作と対処法

風邪とは違う長引く咳!中高年を突然襲う、気管支喘息の発作と対処法

喘息(ぜんそく)というと子供がかかる病気だと思っていませんか?実は、大人になってから発症する「成人喘息」というものがあり、ここ数年で3倍以上に増加しています。

成人喘息は、小児喘息を大人になるまで引きずっている場合もありますが、これは全体の3割くらいで、成人喘息の7割は40代~50代で突然、発症します。

大人の場合には、喘息を患っても、仕事や家事などに忙しく、ゆっくり休養して治すことができないため、短期間で急激に悪化する傾向があります。喘息が重症化して死に至るというケースも決して少なくはありません。大人の喘息とは、一体どういうものなのでしょうか?

大人が喘息になる原因は?

大人が喘息になる原因は様々ですが、もともと花粉症などのアレルギーがあり、肺や呼吸器の機能が悪くなり、喘息を発症してしまう場合や、排気ガスや粉じんなどを吸い込むことによって、喘息になる場合があります。

今、問題になっているPM2.5による呼吸器への悪影響も喘息の原因となる恐れが高いので、注意が必要なのです。

風邪と喘息の違いと見分けかた

喘息の初期の段階は、咳や痰、鼻水などの症状で、風邪と似ていることが多く、喘息だと気付かないことが多いのです。しかし、ある日、突然、喘息の発作に襲われることになります。

喘息の見分け方は、呼吸をする時に、「ゼーゼー」や「ヒューヒュー」という音がすれば、ほぼ間違いなく喘息です。また、喘息の咳や発作は、夜中から朝方にかけて出ることが多いのが特徴です。その他にも、喘息かどうか、チェックできる方法があります。

・風邪をひくと、咳の症状が強く、咳が2週間以上続く。
・疲れやストレスがたまっている時に息苦しくなる。
・昼間は症状がないが、夜中や朝方にかけて、咳が出る。
・タバコの煙や、ほこり、強い香水のにおいなどを吸い込むと咳こむ。

さらに、喘息を発症する7割の人は、花粉症など何らかのアレルギーや肺疾患を持っているので、こうした人は、喘息を引き起こしやすいといえるので、注意が必要です。

喘息の発作が出た時はどうすれば良い?

喘息は命に関わることもある重篤な病気です。風邪をこじらせたくらいに考えていてはいけません。喘息の兆候があるのに、放っておいて、ある日突然、激しい発作が襲ってくることも珍しくはないのです。

もし、喘息の発作が出た場合、残念ながら、応急処置をする有効な手だてはありません。急いで救急車を呼び、病院へ搬送するほかありません。

普段から、喘息の兆候を見逃さずに、喘息の疑いがある場合や、発作の症状が軽いうちに、早めに病院などで診察を受け、発作に備えるしかないのです。

きちんと診察を受ければ、吸入ステロイド薬などを処方され、急に発作が起きた時に備えることもできます。

喘息を悪化させない生活方法とは?

まず、タバコを吸う人は禁煙して下さい。タバコは明らかに肺や呼吸器の機能にダメージを与え、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などと喘息を併発することも多いのです。タバコを吸う人の周りにいる人にも、喘息のリスクを高めることになります。

ほこりや、ダニなどハウスダストも喘息の原因となりますので、こまめに掃除をして清潔を心掛けることや、室内でペットを飼っている場合には、ペットが原因になることもあるので、注意しましょう。

アレルギー体質の人は、アレルギーの元になる食品や成分を誤って口に入れないように注意しましょう。また、風邪をひかないように注意し、過労や過度なストレスをためない生活を心掛けることが重要です。

成人喘息は、まず、自分が喘息であることを理解することから予防が始まります。風邪と思っても、喘息の症状が少しでも現れたら、早めに診察を受けて、喘息かどうか、知る必要があるのです。

喘息と分かれば、対処もできるというものです。風邪のシーズンを迎えますが、喘息になりやすい環境で過ごしていますから、是非とも、早めに対策を取るようにしたいものです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る