TOP > > 喘息による入院が男性の2倍!閉経期の女性と喘息とは。

喘息による入院が男性の2倍!閉経期の女性と喘息とは。

閉経期女性の喘息による入院が増加しています。

喘息による入院患者数が女性で増えてきているようです。喘息といえばよく聞きますが喘息の症状などはかなり辛いです。今回の試験ではなぜ閉経期の女性に限って増加しているのかはわかっていません。

まず喘息について簡単にご説明します。喘息は気管(気道)が何らかの原因で炎症をおこして狭くなってしまう病気です。気管が狭くなっているので呼吸もし辛く、息苦しくなります。

風邪と思っていたのにいつまでたっても息苦しさや咳がとまらなかったりするので病院へ行ったら喘息と診断されたということは良く聞きます。おかしいと思ったら必ず病院へ行って適切な治療を受けてください。

炎症は慢性的になってしまうと気道も狭くなったまま慢性化してしまいます。早期治療が大事となります。喘息患者さんにとって辛いのは周囲のタバコの煙や冬場の冷たい空気です。これが原因で炎症が起こります。

タバコに関しては周囲へ配慮してもらうようにすることと、マスクなどで冷たい空気を吸わないように心がけることも大事です。治療薬はありますが一度なると慢性的になるため完治は難しい病気です。

症状は息苦しい、咳、痰、胸が締め付けられる感じ、息切れ、喘鳴(喉がヒューヒューという音)、発作時にはこれらの症状が強くなり、呼吸困難、過呼吸、などで死に至るケースもあります。普段と違う発作時は直ぐに病院へ行くことが先決です。

喘息にはアレルギーが原因となっているアトピー性喘息とそうでない喘息があります。アレルギー原因が分かっている場合は当然、アレルゲンの除去をしなければなりません。

治療薬はその患者さんの状態によってことなってくるようです。ステロイド吸引治療が今では一番効果もあり即効性もあるそうです。他にも漢方や免疫療法もあります。

また日常生活で気をつけたいこともあります。ストレスをためない、激しい運動はしない、風邪をひかない、気候の変化に気をつける、ご自身の気道の状態を把握しておく、ことだそうです。

ずっと付き合っていかなければならない病気ですが、それだけにご自身の自己管理が大変重要となってきます。医師と上手く連携をとって上手く付き合っていくことで酷い発作を起こさないようにしていきましょう。

調査結果から研究者らがうったえていること。

今回の調査から研究者らは、女性のこれから気をつけなければならない病気として研究をもっとしなければならないこと、また入院をしなくても良いように予防治療のための研究も進めなければならないともいっています。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る