TOP > > 視野が狭くなったり視力が下がる意外な原因は、動脈硬化にあった

視野が狭くなったり視力が下がる意外な原因は、動脈硬化にあった

動脈硬化という言葉を聞いて連想するのは、心筋梗塞や脳梗塞などの重病ですよね?しかし意外や意外!なんと眼球周辺でも、動脈硬化という現象は起きているというのです。

もしあなたが目のかすみや、視力の急激な低下、視界が狭くなったなど、何らかの異変を感じているのであれば、この目の動脈硬化を疑った方がいいかもしれません。異変を感じたら病院に行ってみる事をおススメしますが、これらの症状を予防する生活習慣の改善方法をご紹介します。

目の動脈硬化を放置するとどうなる?

目の動脈硬化と言われても余り聞いた事がない現象ですが、要は網膜にある静脈において、血液の流れが悪くなってしまう状況です。この現象によって何が起きるの?というと、「目がかすんで見える」、「視野がボヤけて見える」、「最近急激に視力が落ちた」などの症状が起こるようになります。

そして、これらの現象までも放置していると、なんと眼球から出血を起こしたり、眼底で腫れが生じたり、最悪失明してしまうこともあるのです。

なぜ目の動脈硬化は発生するの?

目の動脈硬化を患ってしまう人に共通している状態として、高血圧や糖尿病など、何らかの生活習慣病を患っている人が多いことが挙げられるのです。

このような生活習慣病からも分かるように、目の動脈硬化を発症するのは、圧倒的に中高年が多く、特に男性であれば40歳を超えてから、女性であれば50歳を超えてから、急激に増加するというのです。また意外な事実なのですが、40歳以上の人に限って言うと、100人に2人が目の動脈硬化を発症しているというのです。

2種類の目の動脈硬化

この目の動脈硬化には、大きく分けて2つのパターンがあります。

  • 網膜内で引き起こされる「網膜静脈分枝閉塞症」
  • 脳と連結している視神経系で引き起こされる「網膜中心静脈閉塞症」

「網膜静脈分枝閉塞症」の場合、網膜での血の巡りが止まり、血液が漏れ、眼底出血やむくみを生じます。自然治癒することもあるようですが、モノが歪んで見えたり、視力が低下し、最悪失明のリスクもはらんでいるのです。

「網膜中心静脈閉塞症」の場合、似たような症状を示しますが、大きな特徴として視力の低下が急激であるという点が挙げられます。これは、網膜の一部で血液が漏れる「網膜静脈分枝閉塞症」タイプと違い、網膜全体で血液の漏れが生じるためと考えられています。

日頃から行える予防策とは?

これらの症状を発症した場合は、ご自身で何とかすることは難しいので、専門の病院を受診し、薬を処方してもらったり、レーザー治療をしてもらうことをおススメしますが、発症を事前に抑えること予防をすることは可能です。

上記でも触れていますが、これら目の動脈硬化を発症してしまう人の特徴として、高血圧や糖尿病という何らかの生活習慣病を患っている人が多く、それによって、動脈硬化を発症するリスクを高めてしまっているのです。

つまり、生活習慣病を引き起こさないような生活を心がけていれば、「網膜静脈分枝閉塞症」に代表される目の動脈硬化も遠ざける事ができるということです。これらを改善するために、比較的簡単に取り組める生活習慣の改善内容をご紹介します。

  • 塩分の摂取を抑えること。
  • 白米を玄米に変えてみる。もしくは配合してみる。
  • ウォーキングなど定期的な運動習慣を持つ。
  • お酒の量を減らす。
  • 喫煙の習慣を無くす。もしくは減らす。

40歳~50歳を過ぎてくると、これらの病気だけでなく、老化現象としての「老眼」も表面化してくるものです。目の病気を100%防ぐことは難しいかもしれませんが、発症しないようにするためにはどうすれば良いか?発症した時はどのように対応すれば良いか?日頃からイメージを持っているだけでも状況は変わって来ますね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る