TOP > > 血管年齢を若くする方法!3つのポイントで動脈硬化を予防できる!?

血管年齢を若くする方法!3つのポイントで動脈硬化を予防できる!?

40代以上になると、多くの人に動脈硬化が進行すると言われています。動脈硬化が進行すると、血管系疾患のリスクが高まります。だから血管年齢は若くありたいところですよね。そこで今回は、血管年齢を若返らせる3つのポイントをご紹介します。

食生活で血管年齢を若返らせる!

血管年齢を若返らせるためには、食生活が非常に重要です。まず絶対にしてはいけない事は、暴飲暴食です。暴飲暴食をすると、動脈硬化が進行し血管が衰えていきます。しかも動脈硬化は、心臓病、脳卒中、脳梗塞など恐ろしい病気のリスクをアップさせてしまいます。

ですから、暴飲暴食は絶対にやめておきましょう。では、どのような食事を摂れば血管年齢が若返るのでしょうか?青魚に多く含まれている、DHAやEPAを積極的に摂取する事が大切です。

DHAやEPAには悪玉コレステロールを抑える働きがあります。悪玉コレステロールは血管を傷つける働きがありますので、DHAやEPAをたくさん摂取して、悪玉コレステロールを減らすことが血管年齢の若返りにつながるのです。DHAやEPAがたっぷり含まれている青魚を積極的に食卓に取り入れてください。

十分な睡眠時間を確保する!

血管年齢を若返らせるためには、十分な睡眠が欠かせません。睡眠不足になると、自律神経が不安定になり血圧が上がる傾向にあります。ですから、毎日6時間~8時間しっかり睡眠時間を確保してください。

しっかりと眠る事で免疫力もアップし、血管年齢も若返ります。眠る前にお風呂に入ったりリラックスすることで、ぐっすりと深い眠りにつくことが出来ます。ぜひお試しください。

煙草を止めて血管年齢の若返りを目指す!

禁煙ブームとなっていますが、まだまだ愛煙家の人も多いですよね。ストレスが多い人は、どうしてもタバコに手が出てしまいがちです。ただ、血管の事を考えると、喫煙は絶対に控えた方が良いのですよ。

タバコに含まれているニコチンは、血管を収縮させたり、動脈硬化を引き起こしたりすると言われています。つまりタバコを吸うと、血管に重い負担がかかってしまうのです。

ですから、1本ずつでもタバコを減らす努力をしていきましょう。いきなり禁煙と言うのは難しいかもしれません。そこで、毎日1本ずつでも減らしていき、最終目的を禁煙にしてはいかがでしょうか?

将来血管系の疾患を患わない為にも、早めの禁煙がお勧めです。元気な老後を迎える為、頑張って禁煙を始めましょう。また病院の禁煙外来も効率よく禁煙できますので、お勧めですよ。

このように血管年齢を若返らせるためには、食生活、睡眠時間、禁煙が重要です。健康な血管を手に入れるために、ぜひお試しください!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る