TOP > > 妊娠しても喘息吸入剤は続けて、お腹の赤ちゃんに影響はない?

妊娠しても喘息吸入剤は続けて、お腹の赤ちゃんに影響はない?

喘息は慢性型の病気で治療期間がとても長いです。喘息と共に人生の色々な節目も経験するわけです。女性ならば、妊娠出産にもさしかかります。妊娠した時、今まで飲んでいた喘息の薬、吸入剤はどのように考えていけばいいのでしょうか?

妊娠出産には万全を期して取り組みたいと思っているけれど、喘息の薬に副作用がある限り、「万全を期して」にはならないという思いが交差します。飲まなければ、悪化するのは明らかです。でもお腹の中の赤ちゃんはどうなるの?このあたりの不安な思いにすこしでも解決の糸口になればと考えています。

妊娠中の喘息薬投与の安全性の確立は・・・?

大半の喘息治療薬は妊娠中の投与に関する安全性は確立されていません。従って、添付文書には治療の有益性がこの薬の危険性を上回る時にだけこれらの薬を使用するとあります。

しかし、たとえ妊娠中でも、妊娠中でない時と同じように喘息の治療は積極的に行うべきというのが、近年の専門医の考えでもあります。一般的に妊娠中であってもこれまで通りに治療を続ける医師が多いです。

吸入剤は妊娠中でも安全に使用できます

喘息治療薬の中の吸入剤は気道などでは作用が強いですが、血中には微量しか吸収されず、全身的な副作用が起きにくいので、妊娠中の患者でも比較的安全に使用できます。

喘息治療の中断は新生児死亡や低体重の新生児が増加します

それに加えて、喘息治療を中断しようがしまいが、どっちにしても妊娠によって喘息が悪化しやすい状況ではあります。しかし、喘息治療の中断は、母体と胎児に悪影響を及ぼすことは明らかです。従って、専門医は妊娠中も喘息治療は続行します。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る