TOP > > 動脈硬化予防にはLDLの酸化を防ぐ大豆加工食品が良い理由

動脈硬化予防にはLDLの酸化を防ぐ大豆加工食品が良い理由

心筋梗塞や脳梗塞を起こす原因は、突き詰めれば血管の動脈硬化ですから、動脈硬化を防ぐことができれば、このような病気にもかからずに済むということになります。動脈硬化を起こす最も大きな要因の1つは、LDL(悪玉コレステロール)が「酸化」することです。LDLの酸化を防ぐ身近な食品をご紹介します。

LDLが動脈硬化の原因だという誤解

動脈硬化を起こす直接的な原因は、LDLだと考えている人が多いのですが、正確に言えば、LDLが酸化してできる「酸化LDL」が原因です。マクロファージがLDLを捉えることはなく、LDLが多いというだけで動脈硬化は起こりません。

LDLが酸化した段階で、初めてマクロファージがLDLを取り込みアテロームができるのです。ですから仮にLDLが多くても、酸化を防ぐことができれば動脈硬化は防げるのです。

LDLの酸化を防ぐ身近な食品

LDLの酸化を防ぐには、どうすれば良いでしょうか?LDLが酸化する原因は、血液中に活性酸素ができることによります。もし活性酸素が全く生じなければ、LDLは酸化することなく、動脈硬化はほとんど起こりません。つまり、活性酸素の発生を防ぐことが、動脈硬化を予防することにつながるのです。

活性酸素の発生を防ぐには、普段から活性酸素の発生を抑制する食品を多く摂ることが必要です。活性酸素の発生を抑える身近な食品としては、大豆や大豆加工食品があげられます。大豆加工食品は、納豆や豆腐のような大豆から作られる食品のことです。

納豆に含まれるイソフラボンには高い抗酸化作用があり、血中に入ると活性酸素の発生を防ぐ働きをして、LDLが酸化LDLに変わることを防ぎます。活性酸素の発生を防ぐために必要なイソフラボンの量は、1日に約50mgで、ちょうど納豆1パック(50g)に含まれる程度の分量です。

またイソフラボンは、多く摂っても体に必要な分だけ吸収され、必要のない分は数時間のうちに排出されるので、多く摂ったからといって効果が高まるというわけでもありません。イソフラボンの効果的な摂り方は、1日に50mg~100mg程度を毎日欠かさずに摂ることです。

活性酸素はいつどこで発生するか分かりませんから、イソフラボンを毎日同じ分量で、継続して摂ることによって、活性酸素を抑制する効果にムラがなくなり、動脈硬化を効果的に予防することができるのです。

活性酸素の発生を防ぐ大豆加工食品

あまり納豆を食べないという人でも、納豆の替わりに摂ると良い大豆加工食品があります。高野豆腐、豆乳、きなこなどです。これらの食品でも、納豆と同じように、活性酸素の発生を抑制する効果をがあります。イソフラボンを多く含む食品と、イソフラボンの含有量をあげてみたいと思います。

納豆   1パック(50g) 50mg
高野豆腐 50g       50mg
豆乳   1パック(200ml)80mg
豆腐   1丁(300g)   80mg
きなこ  大さじ3杯    50mg
煮豆   30g       15mg

こうした大豆加工製品は、活性酸素の発生を抑えるだけでなく、LDLそのものを少なくする働きもありますので、動脈硬化の予防にとっては、とても効果が高い食品といえるのです。また、活性酸素の発生を抑制する効果は、細胞の老化を防ぐアンチエイジングの効果もありますので、美容を心掛ける人にもうれしい食品です。

こうした大豆や豆類は、昔から健康に良いといわれてきましたが、動脈硬化の予防にとっても効果的な食品です。毎日の食卓には、大豆加工食品を加えるようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る