TOP > > 悪玉コレステロールで動脈硬化の危険性有?健康的に減らしていく方法

悪玉コレステロールで動脈硬化の危険性有?健康的に減らしていく方法

コレステロールの役割

私たちの意識の中で漠然と“コレステロールは肥満症や病気の引き金になる”という考えがあります。健康診断の結果で、コレステロールの数値を気にする方も多いのではないでしょうか。

そのコレステロールも実は、私たちの健康を維持する為に重要な役割を持っているのです。コレステロールは、食べ物の段階では「悪玉」「善玉」の区分けはありません。

食べ物から摂取するコレステロールの殆どが動物性由来で、卵の黄身やするめに多く含まれています。我々の細胞膜を構成、維持する役割を持つ大切な脂質であり、ビタミン類の代謝やホルモンの合成に必要な素材として欠かせません。

食事から摂ったコレステロールはそのまま機能するわけではなく、一旦吸収され、肝臓、皮膚で生合成されてから働きます。その際、血中で「リポタンパク質」というたんぱく質と結合し役割分担され、悪玉(LDL)コレステロール、善玉(HDL)コレステロールとなります。

“悪玉”と呼ばれる理由

もとは同じ物質であったものが、なぜ「悪玉」「善玉」と呼び分けられているのでしょうか。まず、血液に乗って体内を輸送される際に結合する、リポタンパク質の種類によってコレステロールが種類分けされます。

それぞれ、LDLという種類のリポタンパク質と結合したものがLDLコレステロールとなり、HDLという種類のリポタンパク質と結合したものがHDLコレステロールとなります。

LDLコレステロールはコレステロールの含まれる量が多く、高脂血症を引き起こす要因となりうるため「悪玉」コレステロールと呼ばれているのです。一方のHDLコレステロールは摂りすぎたコレステロールを回収し、動脈硬化を抑える働きを持つため「善玉」コレステロールと呼ばれています。

悪玉コレステロールの仕事

善玉(HDL)コレステロールが体内の余分なコレステロールを回収しながら循環し肝臓へ運ぶのに対し、悪玉(LDL)コレステロールは肝臓から体の末端までコレステロールを運んで回ります。その働きにより細胞膜を強化させたりホルモンの素材となったりするのです。

基準値を保つために

悪玉コレステロールも重要な役割を担う一方、量が増えすぎてしまうと循環しながら血管に蓄積され、動脈硬化を引き起こす恐れがあります。しかし、少なすぎても細胞膜が弱ってしまい、がんのリスクが上がるともいわれています。

LDLコレステロールの基準値は、血液100ccの内、70mg以上140mg未満とされています。数値が高い場合は有酸素運動が効果的です。脂質の多い食事を控え運動を習慣づけましょう。

数値が低い場合はバランス良く、栄養価の高い食事を心がけましょう。基準値を保つには中性脂肪を増やさないことも大切なポイントです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る