TOP > > サバは缶詰でもよかった!ドロドロ血液改善はEPAにお任せ!

サバは缶詰でもよかった!ドロドロ血液改善はEPAにお任せ!

日本人なら誰もがお世話になったことのあるサバの缶詰。シンプルな水煮や味噌煮など、様々なタイプの缶詰が販売されています。缶詰は非常に手軽であるため、忙しい時に重宝しますが、実は普段の食事にも取り入れていきたい魅力的な成分が豊富に含まれていたのです。

缶詰の中のEPA

魚は鮮度が命。そのため、缶詰の魚の栄養価はなんだか低いような気がしますが、そんなことはありません。缶詰は加工されて空気を抜いた状態で流通し、スーパーに並びます。食品の劣化がほとんど起こらない環境にあるため、鮮度は加工された時のままであると言えます。

そんなサバの缶詰に生の状態と同じように、あるいはそれよりも多く含まれているのが多価不飽和脂肪酸というものです。脂肪酸という名前がついている通り、脂肪の仲間ですが、肉に多い飽和脂肪酸とは異なり、身体に吸収されてから様々な働きをしてくれることが知られています。

そんな多価不飽和脂肪酸の中でもEPAとDHAは比較的有名な成分ではないでしょうか。EPAはエイコサペンタエン酸、DHAはドコサヘキサエン酸の略であり、一時ブームになった成分です。今回取り上げたいのは血液をサラサラにする効果の強いEPAという成分です。

EPAの血液浄化作用

EPAの効果を説明する際によく用いられるのが、氷雪地帯に住むイヌイットの人々の心筋梗塞等の有病率についての研究です。イヌイットの人々はアザラシやクジラなど、EPAの多い肉を食べているため、循環器系の疾患が驚くほど少ないというものです。さらに日本においても、漁村の人々は農村の人々に比べて循環器系疾患の罹患率が低いというデータもあります。

こうしたことから分かるように、EPAは血液の滞りを予防する効果があり、その効果はDHAよりも強いとされています。具体的には、3つの働きで血液の流れを正常にしています。1つは血液中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)や中性脂肪を減らすことで、血液そのものを流れやすい状態にする効果です。

2つ目は血液凝固を防ぐ効果です。血小板が凝集して血栓を作り出すことを防止してくれるので、血栓による塞栓を防ぐことに繋がります。さらに3つ目として、赤血球の細胞膜を柔らかくして、細い血管でも赤血球がスムーズに通過できるように働きかける作用があります。こうした働きによって、EPAは血液・血管の状態を正常に保ってくれるのです。

サバの缶詰を上手に活用してEPAを摂る

EPAを初め、多価不飽和脂肪酸はとても空気による酸化に弱い成分です。しかしサバの缶詰は加工時、すぐに密閉され、その状態で消毒のため加熱されますので、空気に触れずに火が通ります。そのため多価不飽和脂肪酸が酸化されず、栄養が保たれるのでしょう。

せっかく残っているEPAを無駄にしないよう、缶詰の再加熱は最小限にしましょう。温める場合は、食べる直前に行い、余分な加熱はしないようにすると良いです。また、煮汁にもEPAが溶け出していますので、煮汁の一滴まで使うと良いでしょう。手軽な上に栄養が豊富で血液を綺麗にしてくれるサバの缶詰。ぜひとも家に常備しておきたいものですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る