TOP > > もしかして自分も?大人のアスペルガー症候群の診断のポイント

もしかして自分も?大人のアスペルガー症候群の診断のポイント

発達障害のひとつ・アスペルガー症候群

「アスペルガー」という病名が知られるようになってきました。子どもの時に診断されるだけでなく、成長してからアスペルガー症候群が発覚することもあります。

メディアの情報などで一般的なアスペルガー症候群の症状を見聞きすると、自分にも該当する部分があるように感じる人もいるかもしれません。しかし中には誤解している人も少なくないようです。アスペルガー症候群を疑うには3つの大きな特徴が決め手になります。

特徴① 社会性に障害がある

発達障害のない人の場合、社会経験を通して人とコミュニケーションをとる時には相手の気持ちを考えたり周りの空気を呼んだりし、社会性を身につけていくものです。

しかしアスペルガー症候群の人はそういった社会性を身につけることが難しく、次のような言動がみられがちです。

  • その場に合った服装が分からない
  • 相手の表情から喜怒哀楽が読めない
  • 相手によって言葉遣いや礼儀作法を使い分けるといったことができない

特徴② 言葉のコミュニケーションに障害がある

アスペルガー症候群の人は聴覚を認知する能力に障害があるため、言葉のコミュニケーションがうまくいかないことがあります。例えば次のような言動がみられがちです。

  • 大きな音、騒がしい環境が苦手
  • あいまいな表現、微妙なニュアンス、例えを読み取ることができない
  • 質問に対してとんちんかんな答えを返してしまう
  • 自分の気持ちを上手に伝えることができない
  • 自分ばかりぺらぺらしゃべり続ける

特徴③ 想像力に障害がある

アスペルガー症候群の人は同じパターンの物事に強くこだわり、変化を好みません。予定外の事が起こるとパニックを起こすこともあります。

  • 物の配置など環境が変わってしまうと強い不安を感じる
  • 興味のある物には没頭するが、興味のない物には関心を示さない
  • 決まった生活パターンに強くこだわる
  • 予定の変更に臨機応変な対応ができない

どこを受診すれば良い?

自分ではアスペルガー症候群かもしれない、と思っていても別の病気という場合もあるので、決して自己判断はできません。アスペルガー症候群かどうかは専門の医療機関で診断しなければ判断できません。

医療機関では面談、知能検査のほか、専門の検査を行います。大きな決め手となるのがアスペルガー症候群の診断基準で、これを目安に「社会性の障害」「言葉のコミュニケーション障害」「想像力の障害」があるかどうかが判断されます。

大人のアスペルガー症候群を疑う場合には精神科を受診することになります。ただし発達障害に詳しくない病院を選ぶと正確に診断できない場合があるので、調べて病院を選ぶことをおすすめします。自治体の保健所や精神保健福祉センターに相談するという方法もあります。

アスペルガー症候群の治療

アスペルガー症候群と診断された場合には、必要に応じて障害を改善する薬を処方してもらったりカウンセリングを受ける治療を受けます。アスペルガー症候群ではないと診断された場合、ほかの病気が見つかれば必要に応じて専門の治療が必要になります。

アスペルガー症候群は生まれつき脳に原因のある発達障害なのですが、大人になってから似た症状が出てくる場合にはアスペルガー症候群ではなく対人関係のストレスから来るうつ状態ということも少なくありません。

病気でなかった場合には、なぜこのような症状が起こっているのか、生活の中から原因を探り問題を解決することが必要になります。

いずれにしても社会に適応しづらいと感じながら生きることは苦しいので、アスペルガー症候群と疑わしい症状に気付いたら早めに対応することがのぞましいでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る