TOP > > 若い頃は平気でも・・・閉経後、動脈硬化のリスクは一気に上がる!

若い頃は平気でも・・・閉経後、動脈硬化のリスクは一気に上がる!

若い頃の検診では血圧もコレステロールも何も問題なくて、動脈硬化のことなんて気にしたこともなかったというアナタ。残念ながら閉経近くになり女性ホルモンの分泌が減ってくるにつれて、そんなに安心してもいられなくなるんです。

エストロゲンには動脈硬化を防ぐ働きがあった

実は、女性ホルモンのエストロゲンには動脈硬化を防ぐ働きがあります。動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールの分解を進めて量を減らし、善玉コレステロールの合成を進めることで量を増やしているのです。

善玉コレステロールには動脈硬化を改善する働きがあります。全身の血管に取り残されてしまった動脈硬化の原因になるコレステロールを、肝臓に戻して再処理していきます。善玉コレステロールが増えていくことで、動脈硬化を防げます。

こうして若い頃はエストロゲンに守られていたおかげで、女性は比較的動脈硬化になりにくかったのです。しかし閉経が近付くにつれてエストロゲンの分泌は減り、それにともない悪玉コレステロールや中性脂肪は急に高くなってきます。

閉経前後からは動脈硬化の危険度大!

閉経前後、エストロゲンの分泌低下により悪玉コレステロールや中性脂肪が増えると、脂質異常症(高脂血症)になってしまいます。こうなると血液はドロドロです。

血管の壁にはコレステロールがたまるようになってきています。徐々に血管の壁は厚くなって、動脈硬化が進んでいきます。血管が狭くなり、血液の流れが悪くなると血圧も上がってしまいます。血管壁にいつでも強い圧力がかかるようになり、壁は弾力性を失い、硬くもろくなっていきます。

そして動脈硬化は少しずつ進んでいきます。心臓を取り巻く冠動脈で動脈硬化が起きると、心臓は酸欠状態になって狭心症になります。もっと症状が進んで完全に血管が詰まってしまうと心筋梗塞になります。

同じように脳の血管が詰まってしまうと脳梗塞に、詰まったことが原因で血管が破れてしまうと脳出血になってしまいます。

このように動脈硬化に気付かないでいると、いろいろな重大な病気を引き起こしてしまう危険性もあるのです。

動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などは男性に多い病気というイメージかもしれませんが、女性でも閉経後頃から急に増え始めます。今まで大丈夫だったからと安心していると、気付いた時には取り返しのつかないことになっているかもしれません。

動脈硬化を防ぐには?

悪玉コレステロールや中性脂肪が増えてきていても、また動脈硬化が起きて血管が狭くなってきていても、初期には何の症状も出ません。そして症状が出た時にはすでに手遅れです。そのためにも、特に閉経後からはきちんと定期検診を受けるようにしましょう。体の中で起きていることに、早め早めに気付くことが大切なのです。

そして日頃の生活にも気をつけていくようにしてください。若い頃と同じように食べていたのでは、太ったり生活習慣病になってしまいます。食べる量や内容を見直したり、ゆっくり噛んで食べる、間食を控えるなど、できることから変えていきましょう。

体を動かすことも大切です。ただ今まで何も運動をしてなかったのに、急に張り切って無理してしまっては怪我の元です。ウォーキングのような手軽なところから始めてみましょう。水中ウォーキングもよいでしょう。

また駅ではエスカレーターを使わずにあえて階段を使う、テレビを見ている時にはストレッチをするなど、日常生活の中に体を動かせるチャンスを増やしていくと続けられてよいかもしれません。タバコは止めたほうがよいでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る